DAZN News

三笘薫がスペイン戦で晴らしたい悔しさとは。「東京五輪のスペイン戦はもちろん悔しいですが、そのリベンジだとは思っていない」 | 日本代表

読了時間 3分
2022-12-01-Japan-mitoma (C)Getty images


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

日本はカタールW杯初戦でドイツから2-1と逆転勝利を飾ったが、第2戦目でコスタリカには0-1で敗戦。この一戦を振り返った三笘薫は、「チームとしても試合が終わった後にやり切れない気持ちが全員にあった」と言及し、「全てを出し切ってプラン通りに進めたけど負けたなら皆さんも認めてくれるところはあるが、コスタリカ戦のような戦いでは認めてもらえない」と後悔を口にした。

その中で迎える第3戦目は、ドイツ同様にW杯の優勝国でもあるスペインと対戦する。日本が自力でグループリーグ突破を決めるためには勝利が必要な状況だ。そんな大一番を前に三笘は、スペイン戦に向けてこう語っている。

「自分たちの現在地がどこかを測るうえでも絶好の相手。ここで勝てないと上に行けないっていうのは素直に感じてるので、素晴らしい相手と真剣勝負ができるっていうのを楽しみにしつつ、ここで勝つことで日本サッカーのレベルは上がると思う」。

また左サイドでの起用が続く三笘がマッチアップする相手はセサル・アスピリクエタ(チェルシー)やダニエル・カルバハル(レアル・マドリード)といった世界最高峰のサイドバックになる。その二人を「全てのクオリティーが高い選手」と評した上で、「自分の特徴を出せばチャンスはあると思うし、駆け引きや周りと連係しながらコスタリカ戦のような形で何回か仕掛けたい」と意気込みを語る。

東京五輪メンバーの一員だった三笘にとっては、スペインとは東京五輪準決勝以来の再戦となるが、当時はベンチ外という悔しさを味わった。ただ当時を振り返りながらこうスペイン戦への決意を語った。

「スペイン戦はベンチ外でしたけど、その悔しさはもちろんあります。でも自分がこのチームで勝ちたいという気持ちは、その悔しさというよりもコスタリカ戦の悔しさが強い。全てを出し切って大会を終えたいって気持ちが一番強いので、スペイン戦はもちろん悔しいですけど、そのリベンジだとは思っていない」。

ここまでの2試合は日本の切り札としての起用が続いている三笘は、グループリーグ突破を懸けて臨むスペインとの大一番に全てをぶつける覚悟だ。

W杯関連情報

カタールW杯出場国情報・メンバーリスト

最新ニュース