DAZN News

【2021】北米ラウンド2戦目は高地メキシコシティ決戦!第18戦メキシコGP|開催日程・放送予定

読了時間 6分
2021-10-27 Mexico Autodromo Hermanos Rodriguez Mexico City Circuit F1 Formula 1 Getty Images


▶▶▶1ヶ月お試し無料でDAZNを視聴する◀◀◀

2020シーズンのF1は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、7月上旬に開幕戦を迎え、12月中旬の第17戦アブダビGPで最終戦を迎えるという未曾有のシーズンとなった。

翌2021年のF1も3月にオーストラリアで開幕する予定だったが、昨今の感染症事情によりオーストラリアでの実施は11月へとスライドになり、7月に入ってオーストラリアGPは2021年の開催断念が発表された。そして8月18日には第17戦にセットされていた日本GPも開催中止が正式決定に。F1は当初予定していた全23戦ではなく、22戦に開催縮小となり、2021シーズンのカレンダーが調整された。

F1第18戦メキシコGP 概要

メルセデス有利と思われたアメリカGPを制し、わずかながらリードを広げたレッドブルのマックス・フェルスタッペン。王者ルイス・ハミルトンを抑え、このまま初戴冠に向けて突き進むのか。重要な一戦となるF1第18戦メキシコGPが今週末に開催される。

戦前の予想では、アメリカGPが行われるサーキット・オブ・ジ・アメリカズは過去の実績から、メルセデスが有利と見られていた。しかし、ふたを開けてみればフェルスタッペンが見事にそれを裏切ってみせた。

予選でフェルスタッペンはポールポジションを獲得すると、スタート直後の1コーナーでハミルトンに先行を許したものの、巧みな戦略でトップを奪い返し、見事優勝を果たした。これにより、アメリカGP前に6ポイントだったハミルトンとの差は12ポイントに広がった。

メルセデスにとってはこのポイント差よりも、得意としていたアメリカGPで敗れたという事実が何より痛手だろう。今シーズン残るはあと5戦。続くメキシコGPとブラジルGPはレッドブルが自信を持つサーキットであるため、メルセデスのタイトル獲得には暗雲が立ち込めている。

アメリカGPではセルジオ・ペレス(レッドブル)が2戦連続となる3位を獲得した一方、バルテリ・ボッタスが6位に終わったため、コンストラクターズランキングでもレッドブルが首位メルセデスを23ポイント差と射程圏にとらえている。

シーズン序盤はマシンのセットアップに苦しみながら、ここに来て調子を上げてきているペレスが満を持して迎えるのが、母国レースであるメキシコGP。レッドブルがタイトルを獲るためには、ペレスの活躍は欠かせない。何よりペレス自身、これまで7位以上の結果を出せていない母国GPで初めての表彰台、ひいては優勝を狙っているはずだ。レッドブルがタイトルに手が届くかどうか、ペレスが大きな鍵を握っている。

シーズン終盤戦に入りレッドブル、そしてラストイヤーを戦うホンダのタイトル獲得が現実味を帯びてきた。しかし、現在あるリードはたった一度のリタイアで消滅してしまうほどわずかなもの。また、続く2戦はレッドブル有利と見られるが、必ずしも過去の実績通りにレースが進まないことはアメリカGPが物語っている。レッドブルにとっては依然予断を許さない状況であり、メルセデスにとってはまだまだ挽回可能な僅差。どちらが勝つかで、その後の展開が大きく変わるメキシコGP。アメリカGPに続き、日本のファンにとっては過酷な早朝に行われるレースとなるが、目覚ましを4時にセットして運命の一戦を楽しもう。

メキシコGPの成り立ち

メキシコの英雄的なレーサーの名が付けられたエルマノス・ロドリゲス(ロドリゲス兄弟)サーキット。当時のメキシコ大統領の顧問を務めていたロドリゲス兄弟の父親が進言したことで、1959年に建設がスタートした。

メキシコGPが正式にF1カレンダーに組み込まれたのは1963年。その後1970年まで8回連続で開催され、なかでも1965年の最終戦となったメキシコGPは、ホンダにとってF1初優勝の舞台になった。リッチー・ギンサーが駆るアイボリーホワイトの葉巻型マシンが、先頭でチェッカーフラッグを駆け抜けた後、チーム監督の故 中村良夫氏が、『Veni Vidi Vici (来た、見た、勝った)』と言うジュリアス・シーザーの言葉を引用して、Honda本社に勝利の電報を伝えたエピソードも残っている。

1986年に再びメキシコGPが復活するも、1992年まで7年間開催したのち、再度カレンダーから消滅。2015年に三度復活を果たし、シーズン終盤のタイトル争いの舞台として、人気を集めている。2015年の復活には、国民的な人気を誇るセルジオ・ペレス(レッドブル)の存在が非常に大きく、コース改修を経て、開催が決定。毎年多くの観客がサーキットを訪れ、母国の英雄に熱烈な声援を送っている。

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により開催がキャンセル。今年、21回目のメキシコGPが2年ぶりに開催される。

レース開催日程・DAZN配信予定

第18戦 メキシコGP / エルマノス・ロドリゲス・サーキット

配信予定 配信内容 実況・解説

2021年11月6日(土)2:30

フリー走行
1回目
解説:小倉茂徳 田中健一
2021年11月6日(土)6:00 フリー走行
2回目

解説:小倉茂徳 田中健一

2021年11月7日(日)2:00 フリー走行
3回目
解説:田中健一 実況:笹川裕昭
2021年11月7日(日)5:00 予選
F1ゾーン:予選
解説:田中健一 実況:笹川裕昭
2021年11月8日(月)4:00(3:20配信開始) 決勝
F1ゾーン:決勝

解説:小倉茂徳 実況:中島秀之

サーキット(エルマノス・ロドリゲス・サーキット)

2021-10-27 Mexico Autodromo Hermanos Rodriguez Mexico City Circuit F1 Formula 1

標高2200mを超える高地に位置するこのサーキットは、他のサーキットよりも空気が薄く、マシンやドライバーの身体にも負担が多いことで知られている。

全長4.304kmとコース自体は比較的短く、そのため予選ではクリーンラップを取るのが難しく、決勝はモナコGPに次ぐ71周の周回数で行われる。

特徴的な1コーナーに向かうロングストレートは、現在のF1開催サーキットではロシアのソチ・オートドロームに次いで2番目に長く、ここでDRSを使うことが一番のオーバーテイクポイントになる。

その他にも、最終セクターには元々あった野球場のスタンドを活用したスタジアムセクションなど、特徴的なレイアウトが魅力で、多くの観客が詰めかけるため、例年は表彰台もそのエリアに設置される。

関連記事

●  直近のDAZN番組表(全体)
●  直近のDAZN番組表(F1)


▶▶▶1ヶ月お試し無料でDAZNを視聴する◀◀◀

チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月26日(金) ~27日(土) 3月28日(日)
第2戦 エミリア・ロマーニャGP 4月16日(金) ~17日(土) 4月18日(日)
第3戦 ポルトガルGP 4月30日(金) ~5月1日(土) 5月2日(日)
第4戦 スペインGP 5月7日(金) ~ 8日(土) 5月9日(日)
第5戦 モナコGP 5月20日(木) ~22日(土) 5月23日(日)
第6戦 アゼルバイジャンGP 6月4日(金) ~5日(土) 6月6日(日)
第7戦 フランスGP 6月18日(金) ~ 19日(土) 6月20日(日)
第8戦 シュタイアーマルクGP 6月25日(金) ~26日(土) 6月27日(日)
第9戦 オーストリアGP 7月2日(金) ~ 3日(土) 7月4日(日)
第10戦 イギリスGP 7月16日(金) ~ 17日(土) 7月18日(日)
第11戦 ハンガリーGP 7月30日(金) ~31日(土) 8月1日(日)
第12戦 ベルギーGP 8月27日(金) ~28日(土) 8月29日(日)
第13戦 オランダGP 9月3日(金) ~ 4日(土) 9月5日(日)
第14戦 イタリアGP 9月10日(金) ~ 11日(土) 9月12日(日)
第15戦 ロシアGP 9月24日(金) ~25日(土) 9月26日(日)
第16戦 トルコGP 10月8日(金) ~ 9日(土) 10月10日(日)
第17戦 アメリカGP 10月22日(金) ~ 23日(土) 10月24日(日)
第18戦 メキシコGP 11月5日(金) ~ 6日(土) 11月7日(日)
第19戦 サンパウロGP 11月12日(金) ~ 13日(土) 11月14日(日)
第20戦 カタールGP 11月19日(金) ~ 20日(土) 11月21日(日)
第21戦 サウジアラビアGP 12月3日(金) ~ 4日(土) 12月5日(日)
第22戦 アブダビGP 12月10日(金) ~ 11日(土) 12月12日(日)

F1の視聴方法

DAZNでは2021年もF1™に加えて、F2、F3の全レースが配信予定。さらにF1™各グランプリの予選、決勝時にはオリジナル番組『F1 ZONE』が配信される。メインフィード、オンボードカメラ、タイムフィード、ドライバートラッカーの4つのフィードを一つの画面で見ることができる画期的な番組だ。

毎週水曜日には、新コンテンツ「WEDNESDAY F1 TIME」が配信される。コース紹介や各コーナーの攻略法を交えたレースプレビュー、レース後に注目のF1ドライバー、角田裕毅選手がレースを振り返る。

また、各グランプリ後の金曜日には、未公開映像を交えながら、F1™中継の解説を務める小倉茂徳氏と田中健一氏が、ビハインド・ザ・シーンで各レースを振り返る『F1 LAB(ラボ)』が配信され、レース以外の日でもF1™に触れることができる。

DAZNの月額料金は1,925円 (税込)。加入後は1ヶ月の無料体験期間がある。登録方法は以下の通り:

  1. DAZN  にアクセスし、登録ページへ
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力すれば登録完了、1ヶ月無料体験がスタート
  3. DAZNアプリをテレビ、タブレット、スマホにダウンロードすれば視聴開始できる

関連記事

最新ニュース