DAZN News

「会長は選手獲得よりも私をイライラさせようと…」クーマンが古巣バルセロナへ再び苦言|ラ・リーガ

読了時間 2分
20220408-LaLiga-Barcelona-Ronald-Koeman (C)Getty Images

元バルセロナのロナルド・クーマン監督は、再び古巣へ苦言を呈した。

バイエルンに歴史的な大敗を喫して無冠に終わった2019-20シーズンの後、古巣バルセロナの指揮官に就任したクーマン監督。1年目からコパ・デル・レイ制覇にチームを導いたが、2年目となった昨シーズンはリオネル・メッシの退団などの影響もあり、序盤から低迷して昨年10月末にクラブから去って行った。

この解任劇以降、クーマン監督はバルセロナのサポートの少なさを批判し、反対にジョアン・ラポルタ会長も元指揮官の発言に反論するなど、非難の応酬が起きていた。

そんな中、クーマン監督はオランダ『AD』に対して、昨夏にリヴァプールから退団し、オランダ代表時代に指導していたジョルジニオ・ワイナルドゥムの獲得に動いていたことを明かす。その中で、クラブ首脳陣の当時の態度への不満をあらわにした。

「私はワイナルドゥムを獲得したかった。しかし、会長は選手の獲得よりも、私をイライラさせたがっていたから、実現しなかった。手続きが遅れ、これが理由で彼はPSGを選んだ。そうなっていなければ、彼はバルセロナでプレーしていただろう」

関連記事

●  クーマンがチャビ・バルサについて見解「私の頃はレアルと勝ち点8差だったが現在は約2倍。監督交代は状況改善を保証しない」 | ラ・リーガ

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース