DAZN News

【注目選手】王者を支える“陰の主役”、ジョルジニオ・ワイナルドゥム | リヴァプール | プレミアリーグ

読了時間 3分
20210107-Georginio Wijnaldum-Liverpool_treated (C)GettyImages

2018-19シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)を14年ぶりに制し、続く2019-20シーズンにはプレミアリーグ史上最速優勝を達成したリヴァプール。直近数年間のサッカー界で最も成功を収めたと言っても過言ではないクラブを中盤で支えているのが、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムだ。

スパルタ・ロッテルダムの下部組織でキャリアをスタートさせたワイナルドゥムは、その活躍が大きな注目を集め、2004年に強豪フェイエノールトのユースチームへと移籍。3年後にはわずか16歳でトップチームデビューを果たすと、2010-11シーズンにはリーグ戦34試合で14ゴールをマークするなど才能が開花。翌シーズンにはPSVへと活躍の場を移し、4年間でリーグ優勝や国内カップ戦優勝を経験した。

すると2015年夏には、およそ2000万ユーロの移籍金でニューカッスルへと加入。ここでも印象的な活躍を見せたが、チームの降格に伴い移籍を決断。翌年に強豪リヴァプールへと移籍を果たした。

リヴァプールでは激しいポジション争いに巻き込まれながらも、ユルゲン・クロップ監督の信頼を掴んでスタメンの座を獲得。2018-19シーズンのバルセロナとのCL準決勝セカンドレグでは、後半からの出場で2ゴールを挙げて大逆転劇の立役者に。決勝戦でも先発し、ビッグイヤー獲得に大きく貢献した。移籍後4シーズンで常にリーグ戦35試合以上に出場するなど、チームに欠かせない存在となっている。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

It’s been a good year 🙏🏾 Which one’s your favourite? 🏆

Gini Wijnaldum (@gwijnaldum)がシェアした投稿 -

プレースタイル

16歳でデビューした当初はトップ下やサイドを主戦場とし、巧みなドリブルやタイミングの良い飛び出しでゴールを奪う攻撃的な選手であった。今でもその長所は持ち合わせているが、リヴァプールでは豊富な運動量を武器に、最後方まで下がってビルドアップにも積極的に絡むようになっている。そしてチームを押し上げ、的確なタイミングでボックス内に侵入する彼は、大きく目立つプレースタイルではないものの、クロップ監督のシステムで“影の主役”となっている。またプレス時には最前線からサイドのエリアまでカバーするなど、守備時の貢献も特筆すべきものがある。

プロフィール・経歴

ジョルジニオ・ワイナルドゥム/Georginio Wijnaldum
1990年11月11日生まれ 175cm 利き足:右

シーズン 所属クラブ 出場・得点
2006-07 フェイエノールト 3試合・0得点
2007-08 フェイエノールト 10試合・1得点
2008-09 フェイエノールト 33試合・4得点
2009-10 フェイエノールト 31試合・4得点
2010-11 フェイエノールト 34試合・14得点
2011-12 PSV 32試合・8得点
2012-13 PSV 33試合・14得点
2013-14 PSV 11試合・4得点
2014-15 PSV 33試合・14得点
2015-16 ニューカッスル 38試合・11得点
2016-17 リヴァプール 36試合・6得点
2017-18 リヴァプール 33試合・1得点
2018-19 リヴァプール 35試合・3得点
2019-20 リヴァプール 37試合・4得点

※成績は国内リーグ(2021年1月7日現在)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース