DAZN News

銀メダル獲得の東京五輪から一新、新生日本代表が5連覇に挑む | FIBA女子アジアカップ2021 | バスケットボール女子日本代表

読了時間 4分
2021-09-26-FIBA W Asia cup (C)Getty Images

▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

東京オリンピックでは日本のバスケットボール競技として初のメダル獲得を果たした5人制の女子日本代表は、休む間もなく9月27日に開幕するアジアカップに参加し、大会5連覇に挑む。

決勝でアメリカに敗れたものの銀メダルを獲得。それから1カ月半が経過したのみだが、チームには大きな変化があった。まずはトム・ホーバスがヘッドコーチを退任して男子日本代表の指揮を執ることに。代わって長くアシスタントコーチを務めた恩塚亨がアジアカップより女子日本代表のヘッドコーチを務める。そしてチームも大幅に入れ替わった。

東京オリンピックのチームでは26歳だった平均年齢が23歳へと一気に下がった。それでもキャプテンを務める林咲希を始め、赤穂ひまわり、宮崎早織、オコエ桃仁花、東藤なな子とオリンピックを経験した選手がこれまで以上の責任を背負って大会に臨む。

2021-09-14-JBA-Japan-HAYASHI

また馬瓜ステファニーと山本麻衣、西岡里紗は3x3でオリンピックに出場し、今回は5人制へと種目を変えて日本代表としてプレーする。オリンピックを経験していない選手も、代表合宿に参加していた選手ばかりで、新体制ではあってもオリンピックチームからの継続路線となる。

2年に一度開催されるアジアカップで、日本は2013年から大会4連覇中。中国や韓国の強豪に加えて、2017年からはオーストラリアも参戦してレベルが上がった。しかも日本代表は選手のケガや引退でメンバーをなかなか固定できず、大会ごとに主力選手を入れ替えながら戦っているのだが、常に若い選手が台頭し、そしてチームバスケットをブラッシュアップして勝ち続けてきた。

リオ五輪まで指揮を執った内海知秀の下では、吉田亜沙美を中心としたトランジションバスケを突き詰めた。リオ五輪ではアシスタントコーチだったトム・ホーバスがヘッドコーチに昇格すると、NBAを席巻していたスモールバスケットを導入。守りから攻めへの切り替えだけでなく、どのポジションの選手も3ポイントシュートを打つスタイルで2017年、2019年のアジアカップを制し、東京オリンピックで躍進したチームの礎を築いた。

進化したスタイルで5連覇を目指す

4年前のホーバスがそうだったように、今回アシスタントコーチからヘッドコーチに昇格した恩塚亨は、トランジションと3ポイントシュートというスタイルをベースとしながらも、新たな進化として「世界一のアジリティを追求したい」と説く。クイックネスと運動量で相手を振り回すスピーディなバスケはもちろん、状況判断の精度とスピードを求めていくと言う。チーム戦術で縛るのではなく、選手個々のインスピレーションを尊重し、なおかつ自分勝手なプレーにならないようコート上の5人が一人の自由な判断に対応して動くバスケを目指す。

髙田真希、町田瑠唯、宮澤夕貴、長岡萌映子など、リオ五輪を経験した選手が今回は招集されていない。毎年ハードスケジュールが続く中で、オリンピックの功労者である彼女たちに心身ともにリフレッシュするための休暇を与える判断は正しい。ただ、それ以上に今回の若い日本代表選手たちが、今までのベースの上に新しい何かを築いてくれることを期待したい。

2021-08-08-Tokyo2020-Japan Women Basketball

目標は5連覇以外にないが、過去4回で楽に勝てた大会はない。今回もアジアの強豪を相手に、若いチームは苦戦を強いられるだろう。それでも、東京オリンピックを大いに盛り上げた女子日本代表のバスケに新たな何かが生まれる瞬間を見逃す手はない。

関連記事

主な試合日程

FIBA女子アジアカップは DAZNで配信予定。

グループステージ

  • 9月27日(月)16:00 日本 vs インド
  • 9月28日(火)16:00 ニュージーランド vs 日本
  • 9月29日(水)16:00 日本 vs 韓国

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース