エラーコード %{errorCode}

F1

【2023】オレンジ色に染まるザントフォールト、今季はサマーブレイク明けの初戦に実施…第14戦オランダGP |開催日程・放送予定 

DAZN NEWS
【2023】オレンジ色に染まるザントフォールト、今季はサマーブレイク明けの初戦に実施…第14戦オランダGP |開催日程・放送予定 DAZN
2023シーズンF1(フォーミュラ1世界選手権グランプリ)第14戦オランダGPのプレビュー・開催日程・放送予定をお届け!スタンドがオレンジ色に染まるザントフォールトの戦いを楽しもう!
▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2023シーズンのF1は当初24戦で行われる見通しだったが、新型コロナウイルスの影響で中国GPが開催見送りとなり、全23戦で実施すると発表された。第6戦エミリア・ロマーニャGPを控えた5月17日、現地イモラが洪水で被災したことから、中止とアナウンスされた。代替開催は見通しが立っておらず、直近2シーズンと同様に3年連続での年間22レースが開催される見通しとなっている。

F1第14戦オランダGP 概要

3週間のサマーブレイクを経てF1が帰ってくる。すでに折り返し地点を越えて、残すところはあと10戦。今週末にはシーズン第14戦オランダGPが開催される。

今季はここまでレッドブルが全勝と、圧倒的な強さでグランプリを支配しているため、中断明けと言えどレッドブルの優位は変わらないだろう。

マイアミGP以降8連勝中のフェルスタッペンは、母国であるオランダでのグランプリではより注目を浴びるはずだ。自身の3連覇がかかる母国グランプリを制し、前半戦の良い流れを維持したまま、さらに勢いに乗りたいところだろう。

現在2番手を争っている各チームは、レッドブルを止めることができないまま前半戦を終えることになった。序盤絶好調だったアストンマーティンと復調の兆しが見えるメルセデス、打倒レッドブル最右翼と見られながら中々調子の上がらないフェラーリに、マシンのアップデートで大きな飛躍を遂げたマクラーレンが加わり、レッドブル包囲網を形成している。

ただ、どのチームもレッドブルの牙城を崩すには至らない印象で、中断明けのアップデートやリフレッシュしたドライバーたちのパフォーマンスが鍵を握るだろう。裏を返せばこれらのチームの実力は拮抗しているため、2番手争いは今後より熾烈なものになっていくと見られる。

今シーズンはサマーブレイク明け初戦としての役割を担うオランダGP。F1として初めて開催された1952年から、オランダGPは全てザントフォールト・サーキットがその舞台となってきた。北海沿岸の砂丘の中にあるこのサーキットは、モータースポーツの聖地シルバーストンと同じ1948年に完成したオールドサーキットだ。

年月とともに改修を経て現在の形となっているが、古き良き雰囲気を残している一方で、35年ぶりにF1復帰を果たした際には大改修が行われた。主に最終コーナー はバンク角が18°まで高められ、オーバーテイクのチャンス増加に貢献している。近年のF1サーキットでは最大クラスのバンク角18°のコーナーを、F1マシンが駆け抜ける様は圧巻だ。より高速で高難度になったオランダGPでは、ドライバーは技術とともに勇気も試される。このサーキットでオーバーテイクは決して容易ではないが、見る者を惹きつけるエキサイティングなレースになるはずだ。

歴史あるオランダGPは1985年を最後に開催されず、F1カレンダー復活を果たしたのは2021年。そこからはフェルスタッペンが連覇を果たし、母国グランプリでの覇権を独占している。3年目の今年は一体誰の手に栄光が渡るのだろうか。

レース開催日程・DAZN配信予定

第14戦:オランダGP

配信予定配信内容実況・解説
8月25日(金)19:30
 
フリー走行
1回目
解説:柴田久仁夫 実況:笹川裕昭 
8月25日(金)23:00
 
フリー走行
2回目

解説:小倉茂徳 田中健一

8月26日(土)18:30

フリー走行
3回目

コメンテーター:浅木泰昭 解説:田中健一

8月26日(土)22:00予選解説:中野信治 田中健一

8月27日(日)22:00

配信開始21:10~

決勝解説:中野信治 実況:サッシャ

コースの成り立ち

オランダの首都アムステルダムから西に約30㎞、美しい砂浜の広がる海沿いの街・ザントフォールトにサーキットが建設されたのは1948年。ヨーロッパのモータースポーツ人気拡大の波に乗り、2輪と4輪のレースが行えるコースが設計され、現在に至るまでオランダGPが行われた唯一のサーキットである。

1952年から正式にオランダGP の開催地として、F1世界選手権のカレンダーに名を連ねたものの、騒音問題や周辺住民からの反対運動といった課題に直面したことで、1985年を最後に開催が見送られていた。

その後、コースレイアウトを大幅に変更するなど、環境面や安全面のための改修を実施。またオランダ人ドライバーであるマックス・フェルスタッペンの人気台頭も引き金となり、35年の時を経て、2020年に再びF1がオランダの地に戻るはずだった。その2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、5月に予定されていたオランダGPは残念ながら延期ののち中止に。

