DAZN News

「ストライカーとして1ゴールでは不十分」“まだ若い”36歳FW岡崎慎司が活躍誓う|ベルギーリーグ

読了時間 2分
20221006-Jupiler-STVV-Shinji-Okazakii (C)Getty Images

シント=トロイデンの岡崎慎司は、ストライカーとしてゴールが十分ではないことを認めた。

今夏の移籍市場で練習生を経てシント=トロイデンに正式加入した岡崎。以降、6試合連続で先発出場し、加入後5試合目となった先月のズルテ・ワレヘム戦で移籍後初ゴールをマークした。

さらなるゴールが期待される岡崎は、7日のアントワープ戦を前に「僕はここまで1ゴールを決めました。でも、ストライカーとして十分ではないです。僕はこのことを実感しています」と言及。

続けて、この一戦で対戦することが予想される元トッテナムのトビー・アルデルヴァイレルトについて「レスターで何度もトッテナムと対戦しました。息子はトッテナムのファンなので、金曜日の試合でアルデルヴァイレルトにユニフォーム交換をお願いすることになるかもしれません」と話していた。

さらに、岡崎はシント=トロイデンと締結した1年契約が満了を迎える来夏以降の去就についても語った。

「今シーズンが終わった後のことはまだわかりません。どのような状況になっても、僕はフットボールをプレーし続けたいです。36歳ですけど、気持ちはまだ若く、コンディションも良いと感じています」

関連記事

●  シント=トロイデンでの初弾に岡崎慎司「すごく必要なゴールだった」 | ベルギーリーグ

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース