DAZN News

DAZNを徹底解説!契約前に知っておきたいダゾーンのすべて

DAZN(ダゾーン) とは

DAZN(ダゾーン)とは、OTT(オーバー・ザ・トップ)サービスと呼ばれるインターネット経由で視聴者にストリーミング配信を直接提供するメディアサービス。ユーザーは、インターネットに接続できる環境であれば、スマートテレビ、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などのデバイスで、スポーツを手軽に視聴できる。

最大の特徴は、圧倒的な数のスポーツコンテンツをわずか月額1,925円(税込)で楽しめること。サッカー、野球、F1、ラグビー、テニス、バレーボール、格闘技など圧倒的な種類のスポーツコンテンツを年間10,000試合以上、ライブ中継&見逃し配信を楽しめる。

従来、これだけのスポーツコンテンツを有料視聴するとなれば、少なくとも数千円はかかっていたところが、DAZNの登場によって手軽に楽しめるようになった。

DAZNを運営する母体企業はスポーツが盛んな英国にある。全世界に先駆けて、日本では2016年の8月にサービスを開始。ほぼ同時期に開始していたドイツ、スイス、オーストリアをはじめ、今では世界各国でサービスを展開している。

配信コンテンツ

DAZNでは、サッカー、野球、F1、ラグビー、テニス、バレーボール、格闘技など圧倒的な種類のスポーツコンテンツを年間10,000試合以上、ライブ中継&見逃し配信を楽しめる。

サッカー

国内サッカーでは、Jリーグと長期の放映権契約を結び、明治安田生命Jリーグの、J1・J2・J3すべてを全試合独占中継。また、シーズンの重要な時期では、複数の試合を4画面に分割し追いかける『J.ZONE』といった独自の試合番組を配信し、Jリーグの新たな楽しみ方を提案している。

試合以外では、『Jリーグ プレビューショー』や、試合の審判内容を振り返る『Jリーグ ジャッジリプレイ』といった番組が配信されており、Jリーグを存分に味わうことができる。

海外サッカーでは、プレミアリーグ(イングランド)、ラ・リーガ(スペイン)、セリエA(イタリア)、リーグアン(フランス)などの欧州主要リーグを網羅。一部スュペル・リグ(トルコ)の試合や、エールディビジ(オランダ)、ラ・リーガ2部(スペイン)のハイライトも提供している。加えて、FAカップ、コパ・デル・レイ、コッパ・イタリア、DFBポカールなど主要国のカップ戦もしっかり網羅。人気の大会を中心に、数多くのコンテンツを独占配信しており、海外サッカーファンにとっては欠かせない存在だ。

野球

プロ野球コンテンツも充実している。2020シーズンは、広島東洋カープのホーム戦を除く、セ・パ両リーグ全試合を中継し、人気の交流戦も配信される。日本シリーズの中継は無いものの(広島のホーム戦を除く)クライマックスシリーズも配信する。

新型コロナウイルスの感染拡大により、開幕が延期された際は、練習試合とファームの試合も数多く配信を行った。また、シーズン中には独自制作の野球の関連番組も配信している。

さらに、2019年のポストシーズンには、ジャイアンツに徹底密着したドキュメンタリー「GIANTS 復活への道」を配信。それ以外にも「タッチ」「H2」「キャプテン」「ONE OUTS」など野球アニメの配信実績もあり、多くの野球ファンにとって楽しめる内容となっている。

F1

F1™️は全レースに加え、F2・F3も独占的に配信。またメインフィード、オンボードカメラ、ドライバーズ・トラッカー、ライブタイミングを一つの画面で見ることができるオリジナル番組「F1 ZONE」や、最新のF1情報を得ることができる「F1 LAB(ラボ)」、「Who’s the Winner? 勝者は誰だ」といったコンテンツを配信している。

その他スポーツ

その他にも多くのスポーツが配信されている。主なところではNFL、トップリーグ(ラグビー)、FIBA主催国際試合、Bリーグ(バスケットボール)、WTAツアー(女子テニス)、Vリーグ(バレーボール)、ベラトール(格闘技)、ゲンナジー“GGG”ゴロフキンの試合(ボクシング)などが配信されており、その他にもゴルフや不定期ではあるもののマラソン、ダーツやセーリングといったコンテンツも配信されている。

番組表/配信スケジュール

直近の配信予定は下記の全体番組表をチェックしよう。

また一部のスポーツは、見どころも踏まえた詳細番組表が存在する。

関連記事

DAZN(ダゾーン) 推奨環境

インターネットに接続できる環境であれば、スマートテレビ、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などのデバイスで、DAZNを手軽に視聴できる。ただし、各デバイスでも視聴に対応できる機種なのかどうかは別途確認が必要だ。

デバイス推奨バージョン

  • OS :Windows8.1, Windows10, MacOSX以上のデバイス
  • WEBブラウザ :最新バージョンのGoogle Chrome, Safari, Firefox, Internet Explorer, Microsoft Edge
  • モバイル :iOS 11.0以上, アンドロイド4.4以上のデバイス、Amazon Fire(2014年に発売された第4世代以降)
  • ゲーム機 :Playstation4, Playstation4 Pro, XBox One, Xbox One S, Xbox One X
  • テレビ :Android搭載テレビ(Sony, SHARP等), Panasonic製スマートテレビ(2014+), LG製スマートテレビ(2014+), TOSHIBA製スマートテレビ, ソニー製スマートテレビ(2014+)
  • その他 :Amazon Fire TV, Fire TV Stick, Google Chromecast, Apple TV, SHARP AQUOSココロビジョンプレーヤー, ひかりTV対応チューナー(ST-3400), Air Stick, Air Stick 4K, ドコモテレビターミナル, DIGAブルーレイディスクレコーダー(2016+)

