DAZN News

【注目選手】強さ、速さ、巧さの三拍子が揃うCBの大器ダヨ・ウパメカノ | ライプツィヒ | ブンデスリーガ

読了時間 3分
20201202_Dayot Upamecano_Leipzig (C)Getty Images

ブンデスリーガ最少失点を誇るライプツィヒの最終ラインで、ひと際大きな輝きを放っているのがU-21フランス代表のCBダヨ・ウパメカノだ。怪我に泣かされた18-19シーズンの鬱憤を晴らすかのように躍動し、国内外におけるチームの躍進に貢献している。

フランス北西部のエルベーに生まれたウパメカノは、FCエルベーやヴァランシエンヌなどの下部組織を経て、2015年夏にオーストリアのレッドブル・ザルツブルクに移籍。当時まだ16歳だったが、家族との相談の末に異国でのチャレンジを決断した。

加入初年度の主戦場はザルツブルクの事実上のセカンドチームであるリーフェリンクで、クサーヴァー・シュラーガー(現ヴォルフスブルク)や奥川雅也(現ザルツブルク)らとプレー。そして、翌シーズンには弱冠17歳でトップチームのレギュラーとなり、わずか半年後の17年1月に姉妹クラブのライプツィヒに引き抜かれることになった。

ブンデスリーガ適応には相応の時間がかかると見られたが、しかしウパメカノはすぐに頭角を現す。試合に出たり出なかったりを繰り返したのは最初の数ヶ月だけで、2年目にはジェローム・ボアテングらリーグ屈指のCBと比較されるほどの成長を遂げた。翌18-19シーズンは膝の怪我で後半戦をほぼ棒に振ったものの、今季は再びチームに不可欠な戦力となり、国内外のビッグクラブから注目を集める“人気銘柄”になっている。

本人が望むテップアップ移籍とともに、時間の問題と見られるのがフランス代表デビュー。ドイツ『ビルト』が「本人と口頭合意」と報じたバイエルンあたりのビッグクラブでも輝くようなら、すぐにディディエ・デシャン監督から声がかかるはずだ。いや、むしろ現時点でA代表デビューを飾っていないのが不思議と言えるほどの大器だ。

プレースタイル

ライプツィヒの同僚で、ブンデスリーガ屈指の快足FWとして鳴らすティモ・ヴェルナーが「あんなに速いセンターバックは見たことがないよ」と舌を巻く脚力の持ち主で、強靭なフィジカルも兼備。スピード勝負、空中戦のどちらでも相手に後れを取ることは滅多にない。

現代の守備者らしく優れたボールテクニックも強み。ビルドアップ時に相手のハイプレスに晒されても動じずに、ドリブルで持ち運ぶか味方へ正確なパスを通せる。「最高のCBだ」と絶賛するのはライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督だ。

動画:ディフェンス集

プロフィール・経歴

ダヨ・ウパメカノ/Dayot Upamecano
1998年10月27日生まれ 182cm・68kg 利き足:右

シーズン 所属クラブ 出場・得点
2015-16 リーフェリンク 16試合・0得点
  ザルツブルク 2試合・0得点
2016-17 ザルツブルク 15試合・0得点
  ライプツィヒ 12試合・0得点
2017-18 ライプツィヒ 28試合・3得点
2018-19 ライプツィヒ 15試合・0得点
2019-20 ライプツィヒ 28試合・0得点
2019-20 ライプツィヒ 22試合・1得点

※成績は国内リーグ(2021年3月18日現在)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース