DAZN News

【移籍情報】バルセロナFWアントワーヌ・グリーズマン、古巣復帰以外の移籍に興味なし? | ラ・リーガ

読了時間 1分
20200225_Laliga_Barcelona_griezmann (C)Getty images

バルセロナに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは移籍を急いでいないようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

バルセロナは、新型コロナウイルスの影響もあり、財政難に陥っていることが伝えられている。ラ・リーガの定めるサラリーキャップを超過しているために人員整理の必要が生まれ、グリーズマンが放出候補の1人と見なされてきた。

具体的には古巣アトレティコ・マドリード行きの可能性が報じられ、サウール・ニゲスとトレードするのではないかとも噂されていた。しかし、交渉はストップしているとのことだ。

そういった状況ではあるが、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は引き続きグリーズマンの完全移籍での放出を模索していくとのこと。2021-22シーズン前の移籍期間が終了するまで、焦る様子はないようだ。

一方で、グリーズマンはバルセロナでのプレーに専念しているという。アトレティコ復帰であれば前向きに捉えるが、それ以外のクラブへの移籍に向けた動きは見せていないようだ。

関連記事

最新ニュース