DAZN News

「少しでも長くこのチームでやりたかった」敗戦に落胆のキャプテン・吉田麻也。今後の代表活動は「ゆっくり考えます」 |カタールW杯2022

読了時間 3分
20221206-JAPAN-Maya YOSHIDA (C)GettyImages


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

FIFA ワールドカップ カタール 2022のラウンド16、日本vsクロアチアが現地時間5日行われた。日本は120分の激闘を1-1で終え、PK戦1-3で敗れ、悲願のベスト8進出とはならなかった。

前回大会でベルギー代表に敗れ、ベスト8を目標にキャプテンとしてチームを引っ張ってきた吉田麻也。その目標には届かなかったが「よくがんばったと思いますよ」と震える声で絞り出した。その一方で「悔しいです。明日もみんなで練習したかったし、少しでも長くこのチームでやりたかったんですけど、しょうがないですね」と本音も溢れる。

今大会はドイツ代表、スペイン代表という歴代の優勝チームと同居する過酷なグループステージだった。しかし戦前の予想を見事に跳ね返し、強豪国を抑えてグループ首位でラウンド16に臨んだ。

過去、もっともベスト8に迫ったように思えたが、結果は4度目の挑戦もラウンド16での敗退となった。超えられそうで超えられない高い壁について「また日本サッカー全体で、次の4年間でそこをどうやって超えていけるか考える戦いが始まるんじゃないですかね」と語る。

それでもロシア大会よりも成長した部分はあるという。同点の時間が長かったことについて「4年前は長引いたらきついなという感覚だった。でもいまはそのほうがうちの特徴を出せて、選手が揃っているなというのがあった。チャンスが増えてくると信じて、後ろは我慢に我慢を続けるだけだなと思っていました」と振り返った。

今後の代表活動については「ゆっくり考えます」とコメント。その中で「これからサッカーは変わっていく。間違いなくインテンシティはどんどん高くなっていく」とし、「強いチームは一人で、個で守れる選手が増えているので、そのあたりが求められていく。冨安とか板倉とか伊藤洋輝とかがやっていかないといけなくなってくるんじゃないかなと思います」と後輩たちに思いを託した。

W杯関連情報

カタールW杯出場国情報・メンバーリスト

最新ニュース