DAZN News

セビージャ指揮官がUELで対戦のマンチェスター・ユナイテッドに敬意「最高の歴史を持つ」

読了時間 1分
20200118_Laliga_sevilla_Lopetegui (C)Getty images

セビージャを率いるフレン・ロペテギ監督が、マンチェスター・ユナイテッドへの敬意を示している。サッカーメディア『Goal』が伝えた。

セビージャは2019-20シーズン、UEFAヨーロッパリーグ(UEL)ベスト4に進出。11日に行われたウォルバーハンプトンとの準々決勝に1-0で競り勝ち、16日にマンチェスター・Uとファイナル進出を争う。

ロペテギ監督は次戦に向けて「彼らは世界最大のクラブだが、そのために準備を進めるつもりだ」と意気込み、以下のように闘志を燃やした。

「私たちは次の試合にフォーカスしている。このスポーツ史上最高の歴史を持つクラブの1つであり、絶好調のチームとの対戦にね。いつものようにベストを尽くす。本当にタフな試合になるだろうけど、勝利できるという自信を持って試合に臨む」

2013-14シーズンから2015-16シーズンにかけてUEL3連覇を達成して通算最多5度の優勝を誇るセビージャ。UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)でも優勝候補として振舞ってきた歴史を持つメガクラブを、撃破することができるのだろうか。

関連記事

最新ニュース