DAZN News

モウリーニョのローマ監督就任を喜ぶ“ご意見番”カペッロ「イタリア全体にとって重要」|セリエA

読了時間 2分
2021-0419-premier-league-tottenham-jose_mourinho (C)Getty Images

来季からローマの新指揮官を務めることになったジョゼ・モウリーニョ氏について、“ご意見番”ファビオ・カペッロ氏が語った。

今年4月、就任からわずか17カ月でトッテナムを離れたモウリーニョ氏。当初は「来シーズンの復帰は早すぎるかもしれない」と話していたが、今月4日にパウロ・フォンセカ監督の後任として、来季からローマを率いることが決まった。

11年ぶりのセリエA復帰に様々な議論が浮上する中、かつてローマでスクデット獲得経験もあるカペッロ氏も言及。『スカイスポーツ』に対し、「確実に熱狂をもたらしてくれるし、ファンも多くを期待するだろう」と歓迎しつつ、チームやイタリア全体の魅力を高めてくれると期待を込めた。

「だがローマにとって重要なことは、モウリーニョのことを知った時にイタリアか国外かで悩んでいる選手が、きっとイタリアを選ぶだろうということだ。イタリアサッカー界はその魅力を高めることができる。これは非常に重要だ」

「もちろん適切な選手を選ぶことは必要だ。だが、イタリアに行くか、ドイツに行くか、フランスに行くかで迷った時、多くの選手はイタリアに行きたいと思うだろう。これはチームを強化し、競争力を高めるチャンスがあることを意味する」

さらに「モウリーニョがローマでスクデットを獲得する可能性はあるか?」と問われると、「そうだね、遅かれ早かれ20年に一回はあるだろうな! モウリーニョが実現できるのか見守っていきたい」と語った。

日程結果・順位表

最新ニュース