DAZN News

【注目選手】天才と呼ばれることに異論なきワイルドマン、家長昭博 | 川崎フロンターレ | Jリーグ

読了時間 4分
20210526-J1League-Kawsaki Frontale-Akihiro Ienaga (C)J.LEAGUE


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

ユース時代から家長昭博の才能は大きな注目を集め、高校2年生でトップチームへ昇格。高校3年生でプロ契約を結んだ逸材だ。プロ2年目には定位置確保とまではいかなかったが、多くの試合に絡みクラブ史上初のリーグ制覇を経験。順風満帆なプロキャリアを歩みだした。そして、大分トリニータ、セレッソ大阪と経て、2010年にスペイン1部のマジョルカに完全移籍。約2シーズンプレーし、韓国の蔚山現代に加入した。

多くのクラブを渡り歩いた後、2012年の夏にG大阪にレンタル移籍の形で復帰すると、2012年、2013年にまたがって1年間プレー。その後、再びマジョルカに復帰するも、2014シーズンから日本に帰国して大宮アルディージャに完全移籍を果たした。

そこからはJリーグで圧倒的な存在感を放っている。大宮では3年の間、完全なる中心選手としてチームを牽引。その勢いは止まらず、2017シーズンから川崎フロンターレに加入すると2年連続でリーグ優勝を経験。特に2年目の2018シーズンのパフォーマンスは神がかっておりリーグMVPを獲得した。

新たなスタイルに取り組み、さらなる攻撃的なサッカーを目指した川崎Fで、2020シーズンは主力として優勝に貢献。自身最多タイとなる11ゴールを決めてベストイレブンに選ばれた。2021シーズンは、川崎Fでの5年目のシーズンとなる。同じクラブに5年連続で在籍したのは初。今季も天才レフティーの力は不可欠だ。

プレースタイル

独特の間合いを持つアタッカー。左足でコントロールするボールは絶妙な置きどころを保つことで取られそうで取られない。そこに強靭なフィジカルやパワーが相まって、この男のリズムでプレーが進んでいるときは無双状態である。

主戦場はトップ下やウイングと2列目を基本とするが、ボランチや前線でプレーすることも可能であり、まさにサッカーセンスの塊。教わりたくても教われない、非凡な攻撃センスの持ち主である。

動画:プレー集

プロフィール・経歴

家長昭博/Akihiro IENAGA
1986年6月13日生まれ 173cm・70kg 利き足:左

シーズン 所属クラブ 出場・得点
2004 ガンバ大阪 8試合・1得点
2005 ガンバ大阪 24試合・0得点
2006 ガンバ大阪 28試合・2得点
2007 ガンバ大阪 27試合・2得点
2008 大分トリニータ 4試合・0得点
2009 大分トリニータ 26試合・1得点
2010 セレッソ大阪 31試合・4得点
2010-2011 マジョルカ 14試合・2得点
2011-2012 マジョルカ 4試合・0得点
2012 蔚山現代 12試合・1得点
2012 ガンバ大阪 12試合・5得点
2013 ガンバ大阪 17試合・1得点
2013-2014 マジョルカ 7試合・0得点
2014 大宮アルディージャ 33試合・6得点
2015 大宮アルディージャ 33試合・11得点
2016 大宮アルディージャ 26試合・11得点
2017 川崎フロンターレ 21試合・2得点
2018 川崎フロンターレ 32試合・6得点
2019 川崎フロンターレ 26試合・0得点
2020 川崎フロンターレ 29試合・11得点
2021 川崎フロンターレ 37試合・8得点

※成績は国内リーグ(2021年12月8日現在)


DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?


2021Jリーグ関連ページ

2021 Jリーグ  ( 日程・結果 |  総合 J1 |  J2  |  J3

J1

J2

J3

最新ニュース