エラーコード %{errorCode}

モータースポーツ

【注目チーム】名門復活の兆しも、悲願のタイトル奪還に手は届くのか…F1草創期から参戦を続けるイタリアの“跳ね馬”|フェラーリ|F1

DAZN NEWS
【注目チーム】名門復活の兆しも、悲願のタイトル奪還に手は届くのか…F1草創期から参戦を続けるイタリアの“跳ね馬”|フェラーリ|F1Getty Images
【F1注目チーム】F1がスタートした1950年より参戦を続けている唯一無二のワークスチーム、イタリアの名門フェラーリ。
▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

歴史

フェラーリの創業者エンツォ・フェラーリ氏によってアルファロメオのセミワークスチームとして立ち上がり、F1には1950年の初年度から参戦。現在に至るまで71年間参戦し続けている唯一無二のF1チームとなる。

1951年のイギリスGPではアルファロメオを破ってF1初勝利をマーク。1952年、1953年にはアルベルト・アスカリが2連覇を達成し、黎明期からワールドチャンピオンを輩出している。

1960年代に入るとフィル・ヒル、ジョン・サーティースなどがワールドチャンピオンに輝くも、クーパー、ロータスなどイギリス勢相手に苦戦する状況となった。また、この時期はヴォルフガング・フォン・トリップス(1961年イタリアGPで事故死)、ロレンツォ・バンディーニ(1967年モナコGPでクラッシュして炎に包まれ、3日後に他界)など有力ドライバーをレース中の事故で失うなど、フェラーリにとっては苦難の時代でもあった。

1970年代前半はやや低迷したものの、1975年にニキ・ラウダがドライバーズタイトルを獲得すると、この年からコンストラクターズ3連覇を達成。この後、フェラーリのエースドライバーとなったジル・ヴィルヌーブが1982年、ベルギーGP予選で事故死する悲劇に遭う。

1982年、1983年とコンストラクターズタイトルは獲得するも、この後フェラーリはミケーレ・アルボレート、ゲルハルト・ベルガー、ナイジェル・マンセル、アラン・プロストなどの有力ドライバーを要しながら年間タイトルに手の届かないシーズンが続いた。

シューマッハを迎えた後に復権

2021-03-22 2004 Michael Schumacher Todt Ferrari Formula 1 F1Getty Images

そして迎えた1996年、直近2シーズンにベネトン・フォードでドライバーズタイトルを連覇していたミハエル・シューマッハが加入し、ここからチームは低迷期から抜け出すことに成功。1999年は年間王者こそマクラーレンのミカ・ハッキネンとなったが、コンストラクターズタイトルを16年ぶりに獲得している。

2000年代に入るとフェラーリの強さが顕著となり、シューマッハ&ルーベンス・バリチェロ体制で2000年~2004年までシューマッハは5季連続ドライバーズチャンピオンに。2005年、2006年の2年はライバルのルノーにかなわず、シューマッハはこのシーズンをもって引退(後にメルセデスから2010年に復帰)した。

2007年にはシューマッハの後釜キミ・ライコネンがワールドチャンピオンとなり、ライコネン&フェリペ・マッサのコンビでフェラーリは2007年、2008年と2年連続でコンストラクターズタイトルを手にしている。

その後はフェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ベッテルなど元王者を迎え入れるも総合優勝から遠ざかっている。2015年から在籍したベッテルも契約更新に至らず、2020年限りでチームから去ると2020年の開幕戦前に確定した。この2020年シーズンは優勝争いからも遠ざかり、年間総合6位と低迷した。

2021年からはチャールズ・ルクレール、カルロス・サインツのラインナップとなり、同年はメルセデス、レッドブルに次ぐ総合3位までポジションを戻した。2022年も同ラインナップで2季目に入ることが決定している。

2021年は未勝利も、復活の兆しを見せる

2021-05-22 Sainz Ferrari F1 Formula 1Getty Images

前年はコンストラクターズ総合6位と沈んだ名門フェラーリだったが、2021年はルクレール、サインツともに2強に次ぐ速さを示し、序盤戦からポイントを稼いでいく。

ルクレールはモナコGP、アゼルバイジャンGPで2戦連続ポールポジションを獲得するなど、一発の速さという点で存在感を示した。一方で新加入のサインツもフェラーリで初年度から順応性の早さ、安定して上位フィニッシュする堅実さを見せ、モナコGPでは2位表彰台に上がった。

チーム2人そろって安定してポイントを手にし、最終第22戦アブダビGPではサインツが3位表彰台。ルクレールが10位入賞という結果となった。これでドライバーズランキングでサインツが7位から5位に浮上。ルクレールは5位から7位に転落してシーズンを終える結果となった。

なお、2021年の表彰台(3位以上)に上がった回数はサインツが4回、ルクレールが1回のみという結果になっている。

2022年はタイトル争いに参加

2022-09-10 Leclerc Ferrari F1 Formula 1Getty Images

車両規定の変わった2022年、フェラーリは前年の早々から次シーズンに向けた開発を重ねたこともあり、開幕戦バーレーンGPでは1-2フィニッシュを果たす最高の滑り出しを見せた。

第3戦までに2勝を飾ったルクレールにとっても、ワールドチャンピオン奪取を予感させる流れとなったが、そこから盛り返したレッドブルがシーズンを通じて安定した強さを披露したこともあり、フェラーリはタイトルレースで遅れを取った。そして第17戦日本GPではフェルスタッペンの連覇が確定している。

結果としてレッドブルに差をつけられたものの、フェラーリは2022年において22レース中12戦でポールポジションを獲得するなど、一発の速さはトップであることを示した。そしてルクレール3勝、サインツ1勝と十分な勝利数ではなかったが、存在感を示した1年になったことは確かだ。

2023年はレッドブル以外唯一の勝利も、総合3位

2023-09-17 Sainz Ferrari F1 Formula 1Getty Images

チーム代表のマッティア・ビノットが2022年限りで離脱し、2023年からはフレデリック・バスールが新代表に就任。

フェラーリは同年も打倒レッドブルを目指して戦うも、ライバルとのポテンシャルは前年以上に大きく差が開く結果となった。結局2023年は22戦中21レースをレッドブルが制し、唯一レッドブルにストップをかけたのはシンガポールGPのサインツ。僚友ルクレールは未勝利に終わる結果となった。

レッドブル以外で唯一勝利したフェラーリ。だがポイント争いでは年間未勝利のメルセデスに先行を許し、総合3位でシーズンを終えた。予選ではルクレールがPP5回、サインツがPP2回と相変わらず一発の速さを見せたものの、決勝では取りこぼしの多さが響いた形に。

2024年に入り、フェラーリは早くも2025年に向けた大きな立ち回りを見せる。まず、1月25日にルクレールが複数年契約の延長にサインしたと公表。するとその数日後、ルイス・ハミルトンが同年限りでメルセデスから離脱し、2025年からフェラーリに加わるという電撃移籍が発表された。

これでルクレール&ハミルトンのセットは少なくとも2025年、2026年の2シーズンは確定となる見通し。その一方でサインツはハミルトンに弾かれる形で、2024年限りでチームを離れるということも明らかになっている。

2024年は年間を通して安定した強さを示し、フェラーリの悲願であるタイトル奪還を実現できるのかが注目ポイントとなるが、すでに退団の決まっているサインツが、フェラーリ在籍年で存在感を示すことができるのかも見どころとなる。

ドライバー

チャールズ・ルクレール

2023-02-25 Leclerc Ferrari F1 Formula 1Getty Images

1997年10月16日生まれ|モナコ国籍|ザウバー(2018)、フェラーリ(2019~)

通算成績(2024年開幕時点)

  • 出走/125回 
  • 優勝/5回 
  • PP/23回 
  • FL/7回

2023年の成績

  • 年間:206ポイント/5位
  • 優勝/0回
  • PP/5回
  • FL/0回
レース名決勝順位
第1戦バーレーンGPRet.
第2戦サウジアラビアGP7位
第3戦オーストラリアGPRet.
第4戦アゼルバイジャンGP3位
第5戦マイアミGP7位
第6戦エミリア・ロマーニャGP【中止】 
第7戦モナコGP6位
第8戦スペインGP11位
第9戦カナダGP4位
第10戦オーストリアGP2位
第11戦イギリスGP9位
第12戦ハンガリーGP7位
第13戦ベルギーGP3位
第14戦オランダGPRet.
第15戦イタリアGP4位
第16戦シンガポールGP4位
第17戦日本GP4位
第18戦カタールGP5位
第19戦アメリカGPDSQ
第20戦メキシコGP3位
第21戦サンパウロGPDNS
第22戦ラスベガスGP2位
第23戦アブダビGP2位

カルロス・サインツ

2023-02-24 Sainz Ferrari F1 Formula 1Getty Images

1994年9月1日生まれ|スペイン国籍|トロ・ロッソ(2015~2017)、ルノー(2017~2018)、マクラーレン(2019~2020)、フェラーリ(2021~2024)

通算成績(2024年開幕時点)

  • 出走/185回 
  • 優勝/2回 
  • PP/5回 
  • FL/3回

2023年の成績

  • 年間:200ポイント/7位
  • 優勝/1回
  • PP/2回
  • FL/0回
レース名決勝順位
第1戦バーレーンGP4位
第2戦サウジアラビアGP6位
第3戦オーストラリアGP12位
第4戦アゼルバイジャンGP5位
第5戦マイアミGP5位
第6戦エミリア・ロマーニャGP【中止】 
第7戦モナコGP8位
第8戦スペインGP5位
第9戦カナダGP5位
第10戦オーストリアGP6位
第11戦イギリスGP10位
第12戦ハンガリーGP8位
第13戦ベルギーGPRet.
第14戦オランダGP5位
第15戦イタリアGP3位
第16戦シンガポールGP優勝
第17戦日本GP6位
第18戦カタールGPDNS
第19戦アメリカGP3位
第20戦メキシコGP4位
第21戦サンパウロGP6位
第22戦ラスベガスGP6位
第23戦アブダビGP18位

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

チーム・ドライバー

日程・番組表

 レースフリー走行・予選決勝
第1戦バーレーンGP 2月29日(木) ~3月1日(金)3月2日(土)
第2戦サウジアラビアGP 3月7日(木) ~8日(金)3月9日(土)
第3戦オーストラリアGP 3月22日(金) ~ 3月23日(土)3月24日(日)
第4戦日本GP 4月5日(金) ~ 6日(土)4月7日(日)
第5戦中国GP 4月19日(金) ~ 20日(土)4月21日(日)
第6戦マイアミGP 5月3日(金) ~ 4日(土)5月5日(日)
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5月17日(金) ~ 18日(土)5月19日(日)
第8戦モナコGP 5月24日(金) ~ 25日(土)5月26日(日)
第9戦カナダGP 6月7日(金) ~ 8日(土)6月9日(日)
第10戦スペインGP 6月21日(金) ~ 22日(土)6月23日(日)
第11戦オーストリアGP 6月28日(金) ~ 29日(土)6月30日(日)
第12戦イギリスGP 7月5日(金) ~ 6日(土)7月7日(日)
第13戦ハンガリーGP 7月19日(金) ~ 20日(土)7月21日(日)
第14戦ベルギーGP 7月26日(金) ~ 27日(土)7月28日(日)
第15戦オランダGP 8月23日(金) ~ 24日(土)8月25日(日)
第16戦イタリアGP 8月30日(金) ~ 31日(土)9月1日(日)
第17戦アゼルバイジャンGP 9月13日(金) ~ 14日(土)9月15日(日)
第18戦シンガポールGP 9月20日(金) ~ 21日(土)9月22日(日)
第19戦アメリカGP 10月18日(金) ~ 19日(土)10月20日(日)
第20戦メキシコGP 10月25日(金) ~ 26日(土)10月27日(日)
第21戦サンパウロGP 11月1日(金) ~ 2日(土)11月3日(日)
第22戦ラスベガスGP 11月21日(木) ~ 22日(金)11月23日(土)
第23戦カタールGP 11月29日(金) ~ 30日(土)12月1日(日)
第24戦アブダビGP 12月6日(金) ~ 7日(土)12月8日(日)