DAZN News

【移籍情報】ボローニャDF冨安健洋は移籍へ? アタランタがオファー額を増額か | セリエA

読了時間 1分
20200504_SerieA_Bologna_Tomiyasu (C)Getty images


アタランタが、ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋の獲得に接近しているようだ。イタリア『スカイスポーツ』が報じた。

2019年夏にシント=トロイデンVVからボローニャに完全移籍加入し、1年目は右サイドバック、2年目は複数の守備的ポジションで輝きを放った冨安。セリエAでの評価は高まり、移籍市場においても注目株となっている。

2021-22シーズンに向けては、3年連続でUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)出場権を獲得しているアタランタからの関心が報道。ボローニャが主力選手たちの慰留を図っているとされるなか、その動向が見守られている。

『スカイスポーツ』によれば、アタランタはボーナス含め移籍金2000万ユーロ(約26億円)のオファーを提示したという。これまでは移籍金1500万ユーロ(約20億円)+ボーナス300万ユーロ(約3.9億円)の条件を示していたが、ボローニャに拒否されたことで増額に踏み切ったようだ。

冨安の価格を2500万ユーロ(約33億円)に設定するとされるボローニャだが、記事は取引が完了する見込みであることも主張。現時点では交渉が進んだ段階にあることも伝えられた。

ボローニャで力を示し続けている冨安。アタランタに移籍し、欧州最高峰の舞台であるUCLに参戦する決断を下す可能性はあるのだろうか。

日程結果・順位表

最新ニュース