DAZN News

バルセロナ、クラシコでも存在感示せなかったF・デ・ヨングを放出か?スペイン紙『売却すればハーランド獲得も不可能ではない』 | ラ・リーガ

読了時間 2分
Frenkie-de-jong-barcelona-liga-20220113 Getty Images

バルセロナは今夏の移籍市場で、MFフレンキー・デ・ヨングを売却するのかもしれない。スペイン『マルカ』が報じている。

12日のスペイン・スーパーカップ準決勝レアル・マドリード戦を2-3で落としたチャビ・エルナンデス監督率いるバルセロナ。敗戦はしたものの、2度にわたって同点に追いつき延長戦までもつれ込ませるなど、ポジティブな印象も与えている。ただF・デ・ヨングにとってはネガティブなクラシコだったのかもしれない。『マルカ』は同選手のプレーを、こう評している。

「フレンキーが到着したばかりのフェラン・トーレスとともに、クラシコで最初の交代カードとなったことは何もおかしいことではない。ハーフタイム、チャビはオランダ人をベンチに座らせた。前半の彼のプレーは失望的だった。存在感なく、2列目から飛び出さず、守備でもフィジカルを発揮できず。結論を言えば、彼は45分間、戦力になっていなかった」

『マルカ』は、F・デ・ヨングが今回のクラシコのようなパフォーマンスを最近繰り返しているとして、バルセロナが今夏の移籍市場で放出する可能性も示唆。財政難のバルセロナが今夏に大型補強を実現するためには選手の売却が必要で、F・デ・ヨングは依然として市場価値が高いことから、より適切な放出候補としている。そしてF・デ・ヨングを売却するならば、ボルシア・ドルトムントFWアーリング・ハーランドが「バルサのユニフォームに袖を通すという夢も不可能ではなくなるだろう」との見解を示した。

バルセロナの中盤では、クラシコでMFペドリが復帰。MFセルヒオ・ブスケツ、MFガビ、MFニコもいて、ペドリも復活を果たしたとすれば、F・デ・ヨングの序列が下がる可能性もある。『マルカ』は同記事を「フレンキーはこのバルサの中盤では4番目の選手だろう。そうした状況が、次の夏の市場で扉を目一杯を開くことにつながる」との言葉で締めている。

関連記事

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース