DAZN News

「プレーする可能性を妨げた」 。ミランのゴール取り消しは妥当だったのかを検証| ワールドサッカージャッジリプレイ

読了時間 2分
2021-10-17 Giroud Milan Getty Images

現地でも大きな話題となったシーンだ。

ミランのチャンスシーン。左サイドからDFフォデ・バロ=トゥーレが中にボールを入れて立て続けにシュート。最後はこぼれ球をフリーになったMFフランク・ケシエが蹴り込み、ミランが終了間際に大きな同点弾を奪うことに成功した。しかし、ここでVARが介入。オン・フィールド・レビューを行った結果、ペナルティーエリア内で倒れていたFWオリビエ・ジルーの体がオフサイドラインを超えていたことから、ボールには触れていなかったもののオフサイドの判定でゴールが取り消しとなった。

なかなか珍しい事象ではあるが、今回のジャッジは妥当だったのか。玉田氏は率直に「正直、厳しいと思いました。関与していないんじゃないかなと思います」と見解を述べた。

一方、原氏は「オフサイド」と強調。「ジルーが倒れていて、結果的にカニバサミのようにDFをブロックするような形になってしまっている。DFがクリアしようとしたときに、ジルーが少しでも足を抜いて関係ないよとすれば良かったけど、抱え込むようになってしまったのでDFに影響を与えていると言われても仕方がない状況になっている」と説明した。

二人の意見に対し、元国際副審でもある廣嶋氏は「原さんの言われた通りです」と主張。改めて今回の事象を解説した。

「この場合は相手競技者がボールをプレーする、またはプレーする可能性を妨げたに入るので、オフサイドポジションの選手がいなければもっと違うプレーができたと判断すれば、オフサイドになると思います」

この解説を聞き、玉田氏は「納得はできないですけど、VARがある以上、こういう結果になってしまうのは仕方がないんじゃないですかね」とVARの難しさを口にした。

最後に廣嶋氏は「オフサイドで仕方ない。身体的な接触があるので、それであればそういう判断をせざるを得ないと思いました」と語り、レフェリーの判定を尊重している。

海外サッカーを題材に新たな発見を提供してくれる『ワールドサッカージャッジリプレイ』に今後も注目だ。

関連記事

首位インテルがドロー、2位ミランは敗戦。勝利のユーヴェが差を詰める…セリエA第22節 結果まとめ

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース