DAZN News

B.LEAGUE、2019-20シーズン全試合中止を発表。A東京、川崎、琉球が地区優勝

読了時間 3分
B.League ©DAZN

27日、B.LEAGUEは全試合の中止を発表した。新型コロナウイルスの影響により、止む無く実施していた無観客での試合も断念し、中断期間に入っていた矢先のことだった。

苦渋の決断を迫られたBリーグの大河正明チェアマンは「出来る限りの検討を重ね、議論を尽くしましたが、今の情勢を考えるとこの形が最善と考え、決断するに至りました」とコメントを発表している。

Bリーグは 2019-20シーズンのB1第33節以降、B2 第31節以降(第27節代替試合も含む)の全試合を中止に加え、2019-20シーズンのポストシーズン(Bリーグチャンピオンシップ、B2プレーオフ、B1残留プレーオフ、B1・B2入れ替え戦、B2・B3入れ替え戦)も中止すると発表。この中止を踏まえ2019-20シーズンの各地区優勝クラブは東地区がアルバルク東京、中地区が川崎ブレイブサンダース、西地区が琉球ゴールデンキングスとなった。

また、2020-21シーズンに向けての昇降格対象クラブについては、降格は実施せず、昇格対象は2クラブとなり、2020-21シーズンB1所属20クラブ、B2所属16クラブとなることがあわせて決定している。昇格対象チームについては、2020-21シーズンライセンスの交付判定が行われたのち、2020年3月27日現在のB2リーグ戦の18クラブの勝率上位からライセンスが交付された2クラブが昇格対象クラブとなる。

Bリーグは新型コロナウイルスの影響で2月28日から3月11日の間は、試合の開催を見送った。その後、3月14~15日から無観客で試合を実施したが選手、審判の発熱により、2試合が中止となった。その後試合の開催を中止していたが、最終的に全試合中止という、重い決断をすることになった。

B.LEAGUE 2019-20シーズン B1リーグ戦最終順位

東地区

順位 チーム 勝率
1 A東京 32 9 0.78
2 宇都宮 31 9 0.775
3 千葉 28 12 0.7
4 SR渋谷 27 14 0.659
5 秋田 19 22 0.463
6 北海道 13 27 0.325

中地区

順位 チーム 勝率
1 川崎 31 9 0.775
2 三河 18 23 0.439
3 富山 17 24 0.415
4 新潟 13 28 0.317
5 横浜 11 30 0.268
6 三遠 5 36 0.122

西地区

順位 チーム 勝率
1 琉球 27 14 0.659
2 大阪 26 15 0.634
3 滋賀 21 20 0.512
4 京都 20 21 0.488
5 名古屋D 17 24 0.415
6 島根 11 30 0.268

B.LEAGUE 2019-20シーズン B2リーグ戦最終順位

東地区

順位 チーム 勝率
1 仙台 35 12 0.745
2 群馬 34 13 0.723
3 茨城 26 21 0.553
4 青森 21 26 0.447
5 福島 16 31 0.34
6 山形 8 39 0.17

中地区

順位 チーム 勝率
1 信州 40 7 0.851
2 西宮 29 18 0.617
3 FE名古屋 25 22 0.532
4 東京EX 21 26 0.447
5 越谷 15 32 0.319
6 東京Z 12 35 0.255

西地区

順位 チーム 勝率
1 広島 40 7 0.851
2 香川 27 20 0.574
3 愛媛 24 23 0.511
4 熊本 20 27 0.426
5 奈良 18 29 0.383
6 福岡 12 35 0.255

最新ニュース