DAZN News

DAZNの料金が値上げ。価格改定はいつから?そして年間プランの割引は? | DAZN

読了時間 6分
2021-04-29-DAZN DAZN

料金改定・時期について

DAZNは2022年2月22日以降、価格改定する。従来の1,925円から3,000円への実質値上げとなる。同日から下記のように料金プランが変更になるため注意しておきたい。また、同時にこれまで実施されていた一ヶ月無料トライアルも終了する。

料金プラン

新規登録・再登録を検討中のユーザー

新規ユーザー

2022年2月22日(火)より以下のように改定される。年間プランは一括払いと月々払いの2種類になる。月々払いは年間での契約となるが月々2,600円にて分割払いとなる。

年間視聴パスに関しては現在販売中のものであれば旧価格を適応できる。なお、同パスはJリーグ、NPB、F1の各提携団体より3~4月末までに販売されているが、数量に限りがあるので在庫切れに注意したい。

プラン 旧価格(税込) 新価格(税込)
月間プラン 月額1,925円  月額3,000円 
年間プラン 年額19,250円 一括払い:年間27,000円 
※Apple(App内課金)の場合:27,800円
    月々払い:月額2,600円
※年間総額31,200円
年間視聴パス
(Jリーグ、F1)
年間19,250円
※2022年3月31日まで販売
未発行
年間視聴パス
(NPB)
年間17,325円
※2022年4月30日まで販売
未発行

既存ユーザー

既存ユーザーについては、2月22日以降、最初の請求日から新料金での請求が発生する。なお、2022年2月21日以前に、旧価格:19,250円(税込)にて年間プラン(一括払い)で登録したユーザーについては、現在の視聴期間終了後(およそ一年後)より、新価格:27,000円(税込)が適用される。

プラン 旧価格(税込) 新価格(税込) 改定日時
月間プラン 1,925円 3,000円 2022年2月22 日(火)以降、最初の請求日より
年間プラン(一括払い) 19,250円 27,000円 同上

現在一時停止機能を利用中のユーザー

一時停止機能を利用した際、直近の請求金額が旧価格:1,925円(税込)の場合、再開日が2月22日以降であっても、再開時は旧価格となり、次回請求時より新価格:3,000円(税込)となる。ただし、一時停止機能を利用した際、直近の請求金額が新価格3,000円(税込)の場合、再開時も新価格での請求となる。※新価格での継続を希望しない場合、一時停止期間中に退会する必要がある。

例:毎月20日が請求日の場合
12月20日:1,925円(税込)にて請求
1月10日:一時停止手続き実施(再開日:2月25 日に設定)
1月20日:一時停止期間スタート
2月25日:再開日※1,925円(税込)にて請求
3月25日:3,000円(税込)での請求

※2月22日以降、一時停止中に一度退会となった場合には、再登録時には新価格:3,000円(税込)が適用となる。

支払い方法:モバイルキャリア決済

対象キャリア:SoftBank・Y!Mobile・au・UQ mobile・NTTドコモ

プラン 旧価格(税込) 新価格(税込) 改定日時
月間プラン 1,925円 3,000円 2022年2月22 日(火)以降、最初の請求日より
年間プラン(一括払い) 19,250円 27,000円 同上

支払い方法:アプリ内課金

<Google Playアカウント>

プラン 旧価格(税込) 新価格(税込) 改定日時
月間プラン 1,925円 3,000円 新規の場合:2022年2月22日(火)より
会員の場合:2022年4月1日(金)以降、最初の請求日より
年間プラン(一括払い) 19,250円 27,000円 同上

<Amazon アカウント>

プラン 旧価格(税込) 新価格(税込) 改定日時
月間プラン 1,925円 3,000円 新規の場合:2022年2月22日(火)より
会員の場合:2022年3月24日(木)以降、最初の請求日より 
年間プラン(一括払い) 19,250円 27,000円 同上

支払い方法:DAZNプリペイドカード、DAZNチケット、年間視聴パス

支払い方法 対象者 詳細
DAZNプリペイドカード
DAZNチケット
旧価格で購入したユーザー ※コードの有効期限内であれば、2月22日以降も追加料金はなしで、そのまま利用できる。
※2022年2月22日以降は、順次新料金での販売となる。
年間視聴パス:Jリーグ、F1 2021年度DAZN年間視聴パスを購入し、利用中のユーザー 2022年2月22日以降も追加料金はなく、視聴期間終了まで利用できる。
  2022年DAZN年間視聴パスについて 2022年3月31日までの販売期間中は、現在の価格19,250円(税込)で購入できる。
※有効期限内に利用が必要。
年間視聴パス:NPB 2021年度DAZN年間視聴パスを購入し、利用中のユーザー 2022年2月22日以降も追加料金はなく、視聴期間終了まで利用できる。
  2022DAZN年間視聴パスについて 2022年4月30日までの販売期間中は、現在の価格17,325円(税込)で購入できる。
※有効期限内に利用が必要。

その他のユーザー

支払い方法 詳細
J:COMまとめ請求(DAZN)  5月1日以降の請求日より、順次新価格:3,000円(税込)が適用される
その他ケーブルTV局経由での支払い 4月22日以降の請求日より、順次新価格:3,000円(税込)が適用される

KDDI(au):auスマートフォンと合わせたDAZN(3ヵ月無料)を利用のユーザー

・金額:旧)1,925円(税込)⇒新)3,000円(税込)
・改定時期:2022年2月22日(火)より

KDDI(povo): DAZN使い放題パック(7日間)を利用のユーザー

価格変更なし

スポナビライブ特別割引プランにて支払いのユーザー

2月22日以降の請求日より、順次新価格:3,000円(税込)が適用される。

DAZN5周年記念キャンペーン価格(6カ月×1078円)で支払いのユーザー

キャンペーン価格終了月の翌月より新しい価格が適応される。
例:9月1日登録⇒6回目の請求日:2月1日まで1,078円(税込)にて請求
3月1日より新価格:3,000円(税込)にて請求 

DAZN for docomo を利用のユーザー

4月17日までに契約していれば、引き続き契約時の月額料金(1,925円(税込)または1,078円(税込))で利用できる。※1,078円は過去のキャンペーン価格で現在新規に契約することはできない

4月17日までに契約したのちに、解約、そして4月18日以降に再契約した場合は、月額3,000円(税込)となる。

コミュファ光DAZNオプションを利用のユーザー

N/A

関連記事

最新ニュース