DAZN News

元Jリーガ―が日本人選手のインパクトを称賛「才能や規律、献身性があり、日本はハードワークをする国だ」|スコティッシュ・プレミアシップ

読了時間 2分
20220511-Premiership-Celtic-Furuhashi-Hatate-Maeda-Ideguchi (C)Getty Images

横浜FCなどでプレーした元アルバニア代表DFルディ・バタ氏は、日本人選手について語った。

現在、6人の日本人選手がイギリスの1部リーグでプレー。スコットランド王者セルティックでは、元横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督の下、古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、井手口陽介が躍動する。また、世界最高のリーグと評価されるプレミアリーグでは、アーセナルの冨安健洋とブライトンの三笘薫がプレーしている。

日本人選手がイギリスで確かなインパクトを残す中、2003年に横浜FCでプレーしたバタ氏は、イギリス『Tribalfootball.com』でJリーグについて語り、ヨーロッパで選手たちが成功を残している理由について自身の考えを述べた。

「Jリーグにはたくさんのポテンシャルがあり、日本にはたくさんのタレントがいると思う。今、何年間にもわたってヨーロッパでプレーするたくさんの日本人選手がいる」

「彼らにタレントや規律があること、仕事に対して献身的に取り組んでいること、それに日本はとてもハードワークをする国ということが背景にある。だから、彼らは彼ら自身のパフォーマンスで印象を残し、ヨーロッパで成功を収めている」

関連記事

●  「25、30ゴールを目指したい」古橋亨梧がセルティックで高い目標掲げる

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース