DAZN News

【中日ドラゴンズ】14年目のスラッガー・福田永将の覚醒に期待 | 2020プロ野球選手名鑑・注目選手

2020-05-20-npb-Dragons 時事通信

各球団から投打のキーマンをピックアップしつつ、予想ローテーション・予想オーダー、そしてオフシーズンの補強・移籍などを網羅した2020年のプロ野球選手名鑑。本記事では、2012年を最後にBクラスが続く中日ドラゴンズを紹介する。

与田剛監督就任1年目の昨季は序盤から下位に沈み、上位争いを繰り広げることなくシーズンを終えた。しかし柳裕也が3年目にして自身初の規定投球回到達に二桁勝利、大野雄大も復活の9勝を挙げた。野手では高橋周平がブレイクを果たすなど、若手が躍動したシーズンでもあった。今季は、2011年以来遠ざかっているセ・リーグ制覇を目指す。

注目選手

投手:梅津晃大(背番号28|右投右打|2年目)

2020-05-20-npb-Dragons-UMETSU

昨季のチーム防御率3.72はリーグ3位とまずまずだった中日。大野雄大、柳裕也らは今季も先発の柱としての活躍に期待がかかる一方で、2人に続く先発投手がやや手薄となっている。そこで期待したいのが2年目右腕の梅津晃大だ。

2018年ドラフト2位で中日に入団した梅津。1年目の昨季は右肩インピンジメント症候群で出遅れるも、ファームで9試合30.2回を投げ防御率2.05、1投球回あたり何人の走者を出したかを表す数値であるWHIPは1.08、奪三振率8.80と好成績を残し、8月に昇格。一軍公式戦では6試合全てに先発し、34.2回を投げて防御率2.34、WHIP1.13、奪三振率8.83といずれも高水準の成績をマークした。

腕の振りはコンパクトながら、躍動感溢れるフォームから繰り出す速球の最速は153km/h。187cm、90kgという体格を見てもその可能性を感じずにはいられない。ドラフト時に「目標」と語っていた大谷翔平のように、160km/hを投げる可能性も秘める。東洋大で同期だった甲斐野央、上茶谷大河、中川圭太らは1年目からチームの主力として活躍を見せた。今季は梅津が活躍を見せる番だ。

生年月日 1996年10月24日 身長/体重 187cm/90kg
登板 6 勝利 4
敗北 1 投球回 34.2
自責点 9 防御率 2.34

内野手:福田永将(背番号55|右投右打|14年目)

2020-05-20-npb-Dragons-FUKUDA

昨季の中日打線は、チーム打率こそ.263とリーグトップの数字を誇ったが、563得点はリーグワースト2位だった。その要因としては、リーグワーストの90本塁打、ワースト2位の長打率.381などが挙げられる。そこで、長打力不足の解消に期待したいのが、福田永将だ。

2006年高校生ドラフト3巡目で中日入りした福田。プロ入り後数年間は出場機会に恵まれなかったが、2016年からは4年連続二桁本塁打を記録するなど、長打力が開花。昨季の長打率.519、出塁率.358はともにチーム平均を大きく上回っており、今季も主軸候補に数えられている。

広いナゴヤドームでもホームランを打てる長打力は、チームにとっても大きな武器だ。今季で14年目、7月で32歳を迎えるがなおも成長を続けるスラッガーがその才能を発揮すれば、8年ぶりのAクラスが現実味を帯びてくる。

生年月日 1988年7月23日 身長/体重 181cm/88kg
試合 105 安打 89
本塁打 18 打点 66
四球/死球 32/5 打率 .287

捕手:郡司裕也(背番号44|右投右打|1年目)

2020-06-16-npb-Dragons-GUNJI

昨年のドラフト4位指名で入団した郡司裕也捕手が、正捕手争いをリードしている。すでに開幕投手が決まっている大野雄大投手とバッテリーを組んだ4日のヤクルト戦では、左腕エースをリードして3回無失点の好投を引き出した。慶応義塾大学時代に売りだった打撃が通用してくるようなら、球団史上初の新人開幕マスクもありうる。

生年月日 1997年12月27日 身長/体重 180cm/86kg

2020年予想ローテーション

昨季ともに170回以上を投げた大野雄大、柳裕也は左右の両輪として今季も活躍が見込まれる。しかし昨季116.1回を投げたエニー・ロメロは左肩の手術のため前半戦絶望となっており、計算ができなくなった。そこで候補に上がってきたのが若手右腕の山本拓実、2018年の開幕投手・小笠原慎之介だ。

残りの枠を吉見一起、ルーキーの岡野祐一郎、2年目の梅津晃大らが争う。さらにヘルニアから復活を期す福谷浩司、昨季の開幕投手・笠原祥太郎、3年目の清水達也、ベテランの山井大介らもローテーションの座を狙う。

No. 名前 昨年勝敗 昨年防御率
1 大野雄大 9勝8敗 2.58
2 柳裕也 11勝7敗 3.53
3 山本拓実 3勝3敗 2.98
4 小笠原慎之介 3勝1敗 2.56
5 吉見一起 1勝1敗 6.41
6 梅津晃大 4勝1敗 2.34

2020年予想オーダー

昨季なかなか固定できなかった上位打線には、大島洋平、平田良介らベテランを1、2番に並べて出塁率、長打力のある打順としたい。3番には昨季途中まで首位打者争いをした高橋周平、4番には一昨年首位打者のダヤン・ビシエド、5番には長打力のある福田永将で得点力アップを図る。二塁には昨季ブレイクし、「マスター」の愛称で知られる阿部寿樹、不動の遊撃レギュラー・京田陽太は7番に。

捕手はドラフト4位ルーキーの郡司裕也、打力のある木下拓哉、強肩を武器とする加藤匠馬に、高卒2年目の石橋康太らが争う。ベテランが揃う外野には、期待の若手・伊藤康祐に、オリックスから移籍2年目を迎える武田健吾らも控え、虎視眈々とポジションを狙う。

No. ポジション 名前 昨年打率
1 中堅 大島洋平 .312
2 右翼 平田良介 .278
3 三塁 高橋周平 .293
4 一塁 ダヤン・ビシエド .315
5 左翼 福田永将 .287
6 二塁 阿部寿樹 .291
7 遊撃 京田陽太 .249
8 捕手 郡司裕也 新加入
9 投手 大野雄大 .083

2020年補強・移籍

昨季64試合に登板し、最優秀中継ぎ投手賞を受賞したジョエリー・ロドリゲスはメジャーリーグのレンジャーズへ移籍。松坂大輔は埼玉西武へ移籍し、ベテランの武山真吾、杉山翔大ら捕手2人が昨季限りで引退。ロドリゲスの穴を埋めるべく、昨季米マイナーリーグで33試合に登板したルイス・ゴンサレスら、新外国人を獲得した。

ドラフトでは将来の主軸候補の石川昂弥や、先発として期待がかかる岡野祐一郎、正捕手候補の郡司裕也とバランス良く獲得。育成ドラフトでは高校時代はバレーボール部に所属していた変わり種・松田亘哲も指名した。

新入団選手

名前 ポジション 前所属 備考
石川昂弥 内野手 東邦高 ドラフト1位
橋本侑樹 投手 大阪商業大 ドラフト2位
岡野祐一郎 投手 東芝 ドラフト3位
郡司裕也 捕手 慶応義塾大 ドラフト4位
岡林勇希 投手 菰野高 ドラフト5位
竹内龍臣 投手 札幌創成高 ドラフト6位
松田亘哲 投手 名古屋大 育成ドラフト1位
ルイス・ゴンサレス 投手 ボウイ・ベイソックス(米マイナーリーグ) 新外国人
モイセ・シエラ 外野手 オアハカ・ウォーリアーズ(メキシカンリーグ) 新外国人(育成→支配下)
ヤリエル・ロドリゲス 投手 ガナデロス・デ・カマグエイ(キューバ) 新外国人(育成)

移籍選手

名前 ポジション 移籍先
ジョエリー・ロドリゲス 投手 テキサス・レンジャーズ(MLB)
松坂大輔 投手 西武
杉山翔大 捕手 琉球ブルーオーシャンズ
亀澤恭平 内野手 琉球ブルーオーシャンズ

2020所属選手一覧

投手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
11 小笠原慎之介 1997.10.08 180/95 左/左
12 田島慎二 1989.12.21 181/84 右/右
13 橋本侑樹 1998.01.08 180/71 左/左
14 谷元圭介 1985.01.28 167/72 右/右
16 又吉克樹 1990.11.04 181/74 右/右
17 柳裕也 1994.04.22 180/85 右/右
19 吉見一起 1984.09.19 182/90 右/右
21 岡田俊哉 1991.12.05 178/67 左/左
22 大野雄大 1988.09.26 183/83 左/左
24 福谷浩司 1991.01.09 183/90 右/右
25 佐藤優 1993.06.29 187/85 右/左
28 梅津晃大 1996.10.24 187/90 右/右
29 山井大介 1978.05.10 179/86 右/右
30 阿知羅拓馬 1992.11.20 190/95 右/右
33 祖父江大輔 1987.08.11 175/80 右/左
34 福敬登 1992.06.16 180/88 左/左
36 岡野祐一郎 1994.04.16 180/85 右/右
38 松葉貴大 1990.08.14 178/82 左/左
40 石川翔 1999.12.14 179/81 右/左
41 勝野昌慶 1997.06.12 183/89 右/右
43 三ツ間卓也 1992.07.22 183/92 右/右
46 鈴木博志 1997.03.22 181/95 右/右
47 笠原祥太郎 1995.03.17 177/85 左/左
50 清水達也 1999.11.03 182/83 右/右
53 ルイス・ゴンサレス 1992.01.17 188/93 左/右
54 藤嶋健人 1998.05.08 177/85 右/右
59 山本拓実 2000.01.31 167/71 右/右
61 垣越建伸 2000.04.03 184/96 左/左
62 竹内龍臣 2001.12.11 178/77 右/右
64 小熊凌祐 1990.08.11 178/84 右/右
65 伊藤準規 1991.01.07 187/80 右/左
67 ヤリエル・ロドリゲス 1997.03.10 186/97 右/右
69 濱田達郎 1994.08.04 185/95 左/左
70 エンニー・ロメロ 1991.01.24 190/103 左/右
82 マルク 1995.07.18 184/83 右/右
97 ライデル・マルティネス 1996.10.11 193/93 右/左
98 木下雄介 1993.10.10 183/80 右/右
99 鈴木翔太 1995.06.16 183/75 右/右

捕手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
27 大野奨太 1987.01.13 177/78 右/右
35 木下拓哉 1991.12.18 183/92 右/右
44 郡司裕也 1997.12.27 180/86 右/右
52 加藤匠馬 1992.04.29 175/76 右/右
57 アリエル・マルティネス 1996.05.28 190/95 右/右
58 石橋康太 2000.12.07 180/87 右/右
68 桂依央利 1991.07.09 185/90 右/右

内野手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
0 髙松渡 1999.07.02 176/65 右/左
1 京田陽太 1994.04.20 184/88 右/左
2 石川昂弥 2001.06.22 185/93 右/右
3 高橋周平 1994.01.18 180/85 右/左
5 阿部寿樹 1989.12.03 185/80 右/右
7 根尾昂 2000.04.19 177/80 右/左
9 石川駿 1990.05.26 178/82 右/右
32 石垣雅海 1998.09.21 181/85 右/右
37 三ツ俣大樹 1992.05.11 177/84 右/右
48 溝脇隼人 1994.05.17 179/75 右/左
55 福田永将 1988.07.23 181/88 右/右
63 堂上直倫 1988.09.23 184/86 右/右
66 ダヤン・ビシエド 1989.03.10 185/108 右/右

外野手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
4 藤井淳志 1981.05.20 183/82 右/左右
6 平田良介 1988.03.23 177/87 右/右
8 大島洋平 1985.11.09 176/75 左/左
23 遠藤一星 1989.03.23 182/83 右/左
26 井領雅貴 1989.11.04 174/82 右/左
31 渡辺勝 1993.10.14 172/80 右/左
42 ソイロ・アルモンテ 1989.06.10 183/98 右/左右
45 モイセ・シエラ 1988.09.24 185/105 右/右
49 伊藤康祐 2000.02.03 174/75 右/右
51 滝野要 1996.07.08 185/76 右/左
56 武田健吾 1994.04.18 183/85 右/右
60 岡林勇希 2002.02.22 175/74 右/左

育成投手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
201 サンディ・ブリトー 1996.07.19 185/80 右/右
202 浜田智博 1992.10.01 184/80 左/左
204 丸山泰資 1995.02.05 176/80 右/右
206 大藏彰人 1994.05.15 190/88 右/右
207 松田亘哲 1997.05.16 176/80 左/左

育成内野手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
205 石岡諒太 1992.05.25 187/90 左/左

プロ野球 関連ページ

セ・リーグ

パ・リーグ

プロ野球の視聴方法

DAZNでは、広島東洋カープを除く11球団の主催試合を視聴できる(広島のビジター戦は視聴可能)。また、それ以外にも明治安田生命Jリーグや欧州サッカー、F1™など多彩なスポーツコンテンツを楽しむことができる。

月額料金は1,925円 (税込)、加入後1ヶ月の無料体験期間がある。

登録方法は以下の通り:

  1. DAZN にアクセスし、登録ページへ。
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力
  3. 登録完了後、すぐに一ヶ月無料体験がスタート

関連記事

最新ニュース