そして2021年、感染対策を施しつつ全収容人数の67%を上限とする形で、36年ぶりのオランダGP復活となった。2021年、2022年に続き、2023年は3年連続のオランダGP開催となる。

サーキット(ザント・フォールト)

2021-08-25 Dutch Netherlands Circuit F1 Formula 1Getty Images|DAZN

オランダGPの舞台として2021年、36年ぶりにF1復活となったザントフォールト・サーキットは、1周4.259kmと比較的短いコース。決勝は72周で行われる。

全体的にコース幅が狭く、コーナーが連続するレイアウトのため「オーバーテイクが難しい」という声も多い。

コースに目を移すと、特徴的なのは18度のバンク角がついたターン3とターン14。特にターン13の立ち上がりからホームストレートに向けて全開で駆け抜ける姿は、コース幅が狭いことも相まって、迫力満点のオンボード映像が見られることだろう。

さらに「ターザンコーナー」と呼ばれるターン1は、コース外にランオフエリアがなくグラベルが広がるため、ブレーキング勝負でのミスが許されないコーナーになっている。

ターン10からターン11、そしてターン13~ホームストレートに至る2箇所のDRS区間をどう活用するのか、その駆け引きに要注目だ。

2022年オランダGP結果

2022-09-04 Verstappen Red Bull F1 Formula 1Getty Images

現地ザントフォールトはドライコンディションで決勝レース時間を迎えた。各ドライバーは第1スティントに多くがソフトをチョイス。メルセデス2台、ランド・ノリス、ミック・シューマッハらがミディアムを選択している。9番グリッドスタートの角田裕毅はユーズドのソフトを選んだ。

ブラックアウト後に上位勢で順位の入れ替わりはなく、マックス・フェルスタッペン、チャールズ・ルクレール、カルロス・サインツ、ルイス・ハミルトン、セルジオ・ペレスの順番でオープニングラップを終えた。角田はエステバン・オコンとランス・ストロールに抜かれ、11番手に順位を落としている。

2周目のターン3でケビン・マグヌッセンがコースアウトし、最後尾に順位を落とした。レースはフェルスタッペンが2番手ルクレールとのタイム差を1秒以内に寄せ付けない位置で走行。

10/72周を超えたあたりから、ソフトタイヤのデグラデーションが大きく、各ドライバーは続々最初のタイヤ交換に入っていく。角田も14周目にソフトからミディアムにつないだ。

サインツとペレスは同じタイミングでピットに入るも、サインツは左リアのタイヤをピットクルーが出していないという状況に。さらにフェラーリはタイヤガンをレーン近くに置いたままで、タイヤ交換を済ませたペレスがその上を乗り上げて通過するという連携ミスも。

ほとんどのドライバーがタイヤを交換した一方、第1スティントにミディアムを選んだメルセデスの2台のみがロングラン。30/72周目にルイス・ハミルトンがミディアムからハードにつなぎ、僚友ジョージ・ラッセルも32周目にハードへと変える。これでメルセデス勢は2台そろってこの時点の1ストップ想定となった。

角田は11番手を走行し、タイヤ交換直後は12番手ピエール・ガスリーから追われる状況だった。だがその後のレースペースは角田のほうが好調で、角田が徐々にガスリーを離している展開となる。

メルセデス勢はハードタイヤに変更後、ミディアムよりもハードのほうがレースペースが速く、ファステストラップを連発しながら周回を重ねる。メルセデスは最後まで走り切る前提であるため、タイヤ交換を控えているフェルスタッペンは、約18秒後方のハミルトンを意識しながら周回する流れになった。

43/72周目、角田はハードの第3スティントにつないだ。第2スティントのミディアムを引っ張ったことから、僚友ガスリーの後ろでコース復帰となっている。その直後、角田はターン5付近でコースオフしてタイヤの異変を主張。その後スロー走行で一度ピットに戻り、ソフトタイヤに履き替えてシートベルトを着け直す。30秒以上のピットストップを経て今一度トラックに出るも、リアのデフ(ディファレンシャルギア)が壊れていると無線で連絡し、コース脇にマシンをストップさせた。

これでレースはバーチャルセーフティーカーとなり、タイヤ未交換組はこぞってピットインを行う。フェルスタッペンがミディアムからハードの第3スティントに入った一方で、メルセデス勢は1ストップ作戦を辞め、ハードからミディアムの第3スティントに切り替えた。

グリーンフラッグとなった50/72周目時点で上位勢はすべて2度のタイヤ交換を終え、トップはフェルスタッペン。2番手は16秒後方にハミルトン、その6秒後ろに3番手ラッセル、8秒差で4番手ペレスという順番になった。角田の誘発したバーチャルセーフティーカーにより、結果的にフェルスタッペンはこの時点で大きく得する形に。

55/72周目、バルテリ・ボッタスがホームストレートエンドでマシンをストップさせ、これでセクター1&3はイエローフラッグに。そしてここからセーフティーカー導入となった。

