DAZN News

【注目選手】世界屈指のプレースキッカー、ハカン・チャルハノール|ミラン|セリエA

読了時間 3分
Hakan Calhanoglu (C)Getty Images

ドイツで育ったハカン・チャルハノールは、2001年にSVヴァルトホーフ・マンハイムのユースチームでキャリアをスタートさせると、2009年にカールスルーエのユースチームへと移籍。2012年1月にトップチームに昇格すると、17歳でブンデスリーガ2部の試合に出場し、プロデビューを飾った。翌シーズンは3部に降格したチームに1年ととどまり、リーグ戦36試合で17ゴール12アシストと目覚ましい活躍を披露する。

2013-14シーズンからは、前年に移籍が決まっていたハンブルガーSVへと合流。一部の舞台でも32試合で11ゴール4アシストと活躍。すると2014年夏、レヴァークーゼンへと引き抜かれる。強豪チームでもレギュラーの座をすぐさまつかみ、公式戦115試合で28ゴール29アシストと結果を残す。そして2017年夏、多くのクラブが注目を集める中、イタリアの名門ミランへと2300万ユーロで移籍を果たした。

移籍直後からポジションを掴んでいたが、チームの低迷と共に期待されたほどの活躍をできずに苦しんだチャルハノール。それでも、2019-20シーズン途中から指揮を執るステファノ・ピオリ監督の下で復活。2列目の複数ポジションをこなしながら、公私ともに仲の良いズラタン・イブラヒモヴィッチと見事な関係を見せ、名門復活の顔の1人となっている。

プレースタイル

左右両足をそん色なく使え、基本的な技術レベルも高いが、圧巻はそのキック精度。ハンブルガーSV時代にはゴール40m前の距離から無回転のブレ球シュートを叩きこむなど、フリーキックの精度は世界屈指である。またミドルシュートもパンチ力があり、ボックス外からゴールを奪うことが可能だ。

さらにミランでは、攻守両面でのスプリント回数が増え、守備時にもファーストプレスを任されている。従来の“No.10”像とは異なるかもしれないが、今のミランには欠かすことのできない1人だ。

プロフィール・経歴

ハカン・チャルハノール/Hakan Calhanoglu
1994年2月8日生まれ 178cm 利き足:右

シーズン 所属クラブ 出場・得点
2011-12 カールスルーエ 14試合・0得点
2012-13 カールスルーエ 36試合・17得点
2013-14 ハンブルガーSV 32試合・11得点
2014-15 レヴァークーゼン 33試合・8得点
2015-16 レヴァークーゼン 31試合・3得点
2016-17 レヴァークーゼン 15試合・6得点
2017-18 ミラン 31試合・6得点
2018-19 ミラン 36試合・3得点
2019-20 ミラン 35試合・9得点
2020-21 ミラン 4試合・0得点

※成績は国内リーグ(2020年10月19日現在)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース