DAZN News

【動画】「敵ながら見事過ぎる!」今永昇太が大一番でエースの投球 チームは敗れるも7回3安打無失点11奪三振の快投 | プロ野球

読了時間 2分
2022-09-12-npb-baystars-imanaga 時事通信


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

9月25日に神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズの試合で、今永昇太が好投を見せた。

中5日での登板となった今永は序盤、走者を背負いながらもあと一本は許さず、無失点投球を続ける。6回二死の場面ではヤクルトの4番・村上宗隆をストレートで空振り三振に打ち取る気迫の投球を披露。

DAZN公式Twitterはこれに「大一番でエースのピッチング 今永昇太が上位打線を三者凡退で6回無失点 村上宗隆から今日10個目の三振」とコメントをつけて映像を公開。

ファンからは「真っ向勝負カッコエエ!」「この直球が本当によかった、強気すぎる」「敵ながら見事過ぎる!」「今日の今永やばすぎる」と称賛の声が寄せられた。

7回もマウンドに上がった今永は、連打と四球で二死満塁のピンチを招く。しかし最後は山崎晃大朗を一ゴロに抑えて無失点で切り抜けた。

試合はヤクルトのサヨナラ勝ちで、DeNAの2位が確定。惜しくもチームの勝利には結びつかなかったものの、7回123球を投げて3安打無失点11奪三振。エースと呼ぶに相応しい熱投を見せてくれた。

関連記事

【インタビュー】圧倒的な投高打低のシーズン。専門家が語る投手有利となった現代野球3つの要因

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

【番組表】直近の注目コンテンツは?
【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース