DAZN News

開幕前にチェックしておきたい注目選手たち | パ・リーグ | プロ野球

読了時間 4分
2020-05-02-npb-orix-YAMAOKA 時事通信

当初予定日の3月20日からおよそ3カ月遅れで開幕する2020シーズンのプロ野球。本来であれば、2月のキャンプインからオープン戦を12〜16試合程度行うなど、約1カ月間を調整期間にあてられる。

しかし各球団は新型コロナウイルスの影響で一時は活動を休止。5月末から練習を再開して6月2日から6月14日に行われた練習試合で最後の調整を行うなど、通常よりも短い準備期間で開幕に臨む。

そんななか、開幕に向けて必死にアピールを続ける選手たちに注目。

驚異の打率で注目を集める助っ人外国人選手、スタメン奪取を狙う走塁のスペシャリスト、開幕一軍を目指す若手たち、新たなエースとして開幕マウンドを任された投手など、開幕前にチェックしておきたいセ・リーグ6球団の選手たちを紹介する。

埼玉西武ライオンズ

コリー・スパンジェンバーグ外野手

2020-06-16-npb-Lions-Spangenberg

12球団で今最も当たっているバッターは、西武のコリー・スパンジェンバーグ外野手だろう。オープン戦では打率.174、本塁打ゼロに終わったが、練習試合では4試合で打率.727、3試合連続の計4ホーマーと別人のように打ちまくっている。4月に第1子が生まれるなど乗りに乗っている新助っ人が、山賊打線にさらなる厚みをもたらす。

福岡ソフトバンクホークス

周東佑京外野手

2020-06-16-npb-Hawks-SHUTO

強力打線に目が行きがちのソフトバンクにおいて、足で存在感を示しているのが周東佑京外野手だ。昨季は代走や守備固めでの起用が主だったが、チーム断トツの25盗塁を決めた。打率.196に終わった打撃が大きな課題だが、練習試合6試合で打率.364とアピールしており、このまま好調を保てれば自身初の開幕一軍入りも見えてくる。

東北楽天ゴールデンイーグルス

辰己涼介外野手

2020-06-16-npb-Eagles-TATSUMI

2年目の辰己涼介外野手がセンターのレギュラー獲りへアピールしている。昨年のシーズン前には新人王の有力候補に推されていたが、終わってみれば打率.229と悔しい1年に。現在、ケガで出遅れていた田中和基外野手を一歩リードしており、練習試合5試合で打率.400の打撃加え、3四球を選ぶ選球眼や走塁での貢献にも注目したい。

千葉ロッテマリーンズ

佐藤都志也捕手

2020-06-16-npb-Marines-SATO

正捕手の田村龍弘が腰痛で離脱する中、ドラフト2位ルーキーの佐藤都志也捕手が注目を集めている。「打てるキャッチャーを目指す」と語る22歳は、5日~6日の楽天戦で計3本塁打を記録。井口資仁監督もその打撃に太鼓判を押しており、現バッテリーコーチの清水将海(1997年)以来となる、新人の開幕マスクが現実味を帯びてきた。

北海道日本ハムファイターズ

吉田輝星投手

2020-06-16-npb-Fighters-YOSHIDA

今年最も注目を集めているルーキーはロッテの佐々木朗希投手だが、昨年の主役は吉田輝星投手だった。1年目は1軍で4先発して1勝3敗・防御率12.27に終わったが、春季キャンプでは「1年を戦い抜く身体を作る」とリベンジへ鼻息は荒い。3日のロッテ戦では1回2失点と打たれたが、「次は笑えるように」と語るなど次回登板に期待だ。

オリックス・バファローズ

山岡泰輔投手

2020-05-02-npb-orix-YAMAOKA

5日の広島戦で山岡泰輔投手が披露した7回無失点のピッチングを見て、西村徳文監督は「(開幕投手は)誰が見ても分かるでしょう」と名言。24歳の右腕にとって、2年連続の大役となった。球界屈指のスライダーの使い手が、仕上げの段階でどんなピッチングを見せるか注目したい。

関連記事

最新ニュース