DAZN News

【注目選手】名門期待の現代型司令塔、エミール・スミス=ロウ | アーセナル | プレミアリーグ

読了時間 2分
2021-01-26-Emile Smith Rowe-Arsenal (C)Getty Images

ロンドン南部で生まれたエミール・スミス=ロウは2010年、当時10歳で名門アーセナルの下部組織へと加入し、選手としてのキャリアをスタートさせる。2016-17シーズンには、16歳ながらU-23チームでの初出場を果たす。

そして2018年7月、ウナイ・エメリ前監督の下で行われたプレシーズンツアーに17歳として帯同。アトレティコ・マドリード戦ではゴール、続くパリ・サンジェルマン戦ではアシストを記録と、一躍大きな注目を集めるように。同月には5年と見られるプロ契約を勝ち取った。

2018年9月にカップ戦でトップチームデビューを果たし、アーセナル史上初の2000年代生まれの選手となったスミス=ロウだったが、2019年1月にライプツィヒへと武者修行へ。しかし負傷を抱えての移籍だったこともあり、わずか3試合の出場に留まる。2019-20シーズンは一度アーセナルへ復帰するが出番を掴めず、後半戦はチャンピオンシップ(英2部)ハダースフィールドへと再びレンタルに送り出された。

チャンピオンシップの舞台ではポジションを勝ち取り、19試合で2ゴール3アシストの成績を残す。すると2020-21シーズンにアーセナルへと戻り、ミケル・アルテタ監督の指導の下で急成長。今後も名門を担う司令塔として、高い期待を集めている。

プレースタイル

中盤2列目を主戦場とする司令塔。驚くようなスルーパスを通すわけではないが、高い技術を武器にシンプルかつ少ないタッチ数でボールを捌き、チャンスを作る。またパスを出した後の動き出しやフリーランの質も高く、細かなタッチでのボールキープも可能。攻守両面で献身性にあふれるプレーを見せる。現代的なチャンスメイカーだ。

プロフィール・経歴

エミール・スミス=ロウ/Emile Smith Rowe
2000年7月28日生まれ 183cm 利き足:右

シーズン 所属クラブ 出場・得点
2018-19 ライプツィヒ 3試合・0得点
2019-20 アーセナル 2試合・0得点
2019-20 ハダースフィールド 19試合・2得点
2020-21 アーセナル 9試合・0得点

※成績は国内リーグ(2021年2月9日現在)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース