DAZN News

【動画】課題の第1クォーターでリードするも…開催国・オーストラリアに敗れて4連敗で敗退|女子バスケットボール日本代表

読了時間 3分
20220927-basket-woman (C)FIBA

▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

女子バスケットボール日本代表は27日、FIBA女子バスケットボールワールドカップ(W杯)・グループB第5節でオーストラリア代表と対戦し、54-71で敗れた。

1勝3敗ですでに敗退が決まっている日本(FIBAランキング8位)が、開催国のオーストラリア(同3位)との最終戦に臨んだ。日本は髙田真希、赤穂ひまわり、東藤なな子、宮崎早織、渡嘉敷来夢の5人がスタメン起用された。

試合開始から日本は宮崎からのパスを受けた渡嘉敷が決めるなど、ENEOSホットラインで先にスコアを動かす。さらにオコエ桃仁花の3ポイントシュートも決まり、馬瓜ステファニーも4点プレーを見せるなどいいリズムで試合を進め、18-16で終えた。

続く第2クォーターは、拮抗した展開となる。髙田の3ポイントなどでオーストラリアを引き離す場面もあったが、徐々にミスが目立ち始め34-36と逆転されて試合を折り返した。

第3クォーターは立ち上がりからオーストラリアに連続得点を許す。赤穂のバックドアなどで日本も粘りを見せるが43-56と一気に突き放された。最終クォーターもなかなかスコアを動かすことができず。山本麻衣のディープスリーが決まるも、54-71で敗れた。

最終戦のチーム最多得点者はオコエで14得点、続いて安間が9得点、ステファニーが8得点を記録している。

試合ハイライト

関連記事

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース