DAZN News

シメオネがヘタフェ戦2発のモラタを称賛「出戻った彼は誰に求められたわけでもなく、ポジション勝ち取る努力をし始めた。期待させてくれるよ」 | ラ・リーガ

読了時間 3分
morata-atletico-liga-20220816 Getty Images

アトレティコ・デ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督が、FWアルバロ・モラタがこのまま自クラブにとどまることを願った。

今夏、ユヴェントスへのレンタル期間を終えて、3シーズンぶりにアトレティコ復帰を果たしたモラタ。かつて出場時間に不満があったためにシメオネ監督との関係不和も噂された同選手だったが、プレシーズンに4得点を決める好調ぶりによってラ・リーガ開幕節ヘタフェ戦でスタメンの座をつかむと、同試合では2ゴールを決めてチームの3-0勝利に貢献している。

ただ、まだ移籍市場が開いている状況で、モラタには古巣ユヴェントスなどが獲得に動いているとも報じられる。しかしシメオネ監督はヘタフェ戦終了直後の会見で、モラタが重要な戦力であることを強調している。

「モラタがどうなるか? 私はこのクラブのオーナーではなく監督だ。今日の彼はとても良かった。とても謙虚な姿勢で仕事に取り組んでいたよ。そしてこのクラブの全員が、彼がこれからも私たちと一緒にいることを願っている」

「大きなことを成し遂げるために、誰もが自信を必要としている。彼はとても謙虚な姿勢で、それでいて仕事に取り組む意欲を持ってここにやって来た。誰に求められるわけでもなく、ポジションを勝ち取るために努力をし始めたんだ。そんな彼は私に期待感を生んでいる。前線のポジション争いを見定めるには、鋭い目を持たなくてはいけない」

シメオネ監督はその一方で、ヘタフェ戦で3アシストを記録したFWジョアン・フェリックスについても言及している。

「彼はより成熟し、より強くなった。そのことは昨季終盤の14試合から示していたはずだ。彼は成長し続けているし、それは今回の1〜2ゴール目のパスにも表れていた。キャリア最高の時期を過ごしているよ」

また今季、アトレティコ史上最高の陣容を擁しているとの見解に対しては、こう返した。

「毎年、最高の陣容という見出しをつけられるが、そうであるかはシーズン終了後に分かることだ。目標を達成したときにこそ、良い陣容であったかが明らかになるんだよ」

関連記事

久保建英は「勤勉で素晴らしい選手」レアル・ソシエダ指揮官がデビュー弾に激賞

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース