DAZN News

ミラン指揮官ピオリ「継続性を示す上で次戦は重要」今季絶望のケアーにはエール|セリエA

読了時間 4分
Pioli Milan

首位ナポリを1ポイント差で追走する2位ミランは、4日のセリエA第16節において、昇格組のサレルニターナをホームに迎える。前日会見に出席したピオリはまず、左ひざに重傷を負い、前十字じん帯および内側側副靭帯の手術を受けたデンマーク代表DFシモン・ケアーに言及。回復までに半年を要し、「事実上のシーズン終了」と報じられた32歳DFへエールを送った。

「ケガには非常に落胆している。ケアーの選手としてのクオリティや人間性を知っており、彼の存在はチームにおいて非常に重要だ。カリスマ性やパーソナリティがあり、適切なタイミングでものを言うことができる選手だ。チームの全員がシモンのことを思い、心配している。だがきっと、すべて上手く行くはずだ。彼は強い選手であり、強い人間なので、この困難も乗り越えることができるだろう」

ケアーの戦線離脱により、ミランは来年1月の移籍市場において何らかの手段を講じることになるかもしれない。

「ケアーの長期離脱が確定すれば、補強が必要になる可能性がある。仮にそうなったとしても、補強はチームをより良くするためだけに行う。クラブも準備を進めてくれるだろう。ただ、この必要性が生じないことを願っている」

首位浮上のチャンスに?

今節のセリエAでは、首位ナポリが4位アタランタとのビッグマッチに臨むため、結果次第でミランが首位に浮上するチャンスとなるかもしれない。しかしミラン指揮官は、自分たちの一戦に集中する。

「他のチームの試合はさておき、自分たちが継続性を示していく上で、明日は重要な試合になる。サレルニターナはボールを保持していない時にかなり面倒であり、難しい相手だ。良いパフォーマンスを見せられるようにしたい。順位表で上位に残るためには、再び継続して結果を出していかなければならない。また、獲得ポイントにおいては、昨シーズンを上回れるようにしなければならない。困難も訪れるだろうが、自分たちのカルチョで乗り越えていきたい」

ミラン指揮官は続いて、22歳のFWラファエウ・レオンや20歳のFWピエトロ・ペッレグリについて見解を示したほか、21歳のDFピエール・カルルのセンターバックでのパフォーマンスについても答えた。

「レオンは正しい成長の軌跡をたどっている。やる気があり、成長への意欲もあるが、出場機会を増やせるようもっとがんばるべきだ。ゴールめがけて攻撃する時に、もっと力強く、確信をもってプレーし、闘志を見せるべきだろう。ペッレグリの先発? 調子が良く、出場可能だ。だが、(ズラタン)イブラヒモヴィッチも同様に調子が良い。誰が先発出場し、誰が途中出場するかは、後で見極めたい」

「カルルの成長は目を見張るものがある。常にパーソナリティをもってピッチに臨んでいる。だが若く、これからもっと大きく成長していかなければならない。ボールを保持していない時のポジショニングを改善する必要があるだろう。DFにとって決定的な要素だ」

さらにミラン指揮官は、UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)のアトレティコ・マドリー戦で決勝点を挙げ、前節のジェノア戦でドッピエッタ(1試合2得点)をマークした遅咲きの30歳FW ジュニオール・メッシアスにも触れた。

「メッシアスは(アレクシス)サレマーカーズと違う特徴を持っている。メッシアスは中央へ切り込むことを好み、サレは縦へ侵入することを好む。メッシアスのCF起用? (ブラヒム)ディアスとなら素晴らしい攻撃のコンビになるはずだ」

放送・配信予定

  • ミラン対サレルニターナ
  • 配信:DAZN
  • キックオフ:2021年12月4日(土)日本時間23:00
  • 実況:八塚浩
  • 会場:サンシーロ

関連記事


DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース