DAZN News

レアル・マドリード退団のギャレス・ベイル、新天地はアメリカのロサンゼルスFCに | ラ・リーガ

読了時間 2分
20220325-bale-wales (C)Getty Images

レアル・マドリード退団のギャレス・ベイルは、アメリカに向かうようだ。イギリス『BBC』が報じた。

2013年夏にトッテナムからレアル・マドリードに完全移籍加入し、ラ・リーガを3度、UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)を5度制したベイル。大舞台ではとりわけ力を発揮してクラブの歴史に名を刻んだ一方、繰り返した負傷や言動により批判を浴びることも多かった。

そして、2022年夏の契約満了に伴って退団が決定。レアル・マドリードでは最終的に構想を外れることとなっていたが、ウェールズ代表においては好パフォーマンスを発揮しており、その去就には注目が集まっている。

新天地候補には、トッテナムやサウサンプトン、カーディフ・シティなどが浮上。特に地元でもあるカーディフとは代理人が話し合ったことが明かされており、その実現性が見守られていた。

しかし、今回の報道によればベイルはMLSのロサンゼルスFCへの加入で合意したとのこと。代理人もその動きを認めたとされているほか、当人も自身のTwitter上でロサンゼルスに向かう旨を発信しており、発表も間近と見られている。

関連記事

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース