DAZN News

【注目選手】誰よりも走って誰よりも奪う、山口蛍 | ヴィッセル神戸 | Jリーグ

2020_6_4_jleague_yamaguchi (C)J.LEAGUE

まさに無尽蔵のスタミナという言葉がぴったりと合うボランチだ。

セレッソ大阪ジュニアユース、ユースと過ごし2009年にトップ昇格を果たした山口蛍は、プロ入り2年間は多くの出場機会に恵まれなかったが、2011年にプロ初ゴールを決めるなど成長を見せ、2012年からはレギュラーとして活躍した。その年にはロンドン五輪にも参加。全試合にフル出場し、44年ぶりのベスト4進出に貢献した。

その後、クラブと代表の二足の草鞋を履く生活が続き、日本屈指のボランチへと成長。クラブではキャプテンを務め、J2降格やJ1昇格、クラブ史上初のタイトル獲得を経験した。また、日本代表としては2014年のブラジルワールドカップ(W杯)、2018年のロシアW杯に主力として臨み、世界を相手に戦った。

2019シーズンからは多くの時間を過ごしてきたC大阪を離れ、ヴィッセル神戸に電撃移籍。ピンクからグリムゾンレッドのユニフォームに着替えてもそのプレーぶりは変わらず、MFアンドレス・イニエスタらともに豪華な中盤を形成して天皇杯のタイトルをチームにもたらした。

初タイトルを獲得し、今シーズンはアジア、そして世界進出を狙う神戸。そんなチームにおいて、山口がキーマンの1人であることは間違いない。

プレースタイル

90分間、決して止まることのない運動量が何よりも魅力でボックス・トゥ・ボックスで仕事のできるボランチだ。タイトなマークで相手に自由を与えず、高い奪取力でボールを回収。そこから素早く味方へとつなげ、自らも足を止めることなくゴール前へと飛び出していく。

ユース時代は攻撃的なポジションを務めていた経験もあるだけに、ゴール前での落ち着きも備わっており、シュートの決定力も高い。

動画:プレー集

プロフィール・経歴

山口蛍/Hotaru YAMAGUCHI
1990年10月6日生まれ 173cm・72kg 利き足:右

シーズン 所属クラブ 出場・得点
2009 セレッソ大阪 3試合・0得点
2010 セレッソ大阪 2試合・0得点
2011 セレッソ大阪 17試合・1得点
2012 セレッソ大阪 30試合・2得点
2013 セレッソ大阪 34試合・6得点
2014 セレッソ大阪 19試合・1得点
2015 セレッソ大阪 35試合・1得点
2015-2016 ハノーファー 6試合・0得点
2016 セレッソ大阪 20試合・1得点
2017 セレッソ大阪 32試合・2得点
2018 セレッソ大阪 33試合・0得点
2019 ヴィッセル神戸 34試合・3得点
2020 ヴィッセル神戸 1試合・0得点

※成績は国内リーグ(2020年6月4日現在)

2020 Jリーグ 選手名鑑

クラブ別ページ

選手名鑑(目次

J1

J2

J3

2020Jリーグ関連記事

Jリーグの視聴方法

DAZNでは、明治安田生命Jリーグ(J1、J2、J3)の全試合を実況・解説付きでライブ配信。それ以外にも欧州サッカー、プロ野球、F1™など多彩なスポーツコンテンツを楽しむことができる。

月額料金は1,750円(税抜)、ドコモ利用者であれば月額980円(税抜)で加入することもできる。いずれも一ヶ月の無料体験期間がある。

登録方法は以下の通り:

  1. DAZN にアクセスし、登録ページへ。
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力
  3. 登録完了後、すぐに一ヶ月無料体験がスタート

関連記事

最新ニュース