DAZN News

千葉ロッテマリーンズ荻野貴司が通算1000安打達成「通過点だとは思いますが素直に嬉しいです」 | プロ野球

読了時間 2分
2022-08-10-npb-Marines-Ogino 時事通信


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

8月10日にZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテマリーンズ対福岡ソフトバンクホークスの試合で、荻野貴司(ロッテ)が通算1000安打を達成した。

前日の試合までに節目の記録まであと1本としていた荻野は、「1番・左翼」でスタメン出場。第1打席では遊邪飛に打ち取られたが、3回二死二塁の第2打席ではソフトバンクの先発・東浜巨が1ボールから投じた2球目をとらえると、打球は左翼線を破る適時二塁打に。これが通算1000安打のメモリアルとなった。

「打ったのはカットボールかスライダーですかね。チャンスだったのでとにかくランナーを還そうと思って打ちました。達成できたことは通過点だとは思いますが素直に嬉しいです。これからもまた1本1本打っていきたいです。それがチームの勝利に繋がる1本になればいいと思います」と荻野。

荻野は第3打席でも左前打、第4打席では左翼への3号ソロを放ち、通算1002安打まで記録を伸ばしている。

荻野は奈良の郡山高から関西学院大、トヨタ自動車を経て、2009年ドラフト1位でロッテに入団。ケガに苦しむことが多かったが、2021年には自身初の全試合出場を達成し、最多安打、盗塁王に輝いた。

通算では979試合に出場して1002安打、打率.285、45本塁打、276打点、253盗塁という成績を残している。初安打は2010年3月20日の埼玉西武ライオンズ戦で涌井秀章から。

関連記事

【動画】千葉ロッテマリーンズ・荻野貴司が通算250盗塁達成 球団NPB史上48人目

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

【番組表】直近の注目コンテンツは?
【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース