DAZN News

【注目選手】急成長を遂げるイタリアの大器DF、マッテオ・ロヴァート | エラス・ヴェローナ | セリエA

2021-01-17-lovato (C)Getty Images

パドヴァの下部組織で育ったマッテオ・ロヴァート。その後、ジェノアに引き抜かれたが、レンタルでパドヴァに戻ると、2019年からは再びパドヴァの選手に。サルバトーレ・スッロ監督の下でレギュラーに定着し、2019-20シーズンはセリエCでリーグ戦17試合に出場した。

すると2020年1月にエラス・ヴェローナへとステップアップ。トニー・ダミーコSDに見初められ、移籍金は50万ユーロ(約6274万円)、年俸はたったの8万ユーロ(約992万円)でチームに加わった。2019-20シーズンは8分間の出場にとどまったが、2020-21シーズンはブレイクイヤーに。

中心選手であった、マラシュ・クンブラがローマへ、アミル・ラフマニはナポリに移籍したこともあり、開幕からレギュラーに定着。スタメンとしての地位を確立している。

イタリア代表としては現在、U-21でプレー。2020年11月のアイスランド戦で先発し、デビューを果たした。

プレースタイル

エラス・ヴェローナでは3バックの一角としてプレーしているロヴァート。その中心でプレーし、3バックを巧みにコントロールするクレバーさが魅力だ。また、DFとして求められる対人戦の強さやスピード、ビルドアップなども標準以上のものを備えている。

まだ20歳という若さでもあり、今後の成長が楽しみな選手だ。

動画:プレー集

プロフィール・経歴

マッテオ・ロヴァート/Matteo Lovato

2000年2月14日生まれ 188cm・74kg 利き足:右

シーズン 所属クラブ 出場・得点
2018-19 パドヴァ 0試合・0得点
2019-20 パドヴァ 17試合・0得点
2019-20 エラス・ヴェローナ 1試合・0得点
2020-21 エラス・ヴェローナ 14試合・0得点

※成績は国内リーグ(2021年1月17日現在)

日程結果・順位表

最新ニュース