DAZN News

テレンス・クロフォード、エロール・スペンス、コナー・ベン・・・ 19戦19KO勝利 ヴァージル・オルティスJrの次戦に最適な相手は? | ボクシング

読了時間 3分
Vergil-Ortiz-Jr-081421-GETTY Getty Images

▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

日本時間8月7日、テキサス州フォートワースで行われたイベントで、ヴァージル・オルティスJrはマイケル・マッキンソンをレフェリーストップで下し、驚異の全試合KO勝利記録をまたひとつ伸ばした。この勝利によって147ポンド(ウェルター級)の有名どころとの対戦が近づいたように見えるが、この並外れた才能を持つファイターと相対するのは誰だろうか?DAZNは最適な対戦相手をピックアップした。

テレンス・クロフォード

Arum&Crawford_2011 

ネブラスカ生まれのクロフォードは、オルティス-マッキンソン戦を観戦していた。だが、彼はオルティスと次に戦うことになるのだろうか?クロフォードはエロール・スペンスJrとの対戦交渉を現在進めている。もしこの交渉が決裂すれば、オルティスが次戦の対戦相手として間違いなく最有力だろう。

オルティスはクロフォードに経験で大きく水をあけられているが、自身の実力を諮るのは今しかない。クロフォード以上に難しい対戦相手もいないだろう。

エロール・スペンスJr

Errol-Spence-Jr-041422-AmandaWestcottShowtime-FTR 

スペンスvsオルティスはテキサス州出身ファイター同士の対戦として素晴らしいカードだが、それ以上に全世界のファンの乾きを癒やすファイトが見られるだろう。スペンスにとって最優先はクロフォードとの統一戦のようだが、この試合の実現までやきもきし続けなくてはならないことはすでに分かっている。オルティスは世界タイトルマッチにふさわしい実力を持っており、スペンスが一度チャンスを与えれば素晴らしい試合を見ることができるだろう。

ジャロン・エニス

オルティスがウェルター級の新星として高い評価を受けているならば、ジャロン・エニスも同じくらいの評価を受けていい選手だろう。フィラデルフィア出身のエニスは静かに目の前の試合をこなし、ビッグファイトに迫っている。世界タイトルマッチを行うことができないのであれば、オルティスとの決戦を早いうちに行うことは素晴らしい決断になるはずだ。

コナー・ベン

ConorBenn_16042022 

オルティスとエニスがアメリカで今最も輝きを放つウェルター級ファイターである一方で、コナー・ベンは大西洋の反対側で大きなインパクトを残しているファイターだ。英国のスターは現在快進撃を謳歌しており、ベテランファイターを何人か倒している。オルティスはベンにとって大きなステップアップとなるが、タイトルマッチを辛抱強く待っている両者にビッグファイトを約束する対戦となるだろう。

キース・サーマン

キース・サーマンは、フロイド・メイウェザーとマニー・パッキャオの時代を継ぎウェルター級の未来を担うと思われた。その台頭は印象的だった。2019年7月にパッキャオに破れたが、この試合は再起を図るための土台となるはずだった。だが、サーマンは復帰までに3年近くを要することになった。それでも、フロリダ出身のサーマンは自身がまだ最高峰のレベルで戦えると考えており、オルティスに勝利すればそれが正しいことを証明できるだろう。

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース