DAZN News

福岡ソフトバンクホークス明石健志が現役引退 野手では最後のダイエー戦士 | プロ野球

読了時間 2分
2022-09-23-npb-Hawks-Akashi 球団提供


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

9月22日、福岡ソフトバンクホークスの明石健志が、今シーズン限りでの現役引退を発表した。

36歳の明石は山梨学院大付高から2003年ドラフト4巡目で福岡ダイエーホークス(現ソフトバンク)に入団。1年目から1軍で出場し、2012年にはキャリア最多の135試合に出場し、規定打席にも到達した。

規定打席に到達したのはこの一度だけだったが、内外野を守れるユーティリティとしてチームに貢献し続けてきた。しかし19年目の今シーズンは21試合で打率.138、3打点と低迷していた。

通算では1007試合に出場して打率.252、647安打、17本塁打、213打点、93盗塁という成績を残している。野手としては前身のダイエーでプレーした最後の選手だった。投手では和田毅が現役を続けている。

24日にPayPayドームで行われる千葉ロッテマリーンズ戦の試合後、引退セレモニーが行われる予定。

関連記事

●   【インタビュー】衝撃的だった佐々木朗希と松川虎生の完全試合。専門家が明かす高卒ルーキー捕手の凄さ

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

【番組表】直近の注目コンテンツは?
【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース