エラーコード %{errorCode}

モータースポーツ

【注目ドライバー】名門に籍を置く俊英ランド・ノリス、6季目で悲願のF1初勝利に手は届くのか|マクラーレン|F1

DAZN NEWS
【注目ドライバー】名門に籍を置く俊英ランド・ノリス、6季目で悲願のF1初勝利に手は届くのか|マクラーレン|F1DAZN
【注目ドライバー】マクラーレンにおいて勝負強さ、明確な才能を見せているランド・ノリス。F1では6シーズン目となる2024年、表彰台の頂点に立てるのだろうか。

経歴

カートで評価を高めフォーミュラの世界へ

1999年生まれ、イギリス・ブリストル出身のランド・ノリスは、7歳からカートを始めると欧州のカテゴリーや国際大会などでタイトルを獲得。世界カート選手権(KFクラス)では、史上最年少でチャンピオンに輝くなど、10代前半から名を馳せた存在だった。

2015年のフォーミュラ参戦後も速さに磨きをかけ、翌年にはフォーミュラ・ルノー2.0、トヨタ・レーシング・シリーズなどでタイトルを獲得。2017年にはFIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権を制し、F2へとステップアップを果たした。そして迎えた2018年、F2でジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)に次ぐ年間2位の成績を残し、トントン拍子でF1まで上り詰めた。

マクラーレン初の10代F1ドライバーに

2020-07-05 Formula 1 F1 Austria Bottas Leclerc NorrisGetty Images

ヨーロッパF3に参戦していた2017年よりマクラーレンのジュニアドライバーとして活動していたノリスは、F2と並行してマクラーレンのテストドライバーも担当。2018年の第13戦ベルギーGPでフリー走行デビューを果たした。その走りが評価され、翌2019年にマクラーレンのレギュラードライバーとしてシートを獲得した。

1966年からF1に参戦する古豪マクラーレンにおいて、初めての10代のF1ドライバーとなったノリス。2019年、全21戦中11戦で入賞し、チームのコンストラクターズ4位獲得に大きく貢献した。デビュー2戦目ながらバーレーンGPでは自己最高位の6位入賞を果たし、シーズンを通して高い適応力、そしてルーキー離れした安定感を見せつけた。

F1では2シーズン目となる2020シーズンは、開幕戦のオーストリアGPで初の3位表彰台を経験し、同時にキャリア初のファステストラップもマーク。結果的に同シーズンの表彰台は開幕戦のみだったが、4位2回、5位2回と上位勢を脅かす走りを見せた。

2021年は優勝まであと一歩のレースも

2021-09-25 Norris McLaren F1 Formula 1Getty Images

2021年の相棒はダニエル・リカルドにスイッチとなり、マクラーレンのパワーユニットもルノーからメルセデスに変わることとなった。

メルセデスのエンジンに変わってもマクラーレンは十分なポテンシャルを示し、ノリスはそんな中でも開幕戦からイギリスGPまで10戦連続入賞を果たすなど、着実にポイントを手にする安定感を示した。

イタリアGPではタイトルを争うルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンが接触で両者リタイアとなったこともあり、その混乱に乗じてリカルドーノリスのマクラーレンワン・ツーが実現した。

そしてロシアGPではノリスがポールポジションを獲得。これはマクラーレンとして9年ぶりとなるポールスタートだった。ノリスは決勝でもあわやポール・トゥ・ウィンかと思われたが、終盤になって急に雨が降ってくると状況が一変。トップのノリスはピットからインターミディエイトに変えるよう指示を受けると、トラックポジションを失う状況から「入らない!」と断固拒否。すると2番手ハミルトンはインターミディエイトに履き替え、雨脚が強まる状況下、ドライタイヤでコントロールに苦しむノリスを難なく脱いていく。

結果としてノリスは遅れてピットに入りタイヤを履き替えるも、大きくポジションを落としての7位フィニッシュとなった。あと一方で優勝に手が届かなかったノリスだったが、2021年は3度表彰台に上がり、ポールポジションも獲得するなど、すでにトップ争いができるだけの力は示している。

2022年は3強6人以外で唯一表彰台に

2022-02-23 Norris McLaren F1 Formula 1Getty Images

2022年もノリスは第2戦サウジアラビアGPで7位となり同年初入賞を飾ると、第3戦オーストラリアGPは5位、第4戦エミリア・ロマーニャGPでは3位表彰台に上がるなど、好調な滑り出しを見せた。

だがこのシーズンは上位3チーム(レッドブル&フェラーリ&メルセデス)6人とそれ以外の戦力差が大きい力関係となり、前述3チーム6人以外で表彰台に上がったのは、結果的にノリスの第4戦のみとなった。

それでもノリスは22レース中17度の入賞を果たし、122ポイントで総合7位フィニッシュ。僚友リカルドが37ポイントで総合11位に終わったことを考えると、ノリスはマクラーレンのエース及びポイントゲッターとしてしっかり責務を果たしたと言えるだろう。

2023年はシーズン途中から急上昇

2023-12-05 Splint Brazil Sao Paulo Norris Verstappen F1 Formula 1Red Bull Content Pool

2023年はリカルドが去り、新たな同僚は2021年のF2王者、新人オスカー・ピアストリとなった。

同年のマクラーレンは序盤戦からポテンシャル不足が明確で、上位勢よりも下位チームと競うシーンが散見された。

ノリスも苦戦が続いていたが、イギリスGPで大幅アップグレードを導入するとポテンシャルは一気に向上。ここからマクラーレンはメルセデス、フェラーリと肩を並べるような第2勢力としてレッドブルを追う一角となった。

2023年、ノリスは7度の表彰台で205ポイントを稼ぎ、総合6位という成績だった。僚友ピアストリも新人離れした走りを見せ、スプリントレースではピアストリがカタールGPでトップチェッカーを受け、存在感を示した。

マクラーレンは若いドライバー2人ながら、その実力と将来性はどちらも高く評価されている状況と言える。ノリスにとっても名門マクラーレンを再びトップ争いに押し上げるため、正念場の2024年となりそうだ。

プロフィール

ランド・ノリス

2023-02-23 Norris McLaren F1 Formula 1Getty Images

1999年11月13日生まれ|イギリス国籍|マクラーレン(2019~)

通算成績(2024年開幕時点)

  • 出走/104回 
  • 優勝/0回 
  • PP/1回 
  • FL/6回
チーム名勝利数年間成績
2019年マクラーレン0勝11位
2020年マクラーレン0勝9位
2021年マクラーレン0勝6位
2022年マクラーレン0勝7位
2023年マクラーレン0勝6位

2023年の成績

  • 年間:205ポイント/6位
  • 優勝/0回
  • PP/0回
  • FL/1回
レース名決勝順位
第1戦バーレーンGP17位
第2戦サウジアラビアGP17位
第3戦オーストラリアGP6位
第4戦アゼルバイジャンGP9位
第5戦マイアミGP17位
第6戦エミリア・ロマーニャGP【中止】 
第7戦モナコGP9位
第8戦スペインGP17位
第9戦カナダGP13位
第10戦オーストリアGP4位
第11戦イギリスGP2位
第12戦ハンガリーGP2位
第13戦ベルギーGP7位
第14戦オランダGP7位
第15戦イタリアGP8位
第16戦シンガポールGP2位
第17戦日本GP2位
第18戦カタールGP3位
第19戦アメリカGP2位
第20戦メキシコGP5位
第21戦サンパウロGP2位
第22戦ラスベガスGPRet.
第23戦アブダビGP5位

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

チーム・ドライバー

日程・番組表

 レースフリー走行・予選決勝
第1戦バーレーンGP 2月29日(木) ~3月1日(金)3月2日(土)
第2戦サウジアラビアGP 3月7日(木) ~8日(金)3月9日(土)
第3戦オーストラリアGP 3月22日(金) ~ 3月23日(土)3月24日(日)
第4戦日本GP 4月5日(金) ~ 6日(土)4月7日(日)
第5戦中国GP4月19日(金) ~ 20日(土)4月21日(日)
第6戦マイアミGP 5月3日(金) ~ 4日(土)5月5日(日)
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5月17日(金) ~ 18日(土)5月19日(日)
第8戦モナコGP 5月24日(金) ~ 25日(土)5月26日(日)
第9戦カナダGP 6月7日(金) ~ 8日(土)6月9日(日)
第10戦スペインGP 6月21日(金) ~ 22日(土)6月23日(日)
第11戦オーストリアGP 6月28日(金) ~ 29日(土)6月30日(日)
第12戦イギリスGP 7月5日(金) ~ 6日(土)7月7日(日)
第13戦ハンガリーGP 7月19日(金) ~ 20日(土)7月21日(日)
第14戦ベルギーGP 7月26日(金) ~ 27日(土)7月28日(日)
第15戦オランダGP 8月23日(金) ~ 24日(土)8月25日(日)
第16戦イタリアGP 8月30日(金) ~ 31日(土)9月1日(日)
第17戦アゼルバイジャンGP 9月13日(金) ~ 14日(土)9月15日(日)
第18戦シンガポールGP 9月20日(金) ~ 21日(土)9月22日(日)
第19戦アメリカGP 10月18日(金) ~ 19日(土)10月20日(日)
第20戦メキシコGP 10月25日(金) ~ 26日(土)10月27日(日)
第21戦サンパウロGP 11月1日(金) ~ 2日(土)11月3日(日)
第22戦ラスベガスGP 11月21日(木) ~ 22日(金)11月23日(土)
第23戦カタールGP 11月29日(金) ~ 30日(土)12月1日(日)
第24戦アブダビGP 12月6日(金) ~ 7日(土)12月8日(日)