インターネット推奨環境

DAZNでは、ユーザーの利用デバイスやインターネット環境に合わせ、最適な映像を自動選択し提供する仕組みとなっている。そのため各自のインターネット接続スピードにより、画質が異なってくる。なお、TVで視聴する場合は6.0Mbps以上の回線速度が推奨されている。

接続スピード 画質 主な視聴環境
2.0Mbps 標準 外出先
3.5Mbps HD画質 モバイルデバイス
6.0Mbps HD画質と高フレームレート TV
8.0Mbps DAZNが提供可能な最高画質 TV

なお、上記スピードを満たした回線速度があったとしても、帯域幅を広げる必要がある場合もある。マンション共用のインターネット回線など、複数のユーザーが利用しているネットワークに接続されている場合は、DAZNの視聴に割り当てられる帯域幅が限られてしまい、快適な視聴環境が得られないケースもある。

関連記事

DAZN(ダゾーン)の 主な機能

見逃し配信

DAZNでは、ライブ中継終了後に見逃し配信を視聴できる。さらに、試合の途中からの観戦でも、巻き戻して試合開始すぐから視聴し直すことも可能だ。なお、見逃し配信の期間はスポーツコンテンツによって様々で、基本的には1週間程度。Jリーグの試合は1ヶ月間、見逃し配信が視聴できる。

ハイライト配信

試合の数時間後には、主要シーンを抜粋したハイライトが配信される。スポーツによっては、短尺と長尺のハイライトを選択することもできる。また、ハイライト配信の期間は通常、見逃し配信よりも長く設定されている。

登録デバイス・同時接続の上限

DAZNでは1アカウントあたり、6つのデバイスに登録でき、2つのデバイスで同時接続(視聴)が可能となっている。​

録画・ダウンロードはできる?

DAZNでは、パソコンやレコーダーでの録画・ダウンロードには対応していない。ただし、期間内であれば、いつでも好きな時に見逃し配信を視聴することができる。見逃し配信ができる期間はコンテンツによって様々。なお、スマートフォンのアプリにはダウンロード機能が備わっているが、現状ではテスト運用に留まっており、一部のユーザーのみこの機能を利用できる。

また、この機能は録画保存を目的としたものではなく、予めダウンロードしておくことで、インターネットに接続することなく視聴できるようにするための、言わば通信データ消費の節約機能だ。

そのため、視聴期間も限られており、半永久的に保存はできない。また、動画データを他の端末に移しても再生はできない。さらに権利上の関係からダウンロードができるコンテンツと、できないコンテンツが存在する。また、動画データ量が大きいため、端末自体の容量がそれなりに必要だ。

DAZN(ダゾーン)の月額料金・支払い方法

料金体系について

DAZNには月間プラン(月額税込1,925円)と、年間プラン(年額税込19,250円)が存在する。加入後1カ月間は無料体験期間となっており、同期間中に解約すれば月額料金は発生しない。

支払い方法について

支払い方法は以下の通り。なお、年間視聴パスやアプリ内課金の場合は、基本月額料金と異なる場合があるので注意が必要だ。

  • 国内発行のクレジットカード、デビットカード(VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club)
  • Paypal
  • DAZNプリペイドカード
  • DAZNチケット
  • DAZN年間視聴パス
  • Apple ID(アプリ内課金)
  • Amazon(アプリ内課金)
  • Google Play(アプリ内課金)
  • モバイルキャリア決済(Softbank、Y!Mobile、au、UQ Mobile。docomoは「DAZN for docomo 」加入者のみ利用可能)

DAZN(ダゾーン)契約・入会、登録手順

DAZNの無料体験に登録する方法は簡単だ。DAZNのサイトで必要な情報を登録するだけで、すぐに視聴できる。DAZNを未体験であれば、まずは無料体験(トライアル)から始めてみよう!

方法1 : Webブラウザから加入する場合

  1. DAZNにアクセス
  2. 「1ヶ月無料!かんたん新規申し込み」を選択
  3. 「アカウントの作成」のページで「お名前」「Eメールアドレス」「パスワード」を入力後、「次のステップへ」を選択
  4. 希望する支払い方法を選択
  5. 「お支払い情報」のページで必要事項を入力後、「視聴を開始する」を選択

その他の登録方法についてはDAZN公式サイトを参照。

方法2:docomoから加入する場合

ドコモオンライン手続き

DAZN for docomoの登録ページから加入する

  • パソコンやWi-Fi経由などドコモのケータイ回線以外から手続きをする場合は「dアカウント」が必要になる。
  • スマートフォン、ドコモ ケータイ(spモード)などドコモのケータイ回線からお手続きの場合、「ネットワーク暗証番号」が必要になる。

電話(受付時間:9:00~20:00)

ドコモの携帯電話からは局番なしの「151」(無料)から申し込むことができる。一般電話からの申込みは「ドコモ インフォメーションセンター電話番号」を確認しよう。

ドコモショップ

ドコモの店頭で受付をすることができる

方法3:ケーブルテレビ経由で加入する場合

ケーブルテレビの事業者によって加入方法が異なるため、各事業者への問い合わせが必要だ。また、下記記事にてDAZNに対応しているケーブルテレビの事業者をまとめているので参考にしよう。

最新ニュース