DAZN News

東京五輪以来の代表招集となった髙田真希「最終的な目標はパリ五輪での金メダル」|FIBA女子バスケットボールW杯 2022予選

読了時間 3分
20220125_basket_TAKADA (C)JBA

▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

女子バスケットボール日本代表候補の髙田真希(デンソーアイリス)が、恩塚亨ヘッドコーチ新体制下での招集について思いを口にした。

東京オリンピックで銀メダルを獲得した女子バスケットボール日本代表。キャプテンとしてチームを牽引した髙田だったが、若手主体で臨んだアジアカップでは招集外となり、大会史上初の5連覇を達成した新チームを外から見守った。

W杯出場権をかけた今回の予選では、東京五輪の銀メダルメンバーとアジア杯優勝メンバーが融合。髙田も恩塚HC新体制で初招集を受けた。

そんな髙田は恩塚HCのバスケットについて「オフェンスもディフェンスも原則があるなかで、臨機応変に対応しているイメージ。原則があってもフリーで動いていて、個々のスキルが求められる部分がたくさんある。若い選手がすごいスキルを持っているし、解決できる能力がある」と分析する。

年齢ではベテラン選手となった髙田だが、新体制では初招集の立場。アジア杯を制したメンバーたちに積極的に話を聞いているようだ。

「覚えることや考え方などはやっている選手たちの方が理解力は高い。恩塚ヘッドのもとで初めて招集されているので、聞いた方が早い部分はある。落とし込みながら体に染み込ませている段階」

一方で東京五輪でキャプテンを務めた髙田には、チームのまとめ役としての役割もある。林咲希キャプテンを支える縁の下の力持ちとして意気込みを語った。

「年齢は上ですし、色々と経験してきて、気づいたことは積極的にチームへと還元したい。チームには歳上の選手もいて、林選手がキャプテンをやる上で不安に思う部分が多少あると思う。そこのコミュニケーションを増やし、チームを盛り上げていけるようにサポートしていきたい」

さらに「最終的な目標はパリ五輪での金メダル」と語る髙田は、今回の予選は「国際試合の回数が少ないなかで、いろいろな選手が世界の競合と対戦できるチャンス。そのなかで自分たちの強さや課題が見つかるはず」と、日本の現在地を知るチャンスと捉えているようだ。

なお、女子バスケットボール日本代表は2月10日にカナダ、12日にベラルーシ、13日にボスニア・ヘルツェゴビナと対戦する。

関連記事

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース