DAZN News

浅野拓磨がスペイン戦前日に決意表明。「ヒーローになれる舞台は整っている」 | 日本代表

読了時間 3分
2022-12-01-Japan-asano (C)Getty images


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

日本はカタールW杯初戦でドイツから金星を挙げたが、第2戦目でコスタリカには0-1で敗戦。その中で迎える第3戦目の相手はスペイン。自力でグループリーグ突破を決めるためには勝利が必要な状況だ。

スペイン戦を前日の練習を終えた浅野拓磨は、「チームとしては確認できた」ことを強調。その上で「個々がどう思っているかはどの試合でも違う意見がある。ただ代表としてチームが提案したことを僕らは全員でやるだけ。それはできたと思う」と万全の準備をアピールした。

伝統的にボールを握ることに長けたチームであるスペインに対しては、「間違いなく相手が(ボールを)持つ時間が長くなる。そこは想定内」とコメント。その上で「ネガティブにならず、耐えて、相手にボールを持たれる時間が長かったとしても、やらせている感覚で良い。そのイメージを共有できれば、フラストレーションが溜まることなく戦える」とスペインと戦う上で大切になる心構えを明かした。

ただドイツ戦も同じような心構えが求められたゲームだった。日本が前半は劣勢を強いられたが、粘り強く最少失点で耐え続け、そして後半にシステム変更や選手交代を機に逆転に成功した。「その成功体験がある分、より自信を持ってプレーできるのは間違いない」とドイツ戦の再現を誓った。

ドイツ戦では値千金の決勝点を決め、W杯を4度制している強豪国との大一番で結果を残した。今回も同じW杯優勝経験のあるスペインとの対戦を前に、こう大きな決意を語る。

「やはり大きい試合になればなるほど、今までの試合を振り返っても気持ちが高まるタイプ。ヒーローになれる舞台が整っている方が自分としては存分にプレーできるというか、全てをぶつけられる性格かなと思う。そういう意味では舞台は整っているのかなと思う」。

ドイツ戦で日本中に歓喜をもたらしたジャガーがスペイン戦で再現する準備は整っている。

W杯関連情報

カタールW杯出場国情報・メンバーリスト

最新ニュース