ここでフェルスタッペンは急遽ソフトタイヤにチェンジ。ピットアウト後はハミルトン&ラッセルに抜かれ、3番手でコース復帰となった。ルクレール、ペレスもタイヤチェンジ。するとフェルスタッペンの前に出たラッセルも、チームにソフトタイヤ変更を希望し、ソフトの最終スティントに切り替えた。

一方でハミルトンはミディアムのままで走行。これでトップはミディアムのハミルトン、2番手にソフトのフェルスタッペン、3番手ソフトのラッセル、4番手ソフトのルクレールという並びになり、それぞれが最後まで走り切る展開となった。メルセデスは対フェルスタッペンを意識し、ハミルトンとラッセルのどちらかに同シーズン初優勝をさせるため、積極策へと出る形に。

ラップダウンのマシンはセーフティーカーの追い抜きが許され、これで上位勢のタイム差はほぼなくなる。61/72周目でセーフティーカーエンドとなり、ローリングスタートでレース再開となった。すると最初のターン1で2番手フェルスタッペンは抜群の加速を見せてハミルトンを抜き、トップに躍り出た。

フェルスタッペンはここからファステストラップを連発し、2番手ハミルトンを突き放しにかかった。64周目のホームストレートで、ラッセルはハミルトンをパスして2位浮上。メルセデスとしてはタイヤのコンパウンドが1段階柔らかいラッセルを先に行かせる形となっている。

3番手走行のハミルトンはライバルに比べてペースが伸び悩み、67周目にはルクレールに抜かれて順位を4番手に落とした。

トップのフェルスタッペンは2番手ラッセルを寄せ付けず、3~4秒の間隔をキープ。そのままフィニッシュチェッカーを受け、2022年の10勝目をマークした。フェルスタッペンは2021年にマークした年間勝利数に並んだことになる。

あわやF1初優勝も感じさせたラッセルは2位。そして3位ルクレールまでが表彰台に上がった。4位ハミルトンとなり、サインツは5番手でフィニッシュを果たすも、ピットでのアンセーフリリースで5秒加算となり、8位まで順位を落とした。

5位ペレス、6位フェルナンド・アロンソ、7位ランド・ノリス、8位サインツ、9位エステバン・オコン、10位ランス・ストロールまでが入賞となっている。

2022年第15戦オランダGP決勝結果

1/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
2/ジョージ・ラッセル/メルセデス
3/チャールズ・ルクレール/フェラーリ
4/ルイス・ハミルトン/メルセデス
5/セルジオ・ペレス/レッドブル
6/フェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
7/ランド・ノリス/マクラーレン
8/カルロス・サインツ/フェラーリ
9/エステバン・オコン/アルピーヌ
10/ランス・ストロール/アストンマーティン
11/ピエール・ガスリー/アルファタウリ
12/アレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ
13/ミック・シューマッハ/ハース
14/セバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
15/ケビン・マグヌッセン/ハース
16/チョウ・グァンユ/アルファロメオ
17/ダニエル・リカルド/マクラーレン
18/ニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
-/バルテリ・ボッタス/アルファロメオ
-/角田裕毅/アルファタウリ

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

チーム・ドライバー

日程・番組表

 レースフリー走行・予選決勝
第1戦バーレーンGP 3月3日(金) ~4日(土)3月5日(日)
第2戦サウジアラビアGP 3月17日(金) ~18日(土)3月19日(日)
第3戦オーストラリアGP 3月31日(金) ~ 4月1日(土)4月2日(日)
第4戦アゼルバイジャンGP 4月28日(金) ~ 29日(土)4月30日(日)
第5戦マイアミGP 5月5日(金) ~ 6日(土)5月7日(日)
第6戦エミリア・ロマーニャGP 5月19日(金) ~ 20日(土)5月21日(日)
第7戦モナコGP 5月26日(金) ~ 27日(土)5月28日(日)
第8戦スペインGP 6月2日(金) ~ 3日(土)6月4日(日)
第9戦カナダGP 6月16日(金) ~ 17日(土)6月18日(日)
第10戦オーストリアGP 6月30日(金) ~ 7月1日(土)7月2日(日)
第11戦イギリスGP 7月7日(金) ~ 8日(土)7月9日(日)
第12戦ハンガリーGP 7月21日(金) ~ 22日(土)7月23日(日)
第13戦ベルギーGP 7月28日(金) ~ 29日(土)7月30日(日)
第14戦オランダGP 8月25日(金) ~ 26日(土)8月27日(日)
第15戦イタリアGP 9月1日(金) ~ 2日(土)9月3日(日)
第16戦シンガポールGP 9月15日(金) ~ 16日(土)9月17日(日)
第17戦日本GP 9月22日(金) ~ 23日(土)9月24日(日)
第18戦カタールGP 10月6日(金) ~ 7日(土)10月8日(日)
第19戦アメリカGP 10月20日(金) ~ 21日(土)10月22日(日)
第20戦メキシコシティGP 10月27日(金) ~ 28日(土)10月29日(日)
第21戦サンパウロGP 11月3日(金) ~ 4日(土)11月5日(日)
第22戦ラスベガスGP 11月16日(木) ~ 17日(金)11月18日(土)
第23戦アブダビGP 11月24日(金) ~ 25日(土)11月26日(日)