DAZN News

【コラム】ポグバ覚醒。君に期待するサポーターとフットボールに対し、とことん誠実であれ | 粕谷秀樹のNOT忖度 | プレミアリーグ

読了時間 6分
2021-08-14-paul pogba-manchester united (C)Getty Images

ようやく本来のポグバが

4試合で7アシスト、である。このペースを維持できれば、年間60アシスト以上が可能だ。ティエリ・アンリ(元アーセナル)とケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)の20アシストをはるかにしのぐ、プレミアリーグ新記録の達成だ。

「寝言は寝てから言え」

「こんなハイペースが続くはずない」

「どうせ、いまだけさ」

厳しい声が聞こえてくる。

まぁ、言いたいヤツには言わせておけばいい。マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバが、上々のスタートを切った。

躍動感にあふれている。表情が生き生きとしている。相手ボールになった際のリアクションも素早く、鋭い。ユヴェントスから復帰して6シーズン目、ようやく本来のポグバが戻ってきたような印象だ。

復調の要因として、ブルーノ・フェルナンデスが挙げられる。彼がスポルティングから加入する20年1月まで、ポグバは攻撃のすべてを仕切らなくてはならなかった。起点となり、決定的なパスを出し、シュートまで決める……。

そんな芸当、だれができるっていうんだ!? 個の質が不足していた当時のユナイテッドは、ポグバが抑えられるとなにもできなかった。

「ブルーノとはすぐに同じ絵が描けた。楽しいよ」

ポグバみずからが語ったように、B・フェルナンデスは救いの神といって差し支えない。この男の加入によってポグバに集中していたマークが散らばり、ある程度の自由が得られた。スペースと考える時間が少しでもあれば、決定的な仕事ができる。

危機感が芽生えたのではないか

2021-09-11-Bruno Fernandes-Manchester United-Paul Pogba

オーレ・グンナー・スールシャール監督が試合ごとの方法論を持っていないため、ユナイテッドは依然として好不調の波が激しい。チャンピオンズリーグ第1節のヤングボーイズ戦は、35分でアーロン・ワン=ビサカが退場になったとはいえ、一切の言い訳が許されない惨めな敗北だった。

しかし、B・フェルナンデス加入後のポグバはパフォーマンスが格段に上向いている。気合いも充実し、長いリーチを活かしたボール奪取でも貢献している。サッカー選手としてのセンスはだれもが認めるところであり、ムラッ気さえ解消すれば、攻守にわたってより大きな存在になれる男だ。いやいや、なってしかるべきだ。

したがって、冒頭で触れた4試合・7アシストを大げさに扱ってはいけない。ポグバなら朝飯前。「驚きなさんなって」である。

B・フェルナンデスに続き、エディンソン・カバーニ、ジェイドン・サンチョ、ラファエル・ヴァランと、ユナイテッドはハイクラスの選手を次々に獲得している。この夏にはクリスティアーノ・ロナウドまでやって来た。

この補強に、ポグバはいたく刺激されている。ユナイテッドに復帰した頃とは異なり、メジャータイトルを狙える陣容だ。クラブの野心が明確に感じられる。

しかも、ポグバのポジションは約束されていない。二列目の左サイドはサンチョ、マーカス・ラッシュフォード、メイソン・グリーンウッドとライバルが揃い、中盤センターでは一番手だが、守備力重視の一戦ではスコット・マクトミネイとフレッジが優先される公算が大きい。

ポグバの尻に火がついた。ポジションを争うライバルがいない当時の彼は、自分で限界を定めていた印象がある。「この程度で大丈夫さ」と、力を出し切らないケースも少なくはなかった。

しかし、今シーズンの序盤戦は手を抜いていない。プレー強度も及第点だ。「半端なことをやっていると、ポジションがなくなる」と、危機感が芽生えたのではないだろうか。同じフランス人でもアントニー・マルシャルとは……言うまい、言うまい。

気持ちが残留に傾いてきた

2021-09-11-Cristiano Ronaldo and Paul Pogba of Manchester United

前述したように、才能はだれもが認め、だれもが憧れている。唯一の課題は甘ちゃん体質、そう、精神面といわれ続けていた。いま、ポグバはみずからにも厳しくなろうとしている。

191cmの長身を利した空中戦の強さには定評がある。長いリーチを活かし、いとも簡単にボールを奪い取る。長短、緩急を巧みに使い分けるパス能力は天下一品。30メートル前後のロングシュートも決めてみせる。

精神面が充実しているときのポグバは、息を呑むようなプレーでサポーターを、メディアを楽しませてきた。

間違いなく、この姿こそがポール・ポグバなのだ。

ユナイテッドの低調も災いし、遠すぎるほどのまわり道をしたものの、ようやく真の評価をつかもうとしている。28歳、円熟の境地を迎えたいま、B・フェルナンデスとの連携はより磨かれるに違いない。

C・ロナウドと同じ絵を描く可能性も十分にある。「もうウキウキしているんだ」と、12年ぶりに帰還したスーパーヒーローとのコラボをポグバ本人も楽しみにしていた。

エージェントを務めるミーノ・ライオラが、何度となくユヴェントスへの復帰をチラつかせる。バカバカしい。イタリアの名門に、ポグバの週給29万ポンド(約4350万円)を支払う経済力がどこにあるというのだ。

レアル・マドリードやパリ・サンジェルマンが興味津々? タブロイド紙の戯言だ。笑わせるぜ。

ユナイテッドの補強戦略により、ポグバの気持ちが残留に傾いてきた。現行の契約は来年6月末日に満了を迎えるが、近日中に複数年の更新との見方が、イングランド主要メディアでも大半を占めつつある。

ポグバ覚醒――。君に期待するサポーターとフットボールに対し、とことん誠実であれ。

文・ 粕谷秀樹

1994年、日本スポーツ企画出版社刊の『ワールドサッカーダイジェスト』編集長に就任。その後、同社の編集局次長を務め、01年に独立。以降、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、情報番組、さらに月平均15本のコラムでも、エッジの利いた発信を続ける。東京・下北沢生まれ。

配信情報

プレミアリーグ第5節
ウェストハム対マンチェスター・U

  • 配信: DAZN
  • 配信開始:日本時間9月19日(日)22:00
  • 解説・実況:水沼貴史、野村明弘
  • 会場:ロンドン・スタジアム

プレミアリーグ関連記事

粕谷秀樹のNOT忖度

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース