DAZN News

横浜DeNAベイスターズが平良拳太郎と宮城滝太の両投手を支配下登録へ | プロ野球

読了時間 3分
2020-10-29-npb-Baystars-Taira 時事通信


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

7月30日、横浜DeNAベイスターズは育成契約の平良拳太郎と宮城滝太の両投手を支配下登録することを発表した。

平良は2013年ドラフト5位で指名を受け北山高から読売ジャイアンツへと入団した右腕。2016年オフに人的補償選手としてDeNAに移籍した。2017年にプロ初勝利をマークすると2018年、2019年と2年連続で5勝を挙げた。しかし昨年6月に右肘のトミー・ジョン手術を受けたことで今シーズンからは育成契約としてプレーしていた。

球団HPを通じて平良は、「手術してからリハビリ期間が1年以上ありましたが、支配下復帰を目標にリハビリしてきたので嬉しさとともに、これからが本当の勝負だなという気持ちです」と現在の心境を語った。

また、「ファンの皆さんがリハビリ期間中も応援して頂いたことですごく勇気づけられ感謝の気持ちでいっぱいです。結果で恩返ししたいと思います」とファンへの恩返しを誓っている。

宮城は2018年育成ドラフト1位で指名を受け、滋賀学園高からDeNAへと入団した右腕。4年目で初の支配下登録となった。

球団HPを通じて宮城は、「すごくホッとした気持ちと、やっとスタートラインに立てた嬉しさがあります」と喜びを表現。続けて、「一軍の舞台で自分の力がどのくらい通用するのか試したい気持ちと、チームの顔になれるよう頑張っていきたいです」と意気込みを語った。

関連記事

● 【動画】横浜DeNAベイスターズ細川成也がロマンある一発 「エグすぎるw」「これは期待してしまう」の声多数  

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

【番組表】直近の注目コンテンツは?
【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース