DAZN News

千葉ロッテマリーンズが森遼大朗と支配下契約、今季二軍で最多勝 | プロ野球

読了時間 2分
2020-07-10-Marines-ZOZO-Marine-Stadium GettyImages


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

12月9日、千葉ロッテマリーンズは森遼大朗と支配下選手契約を締結し、背番号が「62」に決まった。

森は2017年育成ドラフト2位で指名を受け都城商からロッテへと入団した右腕。これまでに一度も支配下登録されたことはなく、今回が初の支配下契約となった。4年目の今シーズンは二軍で20試合(18先発)に登板し10勝5敗、防御率3.20の成績を残し、最多勝に輝いた。

球団を通じて森は、「凄くホッとしたのと、凄く嬉しい気持ちです。思い返せば長かったんですが濃い4年間だったと思います。この4年間、高いレベルで自分を磨くことができたのではないかと思います」と4年間の思いを語った。

また、「育成選手はまず一軍の試合に出られないというところと、支配下登録の期限が7月というルールもあるので、毎年ですが7月以降のモチベーションを維持することとそこまでにどうアピールするかというのが自分の中では大変でした」と7月以降のモチベーションを維持することの大変さがあったという。

最後に、「ここまでたくさんの人と野球のことを話す時間があったので、いろんな話を聞けて自分のものにできた事もありました。そういったところは良かったです。背番号も新しくなり、一年目と同じ気持ちで一日一日頑張っていきたいと思います。そして一軍の舞台で一日でも長く戦うことが目標ですので、その中で良い数字を残していきたいです」と意気込みを語った。

関連記事

ゴールデングラブ賞が発表、広島東洋カープ・菊池涼介が9年連続9度目 | プロ野球

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース