DAZN News

【動画】これは見といたほうがいい ヤクルト赤羽(あかはね)のスーパーキャッチを虎党も絶賛 | プロ野球

読了時間 2分
2022-07-23-npb-Swallows-Akahane 時事通信


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

9月28日に神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガースの試合。ヤクルトが0-1と1点ビハインドの2回、2死二、三塁の場面で中野拓夢(阪神)が左中間に大きなあたりを放った。このあたりを中堅の赤羽由紘(あかはね・よしひろ)がダイビングキャッチ。見事にピンチを防いだ。

この場面をDAZNが「落下点まで一直線 まず守備で大きくアピールした赤羽由紘」のコメントを添えて公式ツイッターに投稿すると大きな反響を呼んだ。

中堅が本職ではないこともあり、「本職サードだよ」「※打力が売りの内野手です」「なんてったって内野手登録だぞユーティリティ過ぎるだろ」と守備位置に関する補足が多く飛び交った。

また「これは見といたほうがいい」「ヤンスワ好きはもう推しになるしかないやん」などの声もあった。

阪神ファンからも、「これはさすがに赤羽を誉めるしかないわ 2点損した」「これは素直に拍手やね」と称賛の声が飛んでいる。

赤羽は今シーズン途中に支配下登録された育成出身の内野手。今年のフレッシュオールスターゲームではサヨナラ本塁打を放ちその名を轟かせた”ヤンスワ”の1人で、この試合がプロ初スタメンでもあった。

すでに優勝を決めたこともあり、主力選手はクライマックスシリーズへ向けて調整に入りつつある。裏返せば若手にとっては大きなチャンス。この日は赤羽がまずは守備でアピールした。

関連記事

●【動画】その速さに神宮がざわついた──ヤクルト内山壮真の芸術的でエグい一塁牽制

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

【番組表】直近の注目コンテンツは?
【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース