エラーコード %{errorCode}

モータースポーツ

【2024】伝統のトラック、中盤戦お馴染みのシルバーストン決戦。勢力図に変化はあるのか…F1第12戦イギリスGP|開催日程・放送予定

DAZN NEWS
【2024】伝統のトラック、中盤戦お馴染みのシルバーストン決戦。勢力図に変化はあるのか…F1第12戦イギリスGP|開催日程・放送予定DAZN
2024シーズンF1(フォーミュラ1世界選手権グランプリ)第12戦イギリスGPのプレビュー・開催日程・放送予定をお届け!シルバーストンの戦いをDAZNで楽しもう!
▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2023シーズンのF1は当初24戦で行われる見通しだったが、新型コロナウイルスの影響で中国GPが見送りとなり、エミリア・ロマーニャGPは豪雨災害により中止に。これで22戦での開催となった。

そして2024年は全24戦で実施される予定。これは過去最多のグランプリ数となる。

F1第12戦 イギリスGP 概要

近日掲載予定

レース開催日程・DAZN配信予定

日時内容解説・実況
7月5日(金)
 
フリー走行
1回目

 

7月5日(土)
 
フリー走行
2回目
 
7月6日(土)
 
フリー走行
3回目
 
7月6日(土)
 
予選 
7月7日(日)
 
決勝 

サーキット(シルバーストン)

2022-06-28 Silverstone Circuit Formula 1 F1 BritishDAZN|Getty Images

イギリスGPの舞台シルバーストンはF1最初のグランプリ、1950年の第1戦が行われた歴史あるサーキットとして知られる。

かつてはロングストレートの多い高速レースで知られたイギリスGPだったが、大改修を経てテクニカルなコーナーも複数設けられ、近年は様々な要素が盛り込まれたテクニカルなグランプリとなった。

その中でも最大の見どころはやはりDRSを用いたオーバーテイクポイントで、第1セクターにあるターン5からターン6にかけての直線。そして第3セクターのターン14、ターン15の間にあるロングストレートだ。その他のターンでも仕掛けのタイミングを見極めてチャレンジする場面も散見されるだけに、要所で白熱したバトルが展開されることになるだろう。

2021年にはオープニングラップからバチバチに戦ったルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンがターン9で接触。押し出されたフェルスタッペンはそのままコースアウトでリタイアとなり、ペナルティを消化して走り続けたハミルトンがこのレースを制したというケースもあった。

また、イギリスGPは雨天になるケースも多く、天候や路面状況の変化を見越した戦略が求められる展開も十分に考えられる。

2024年2月には10年の契約延長に至り、2034年までイギリスGPの舞台として引き続きレースが実施されることになった。

2022年 イギリスGP 順位・結果

2022-07-03 Sainz Ferrari F1 Formula 1Getty Images

現地シルバーストンは曇り空ながら、ドライコンディションで決勝時間を迎えた。カルロス・サインツ、チャールズ・ルクレール、セルジオ・ペレスなどがミディアムを選んだ一方、上位勢では唯一マックス・フェルスタッペンがソフトをチョイスした。トップ8の中ではジョージ・ラッセルのみがハードを選択している。後方ではアルファタウリ勢2台がミディアムを選んだ。

レースがブラックアウトとなり、スタート直後に2番グリッドから出たフェルスタッペンがソフトの利点を生かして抜群の蹴り出しを見せ、トップを奪ってターン1に飛び込む。すると後ろでは多重クラッシュが発生し、すぐさまレッドフラッグとなった。

ラッセル、チョウ・グァンユ、角田裕毅、エステバン・オコン、アレクサンダー・アルボンの5台がターン1でストップ。角田とオコンはダメージが大きい状態ながらピットまで自走で戻っている。

ピエール・ガスリーの右フロントに接触したラッセルがコントロールを失ってチョウに当たり、チョウはそのままターン1奥のタイヤバリアを超えてフェンスに激突。すぐさまメディカルセンターに緊急搬送されたが、大事には至らないと公表されている。このとき、後方ではアルボンにセバスチャン・ベッテルが追突し、アルボンがスピン。そこにオコンと角田が巻き込まれ、フロントウイングを失った場面が映像公開されている。

50分ほどの中断を経て、レースは予選グリッド順、現地時間15:56にスタンディングスタートで再開となることが公式アナウンスされる。また、赤旗となったためにタイヤ交換が可能となった。

フェルスタッペンは再スタートでソフトからミディアムに変更。アルファタウリ勢はミディアムのセットがないことから、2人ともソフトに変えてのリスタートとなった。

3/52周目からのスタンディングスタートとなり、今度はサインツ、フェルスタッペン、ルクレール、ペレスと予選順のままとなった。後方では9番手リスタートとなったガスリーがP7、11番手から出た角田がP9でホームストレートに戻っている。

4番手のペレスは接触があったこともあり、5周目の終わりに早くもピットインを行う。フロントウイング&ハードタイヤに取り替えてコースに戻った。

トップのサインツが逃げ、フェルスタッペンとルクレールがそれを追う。この3台が4番手以下を突き放す展開となった。7番手のガスリーは上位勢に比べてペースが上がらず、8番手角田、9番手オコンとここから後ろがトレイン状態に。

すると10/52周目、サインツがセクター3区間でコースアウトのミス。これでトップの座をフェルスタッペンに譲り渡してしまう。

11周目に角田とガスリーがターン3で接触し、アルファタウリの2台はそろって順位を落としてしまった。角田にはこの後、5秒のタイムペナルティが課されている。

その直後、12周目にフェルスタッペンのタイヤがパンクしたため、ミディアムからミディアムにつなぐ。アロンソの後ろの6番手でコースに復帰した。だがフェルスタッペンはトラック復帰後もマシンの異変を訴え、ペースが上がらない。

ここからはフェラーリが1-2でレースをけん引する一方、3番手ルイス・ハミルトンがファステストラップを連発しながらフェラーリの2台に近づいていく。20周目の終わりにサインツがピットイン。ミディアムからハードにつないだ。23周目にはペースの上がらないフェルスタッペンがハードの第3スティントに入り、これで最後まで走り切る流れに。

ルクレールが25周目の終わりにピットへと入り、ミディアムからハードへ。これでハミルトンがトップに浮上した。ルクレールはサインツの後ろ、3番手でコースに復帰している。

トップのハミルトンとタイヤ交換済み2番手サインツの差は約18秒。31/52周目のDRS区間で、ペースの良いルクレールがサインツを抜き、2番手に浮上。ルクレールはハミルトンとのタイム差を意識しながらペースを上げていく。

34/52周目にハミルトンがピットに入り、ミディアムからハードにつないだ。ピットアウトはフェラーリ2台の後ろ、約4秒差の3番手でトラックに戻っている。ここからトップのルクレールが逃げ、2番手サインツはペースが上がらず、3番手のハミルトンがサインツとの差を詰めていく。

39/52周目、セクター2区間でオコンがマシンをストップさせたため、イエローフラッグからのセーフティーカーとなる。ここでサインツ、ハミルトンが躊躇なくピットに入り、ソフトタイヤにチェンジした。一方でルクレールはステイアウト。

これでトップはルクレール、以下は新品のタイヤに変更したサインツ、ハミルトン、ペレスの順番で一気に差が詰まった。

43/52周目からレース再開となり、サインツがルクレールを抜いてトップに浮上。ペレスがハミルトンを抜いて、3番手にポジションを上げた。

ここからソフトのサインツはペースを上げ、2番手以下を突き放していく。2番手ルクレールはペースが上がらない中、ペレスの追撃をなんとか防ぐ状況に。だが45周目のセクター3区間でペレスとルクレールがもつれ、その間にハミルトンが2台を抜いて2番手に浮上。

その後ペレスとルクレールに抜き返されハミルトンは4番手に順位を落とし、さらに5番手フェルナンド・アロンソもこの争いに加わる。

この間にサインツが2番手以下を4秒引き離す。ペレスは2番手に順位を上げ、今度はルクレールとハミルトンが激しい3番手争いを展開する。だがルクレールは古いハードタイヤを履いていることもあり、ハミルトンの追撃を防ぎ切ることができず。これでサインツ、ペレス、ハミルトンの順番となった。

結局レースはサインツがそのまま逃げ切り、F1通算150戦目で初優勝を果たした。これはペレスの190戦に次ぐ2番目の遅さでの初優勝となっている。スペイン人としてのF1勝利はフェルナンド・アロンソによる2012年ドイツGP以来、10年ぶりの頂点となった。

2位ペレス、3位ハミルトンまでが表彰台に上がった。4位ルクレール、5位アロンソ、6位ランド・ノリス、7位フェルスタッペン。ミック・シューマッハは8位でキャリア初ポイントを手にした。9位ベッテル、10位ケビン・マグヌッセンまでが入賞となっている。

角田は完走14台中14位でのフィニッシュとなった。

2022年第10戦イギリスGP決勝結果

1/カルロス・サインツ/フェラーリ
2/セルジオ・ペレス/レッドブル
3/ルイス・ハミルトン/メルセデス
4/チャールズ・ルクレール/フェラーリ
5/フェルナンド・アロンソ/アルピーヌ
6/ランド・ノリス/マクラーレン
7/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
8/ミック・シューマッハ/ハース
9/セバスチャン・ベッテル/アストンマーティン
10/ケビン・マグヌッセン/ハース
11/ランス・ストロール/アストンマーティン
12/ニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ
13/ダニエル・リカルド/マクラーレン
14/角田裕毅/アルファタウリ
-/エステバン・オコン/アルピーヌ
-/ピエール・ガスリー/アルファタウリ
-/バルテリ・ボッタス/アルファロメオ
-/ジョージ・ラッセル/メルセデス
-/チョウ・グァンユ/アルファロメオ
-/アレクサンダー・アルボン/ウィリアムズ

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DMM×DAZNホーダイなら月々割引&ポイント還元でお得!

dmm dazn(C)DMM.com

DAZNで配信しているスポーツは、DMMプレミアムとDAZN Standardがセットになった『DMM×DAZNホーダイ』でも視聴することができる。

通常DMMプレミアムとDAZNを別々に契約すると月額4,250円(税込)がかかるところ、『DMM×DAZNホーダイ』なら月々1,270円お得な月額2,980円(税込)で2サービスを楽しむことができる。

なお『DMM×DAZNホーダイ』は2024年3月1日より価格改定を行い、月額500円アップの3,480円(税込)となるが、2024年2月29日までに登録のうえ継続する場合は3月1日以降も旧価格の2,980円(税込)で利用できる 

通常DAZNからの切り替えも可能(一部は不可)なので、まずは公式サイトをチェックしてみてほしい。

?【DMM×DAZNホーダイがお得】今すぐ公式サイトから登録

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

チーム・ドライバー

日程・番組表

 レースフリー走行・予選決勝
第1戦バーレーンGP 2月29日(木) ~3月1日(金)3月2日(土)
第2戦サウジアラビアGP 3月7日(木) ~8日(金)3月9日(土)
第3戦オーストラリアGP 3月22日(金) ~ 3月23日(土)3月24日(日)
第4戦日本GP 4月5日(金) ~ 6日(土)4月7日(日)
第5戦中国GP4月19日(金) ~ 20日(土)4月21日(日)
第6戦マイアミGP 5月3日(金) ~ 4日(土)5月5日(日)
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5月17日(金) ~ 18日(土)5月19日(日)
第8戦モナコGP 5月24日(金) ~ 25日(土)5月26日(日)
第9戦カナダGP 6月7日(金) ~ 8日(土)6月9日(日)
第10戦スペインGP 6月21日(金) ~ 22日(土)6月23日(日)
第11戦オーストリアGP 6月28日(金) ~ 29日(土)6月30日(日)
第12戦イギリスGP 7月5日(金) ~ 6日(土)7月7日(日)
第13戦ハンガリーGP 7月19日(金) ~ 20日(土)7月21日(日)
第14戦ベルギーGP 7月26日(金) ~ 27日(土)7月28日(日)
第15戦オランダGP 8月23日(金) ~ 24日(土)8月25日(日)
第16戦イタリアGP 8月30日(金) ~ 31日(土)9月1日(日)
第17戦アゼルバイジャンGP 9月13日(金) ~ 14日(土)9月15日(日)
第18戦シンガポールGP 9月20日(金) ~ 21日(土)9月22日(日)
第19戦アメリカGP 10月18日(金) ~ 19日(土)10月20日(日)
第20戦メキシコGP 10月25日(金) ~ 26日(土)10月27日(日)
第21戦サンパウロGP 11月1日(金) ~ 2日(土)11月3日(日)
第22戦ラスベガスGP 11月21日(木) ~ 22日(金)11月23日(土)
第23戦カタールGP 11月29日(金) ~ 30日(土)12月1日(日)
第24戦アブダビGP 12月6日(金) ~ 7日(土)12月8日(日)