DAZN News

開幕前にチェックしておきたい注目選手たち | セ・リーグ | プロ野球

読了時間 4分
2020-06-16-npb-tigers-Bour 時事通信

当初予定日の3月20日からおよそ3カ月遅れで開幕する2020シーズンのプロ野球。

本来であれば、2月のキャンプインからオープン戦を12〜16試合程度行い、約1カ月間を調整期間にあてられる。

しかし各球団は新型コロナウイルスの影響で一時は活動を休止。5月末から練習を再開して6月2日から6月14日に行われた練習試合で最後の調整を行うなど、通常よりも短い準備期間で開幕に臨む。

そんななか、開幕に向けて必死にアピールを続ける選手たちに注目。

一軍入りへアピールを続ける期待の若手、練習試合で結果を残してきた助っ人外国人選手、球団史上初の新人開幕マスクを狙う捕手、開幕マウンドを任されたベテラン投手など、開幕前にチェックしておきたいセ・リーグ6球団の選手たちを紹介する。

読売ジャイアンツ

湯浅大内野手

2020-06-07-npb-Giants-YUASA

プロ3年目の湯浅大内野手が、開幕一軍と開幕戦でのデビューに期待を抱かせる活躍を続けている。オープン戦で打率.391を記録して注目された20歳は、練習試合でもはつらつとしたプレーを披露。7日のヤクルト戦は本塁打を含む猛打賞の大暴れだった。また、代打出場の2試合で四球を選ぶなど、今や欠かせない存在となっている。

横浜DeNAベイスターズ

タイラー・オースティン外野手

2020-06-16-npb-dena-Austin

オープン戦で12球団トップタイの4本塁打、同5位の打率.343と当たっていたタイラー・オースティン外野手のバットは、約2カ月のブランクを経ても湿る気配がない。2日の楽天戦、7日の日本ハム戦で場外ホームランをかっ飛ばし、練習試合5試合で打率.500と確実性も兼ね備える。懸念の三振も3つのみと、投手は投げる所がない!

阪神タイガース

ジャスティン・ボーア内野手

2020-06-16-npb-tigers-Bour

MLB通算92本塁打の実績を引っさげて来日するもオープン戦8試合で長打ゼロに終わり、阪神ファンを心配させたジャスティン・ボーア内野手だが、ここへきてパワー全開。2日からの広島3連戦では、全試合でアーチをかけた。よく外国人選手は夏場に調子を上げてくると言われるが、その説を裏付けるようなボーアのバットに注目だ。

広島東洋カープ

アレハンドロ・メヒア内野手

2020-06-16-npb-carp-Mejia

広島のアレハンドロ・メヒア内野手が絶賛確変中だ。練習試合6試合で12球団トップの4本塁打を記録し、6日のオリックス戦では推定145mの特大アーチを含む2ホーマーをかっ飛ばした。これまでカープファンに愛されたブラッド・エルドレッドや、同期入団のサビエル・バティスタの陰に隠れていた男が、ついに主役の座に躍り出る!

中日ドラゴンズ

郡司裕也捕手

2020-06-16-npb-Dragons-GUNJI

昨年のドラフト4位指名で入団した郡司裕也捕手が、正捕手争いをリードしている。すでに開幕投手が決まっている大野雄大投手とバッテリーを組んだ4日のヤクルト戦では、左腕エースをリードして3回無失点の好投を引き出した。慶応義塾大学時代に売りだった打撃が通用してくるようなら、球団史上初の新人開幕マスクもありうる。

東京ヤクルトスワローズ

石川雅規投手

2020-06-12-npb-Swallows-ISHIKAWA

高津臣吾新監督は開幕戦のマウンドに、1月に40歳を迎えた石川雅規投手を指名した。石川にとってはこれが3年ぶり9度目の開幕投手。現役最多の171勝を誇る左腕は、5日の巨人戦で5回無失点と順調な調整ぶり見せ、1球ごとにプレートの位置を変えるなど、老獪な投球術も健在。不惑のサウスポーはまだまだガソリン満タンだ。

関連記事

最新ニュース