DAZN News

【中日ドラゴンズ】大野雄大、柳裕也の左右のエースに若手大砲候補が鍵を握る | 注目選手・予想ローテーション・予想オーダー | 2022プロ野球選手名鑑

読了時間 9分
dragons2021_ohno 時事通信


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

各球団から投打のキーマンをピックアップしつつ、予想ローテーション・予想オーダー、そしてオフシーズンの補強・移籍などを網羅した2022年のプロ野球選手名鑑。本記事では、昨シーズン5位の中日ドラゴンズを紹介する。

昨シーズンはリーグトップのチーム防御率3.22を記録した一方で、チーム打率.237は同ワーストと貧打に喘いだ。405得点は同5位の阪神と100点以上も離れるなど、深刻な得点力不足に陥っていた中日。それを解消すべく、ドラフトでは3人の大卒スラッガーを獲得し、打力強化に乗り出している。

今シーズンからは立浪和義監督が就任。オープン戦では新世代のスターを発掘すべく、若手選手を積極的に起用している。「All for Victory」のスローガンの下、勝利と育成の両方を目指していく。
 

注目選手

投手:小笠原慎之介(背番号11|左投左打|7年目)

2021-09-12-npb-Dragons-Ogasawara

巻き返しを図る中日には、大野雄大、柳裕也の左右のエースがいるが、そこに続く存在となるのが7年目を迎える小笠原慎之介だ。東海大相模高時代には3年夏の甲子園で優勝。その後のドラフトで1位指名を受けプロ入りを果たした。

プロでは1年目から勝利を挙げるなど将来を嘱望されたが、左肘の故障などもありなかなか一軍に定着できず、2020年シーズンはわずか4試合で1勝に止まった。しかし昨シーズンはいずれも自身最多の25試合、143.1回を投げて8勝をマークするなど、年間を通じて一軍の先発ローテーションを守った。今シーズンは2年連続の規定投球回到達、自身初の二桁勝利を挙げ、エース格へと飛躍を遂げる1年にしたい。

生年月日 1997年10月8日 身長/体重 180cm/95kg
登板 25 勝利 8
敗北 10 投球回 143.1
自責点 58 防御率 3.64

野手:石川昂弥(背番号2|右投右打|3年目)

2020-02-12-npb-Dragons-Ishikawa

小笠原が夏の甲子園の優勝投手なら、石川昂弥は春の選抜の優勝投手でもある。東邦高3年春には投打に渡る活躍で、チームを平成最後の選抜優勝へと導いた。

プロでは野手に専念し、1年目は開幕からファームで出場。7月には一軍初昇格、初安打もマークするなど順調な滑り出しを見せた。しかし昨シーズンは死球による骨折などもあり、一軍出場なし。迎えた3年目の今シーズンはオープン戦全13試合に出場。打率.205と苦しんでいるが、特大本塁打を放つなど、長打力の片鱗を見せている。

長打力強化が至上命題の中日にあって、石川はその筆頭候補とも言える存在だ。ルーキーの鵜飼航丞もオープン戦でスタメン起用されており、チームの本気度がうかがえる。今シーズン、石川が大砲として開花することができれば、2011年以来の優勝もグッと近づく。
※成績は3月16日終了時点

生年月日 2001年6月22日 身長/体重 186cm/104kg
試合 - 安打 -
本塁打 - 打点 -
四球/死球 - 打率 -

2022年予想ローテーション

開幕投手に指名されているエース・大野雄大に、昨シーズンの最優秀防御率、最多奪三振の柳裕也は、今シーズンも左右の両輪としての活躍が期待される。そこに昨シーズン8勝をマークした小笠原が加わり、3本柱を形成できるか。

さらに昨シーズン未勝利ながらオープン戦で好投を見せている岡野祐一郎、昨シーズン6勝を挙げた松葉貴大らが開幕ローテーションに入ってくるだろう。残りの枠を先発転向の岡田俊哉、笠原祥太郎、昨シーズンの開幕投手・福谷浩司らが争う。

さらに、オープン戦ではまだ登板がない勝野昌慶、先発転向の鈴木博志、髙橋宏斗らがローテ入りを狙う。

No. 名前 昨年勝敗 昨年防御率
1 大野雄大 7勝11敗 2.95
2 柳裕也 11勝6敗 2.20
3 小笠原慎之介 8勝10敗 3.64
4 松葉貴大 6勝5敗 3.20
5 岡野祐一郎 0勝2敗 9.00
6 福谷浩司 5勝10敗 4.53

2022年予想オーダー

今シーズンはフレッシュな顔ぶれがスタメンに名を連ねることになりそうだ。1番の岡林勇希は、ここまで13試合で打率.313と存在感を発揮。開幕スタメンをほぼ手中にしている。中堅には攻守でチームの中心である大島洋平、左翼にはドラフト2位ルーキーの大砲候補・鵜飼航丞が入る。3人に加え、大ベテランの福留孝介や、4年目の根尾昂らも虎視眈々とポジションを狙う。

ビシエドは不動の4番。来日7年目を迎える今シーズンも、チームを牽引してくれることだろう。昨シーズンまで三塁がメインだった高橋周平を二塁に置き、その三塁には未来の主砲候補の石川昂弥が入る。二塁には阿部寿樹もおり、選手層が厚みを増している。遊撃のレギュラーは今シーズンも京田陽太が務める。

正捕手の木下拓哉はオープン戦で打撃好調だ。長打力のある木下が6番に入ることで、打線に厚みが増すだろう。

No. ポジション 名前 昨年打率
1 右翼 岡林勇希 .254
2 中堅 大島洋平 .292
3 左翼 鵜飼航丞 -
4 一塁 ビシエド .275
5 二塁 高橋周平 .259
6 捕手 木下拓哉 .270
7 三塁 石川昂弥 -
8 遊撃 京田陽太 .257
9 投手 大野雄大 .057

2022年補強・移籍

新入団選手

名前 ポジション 前所属 備考
ブライト健太 外野手 上武大学 ドラフト1位
鵜飼航丞 外野手 駒澤大学 ドラフト2位
石森大誠 投手 火の国サラマンダーズ ドラフト3位
味谷大誠 捕手 花咲徳栄高校 ドラフト4位
星野真生 内野手 豊橋中央高校 ドラフト5位
福元悠真 外野手 大阪商業大学 ドラフト6位
岩嵜翔 投手 ソフトバンク 人的補償
※又吉克樹
大嶺祐太 投手 ロッテ 育成契約
フランク・アルバレス 投手 ベゲーロス・デ・ピナール・デル・リオ(キューバ) 育成契約
ギジェルモ・ガルシア 外野手 アラサネス・デ・グランマ(キューバ) 育成契約

移籍選手

名前 ポジション 移籍先 備考
又吉克樹 投手 ソフトバンク 国内FA
山井大介 投手 引退 2軍コーチ
ランディ・ロサリオ 投手   戦力外
三ツ間卓也 投手 引退 戦力外
垣越建伸 投手 支配下で再契約 自由契約
濱田達郎 投手 育成で再契約 自由契約
石川翔 投手 育成で再契約 自由契約
福島章太 投手 育成で再契約 自由契約
藤井淳志 外野手 引退  
遠藤一星 外野手 引退 戦力外
井領雅貴 外野手 引退 戦力外
武田健吾 外野手 三菱重工East 戦力外
マイク・ガーバー 外野手   自由契約
丸山泰資 育成投手 引退 戦力外→球団職員

2022所属選手一覧

投手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
11 小笠原慎之介 1997.10.08 180/95 左/左
12 田島慎二 1989.12.21 181/84 右/右
13 橋本侑樹 1998.01.08 180/71 左/左
14 谷元圭介 1985.01.28 167/72 右/右
16 岩嵜翔 1989.10.21 189/90 右/右
17 柳裕也 1994.04.22 180/85 右/右
18 梅津晃大 1996.10.24 187/90 右/右
19 髙橋宏斗 2002.08.09 185/85 右/右
21 岡田俊哉 1991.12.05 178/67 左/左
22 大野雄大 1988.09.26 183/83 左/左
24 福谷浩司 1991.01.09 183/90 右/右
25 佐藤優 1993.06.29 187/85 右/左
26 石森大誠 1997.12.03 178/83 左/左
28 森博人 1998.5.25 177/80 右/右
29 ジャリエル・ロドリゲス 1997.03.10 186/97 右/右
33 祖父江大輔 1987.08.11 175/80 右/左
34 福敬登 1992.06.16 180/88 左/左
36 岡野祐一郎 1994.04.16 180/85 右/右
38 松葉貴大 1990.08.14 178/82 左/左
41 勝野昌慶 1997.06.12 183/89 右/右
46 鈴木博志 1997.03.22 181/95 右/右
47 笠原祥太郎 1995.03.17 177/85 左/左
50 清水達也 1999.11.03 182/83 右/右
53 石田健人マルク 1995.07.18 184/83 右/右
54 藤嶋健人 1998.05.08 177/85 右/右
59 山本拓実 2000.01.31 167/71 右/右
61 垣越建伸 2000.04.03 185/100 左/左
65 加藤翼 2002.12.14 179/80 右/右
70 近藤廉 1998.09.22 180/87 左/左
92 ライデル・マルティネス 1996.10.11 193/93 右/左

捕手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
27 大野奨太 1987.01.13 177/78 右/右
35 木下拓哉 1991.12.18 183/92 右/右
39 山下斐紹 1992.11.16 179/95 右/左
43 味谷大誠 2003.06.14 180/84 右/左
44 郡司裕也 1997.12.27 180/86 右/右
57 アリエル・マルティネス 1996.05.28 190/95 右/右
58 石橋康太 2000.12.07 180/87 右/右
68 桂依央利 1991.07.09 185/90 右/右

内野手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
00 石岡諒太 1992.05.25 188/92 左/左
0 髙松渡 1999.07.02 176/65 右/左
1 京田陽太 1994.04.20 184/88 右/左
2 石川昂弥 2001.06.22 185/93 右/右
3 高橋周平 1994.01.18 180/85 右/左
5 阿部寿樹 1989.12.03 185/80 右/右
7 根尾昂 2000.04.19 177/80 右/左
32 石垣雅海 1998.09.21 181/85 右/右
37 三ツ俣大樹 1992.05.11 177/84 右/右
45 土田龍空 2002.12.30 179/77 右/左
48 溝脇隼人 1994.05.17 179/75 右/左
55 福田永将 1988.07.23 181/88 右/右
56 星野真生 2003.12.01 176/77 右/右
63 堂上直倫 1988.09.23 184/86 右/右
66 ダヤン・ビシエド 1989.03.10 185/108 右/右

外野手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
4 鵜飼航丞 1999.05.30 182/100 右/右
6 平田良介 1988.03.23 177/87 右/右
8 大島洋平 1985.11.09 176/75 左/左
9 福留孝介 1977.04.26 182/90 右/左
23 福元悠真 1999.12.01 180/90 右/右
30 三好大倫 1997.09.28 179/82 左/左
31 渡辺勝 1993.10.14 172/80 右/左
42 ブライト健太 1999.05.07 184/88 右/右
49 伊藤康祐 2000.02.03 174/75 右/右
51 滝野要 1996.07.08 185/76 右/左
52 加藤翔平 1991.03.28 183/90 右/左右
60 岡林勇希 2002.02.22 175/74 右/左

育成投手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
201 竹内龍臣 2001.12.11 178/77 右/右
202 フランク・アルバレス 1999.1.16 192/92 右/右
203 上田洸太朗 2002.09.06 184/95 左/左
204 濱田達郎 1994.08.04 185/93 左/左
206 松木平優太 2003.02.24 178/70 右/右
207 松田亘哲 1997.05.16 176/80 左/左
208 石川翔 1999.12.14 179/81 右/左
209 福島章太 2002.10.24 177/91 左/左
211 大嶺祐太 1988.06.16 184/83 右/左

育成内野手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
210 ルーク・ワカマツ 1996.10.10 190/93 右/左右

育成外野手

No. 名前 生年月日 身長/体重 投/打
205 ギジェルモ・ガルシア 2000.07.01 182/106 右/左

プロ野球 関連ページ

2022シーズン

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース