DAZN News

ウクライナがスペイン&ポルトガルとの共催で2030年W杯招致へ…決定は2024年 | カタールW杯

読了時間 1分
2021-11-27 fifa world cup Trophy Getty Images

ウクライナが、2030年のワールドカップ(W杯)共同招致に手を挙げるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

スペインとポルトガルが共催で候補地となっている2030年W杯。スペインサッカー連盟(RFEF)とポルトガルサッカー連盟(FPF)が欧州サッカー連盟(UEFA)のスイス本部で記者会見した際、ウクライナもパートナーに加えることが確認されたとのことだ。

なお、スペイン、ポルトガル、ウクライナは、エジプト、ギリシャ、サウジアラビアの共同提案や、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、チリによる南米共同開催案といった、他の候補と競うこととなる。

この計画は、現地時間2日にもイギリス『タイムズ』が報道。2030年大会の開催地は、2024年の国際サッカー連盟(FIFA)総会で決定予定であり、211の加盟協会が投票による決定権を持つ。

W杯は今後、2022年のカタール大会を経て、2026年にアメリカ、カナダ、メキシコで3カ国共同開催となり、現行より16チーム増の48チーム制で開催予定。2030年にもその方針は引き継がれる見込みであり、より大きな規模での開催となる。

関連記事

FIFAワールドカップ・カタール2022|全32ヶ国のユニフォームデザイン一覧

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース