DAZN News

アタランタに敗戦も…フル出場の吉田麻也に現地で及第点以上の評価「ますます重要な存在」 | セリエA

読了時間 1分
20210301_SerieA_Sampdoria_Yoshida (C)Getty images

イタリアの現地メディアが、アタランタ戦におけるサンプドリアの日本代表DF吉田麻也を高く評価している。

サンプドリアは現地時間2月28日、セリエA第4節でアタランタと対戦。リーグトップ4フィニッシュも狙える強敵との対戦に、チームは0-2で敗れたものの、吉田は3試合連続で先発してフル出場した。

そして、『ユーロスポーツ』イタリア版は吉田をチームトップタイの「6.5」と採点。寸評の中では、正確なプレーぶりが称賛された。

「彼のポジショニングはほぼ常に完璧で、クリアも正確。後半はあわやOGというシーンもあったが、完全に偶発的なものだった」

また、その他にもイタリア紙『レッゴ』も吉田にチームトップタイの「6.5」の点数をつけ、「(クラウディオ)ラニエリのサンプにとってますます重要な存在となっている。彼の準備ができていないことはほとんどなく、守備陣に自信を植え付けた。重大な局面においても決定的であり、常にパフォーマンスが向上している」と称えた。

一方で、サッカー情報サイト『TuttoMercatoWeb』は及第点以下の「5.5」をつけたが、『メディアセット』は「6.5」、『スカイスポーツ』は「6」と、敗戦にもかかわらず多くのメディアで合格点が与えられている。

日程結果・順位表

最新ニュース