DAZN News

サッカーコスタリカ代表予想スタメン|スペイン戦で見せた二つの顔。日本はグループ突破に前進できるか|カタールW杯2022

読了時間 5分
2022-11-25-Costarica-navas (C)Getty images

サッカー日本代表は、FIFAワールドカップ・カタール2022のグループE・第2戦目でコスタリカ代表と対戦する。

【W杯全試合無料配信】広告なしで観るならABEMAプレミアムの14日間0円体験がおすすめ!

FIFAランク31位、コスタリカとの一戦は、ベスト8を掲げる日本にとってグループ突破に前進するためには勝ち点3が必須だ。

今回は、コスタリカ代表の予想スタメン・布陣、チームスタイルについてまとめている。

コスタリカ代表の予想スタメンは?

GK

ケイラー・ナヴァス(パリ・サンジェルマン)

DF

ケイシェル・フラー(エレディアノ)
オスカル・ドゥアルテ(アルワフダ)
ケンダル・ワストン(サプリサ)
フランシスコ・カルボ(コンヤスポル)
ブライアン・オビエド(レアル・ソルトレーク)

MF

アンソニー・コントレラス(エレディアノ)
セルソ・ボルヘス(アラフエレンセ)
イェルツィン・テヘダ(エレディアノ)
ジェウィソン・ベネット(サンダーランド)

FW

ジョエル・キャンベル(レオン)

コスタリカ代表|チーム情報

日本代表がカタールW杯第2戦目でぶつかるコスタリカ代表は、北中米・カリブ海予選を4位で突破し、ニュージーランド代表との大陸間プレーオフを1-0で制して今大会への出場権を勝ち取っている。

コスタリカは、代表の中で唯一欧州5大リーグのビッククラブでプレーするGKケイラー・ナヴァスという世界最高峰の守護神を中心とした堅守を強みとするチームだ。W杯予選の14試合では複数失点を喫したのはわずか1試合、さらに大陸間プレーオフでも前半立ち上がりの1点を守り切ってウノゼロ勝利と安定した守備を軸に戦ってきた。その粘り強い守備から攻撃に転じた際は、アーセナルに所属していたこともあるジョエル・キャンベルやサンダーランドに所属する18歳のジェウィソン・ベネットらの推進力を軸としたカウンターを武器としている。

しかしスペイン代表とのカタールW杯初戦では、7失点とその守備が崩壊。立ち上がりは[4-4-2]でブロックを作りながら、スペインの素早いボール回しに対し、前線からプレッシャーをかけることもあったが、その守備がうまく機能させずに3失点。その後は[5-4-1]の守備に切り替え、後半からはハイプレス時にボランチのセルソ・ボルヘスがマンツーマン気味でアンカーに対応し、ハーフスペースをとるスペインの選手をストッパーが捕まえる修正を施したが、スペインの波状攻撃を食い止めるはできなかった。

コスタリカにとって日本戦は仕切り直しの一戦になるが、初戦を落としたことで日本戦での勝ち点3は必須と言える後がない状況だ。この状況がゲームプランにどう影響を及ぼすか。

スペイン戦では前線からプレッシャーをかけようとはしていたものの、そこにチーム全体で連動できず、ボールの奪いどころを定められなかったことで苦しい展開を強いられた。これまで培ってきた堅守をもう一度取り戻すために守備バランスを優先した5バックで臨むか、もしくは勝たなければいけない状況を加味した上でスペイン戦同様に4バックで入るか。コスタリカを率いるルイス・フェルナンド・スエレス監督の采配がポイントになる。

日本としては、ハイプレスからカウンターを仕留めることがテーマだったドイツ戦からコスタリカ戦ではボールを握れる展開が増えることが予想される。そこで凌駕したスペインの戦い方を参考にしながら、最適な人選を施せるかが大きなテーマになりそうだ。カタールW杯グループリーグ連勝で決勝トーナメント進出を近づけることができるか。カタールW杯の第2戦目は、日本時間の27日19:00にアフメド・ビン=アリー・スタジアムでキックオフを迎える。

▶【W杯も対象】ドコモスポーツくじでWINNERを購入|日本の3試合も予想可能

日本代表のカタールW杯試合予定

日時 ラウンド 対戦カード 放送・配信予定
11月23日(木)
22:00
GS第1節 ドイツ vs 日本 NHK(テレビ)
ABEMA(ネット)
11月27日(日)
19:00
GS第2節 日本 vs コスタリカ テレビ朝日(テレビ)
ABEMA(ネット)
12月2日(金)
4:00
GS第3節 日本 vs スペイン フジテレビ(テレビ)
ABEMA(ネット)

カタールW杯関連情報

カタールW杯出場国情報・メンバーリスト

最新ニュース