DAZN News

【2021】F1第14戦イタリアGP 最高速は時速350km越え!屈指の高速コース、モンツァ|開催日程・放送予定

読了時間 7分
2020-09-12 F1 Formula 1 Leclerc Ferrari Getty Images

2020シーズンのF1は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、7月上旬に開幕戦を迎え、12月中旬の第17戦アブダビGPで最終戦を迎えるという未曾有のシーズンとなった。

翌2021年のF1も3月にオーストラリアで開幕する予定だったが、昨今の感染症事情によりオーストラリアでの実施は11月へとスライドになり、7月に入ってオーストラリアGPは2021年の開催断念が発表された。そして8月18日には第17戦にセットされていた日本GPも開催中止が正式決定に。F1は当初予定していた全23戦ではなく、22戦に縮小して2021シーズンのカレンダーを調整している。

F1第14戦イタリアGP 概要

2020-08-06 Formula 1 F1 Italia Monza

マックス・フェルスタッペンの母国グランプリ完勝という形で幕を閉じたオランダGP。今週末には高速のモンツァでヨーロッパ3週連続開催の大トリ、F1第14戦イタリアGPが行われる。

36年ぶりに開催された前戦のオランダGPでは、ポールポジションからスタートしたフェルスタッペンが勝利を手にした。メルセデス勢2台が異なる戦略で総力戦を挑むも、これを跳ねのけて初めての母国グランプリでポール・トゥ・ウィンを達成。この勝利によってフェルスタッペンは3ポイントのリードながら、ルイス・ハミルトンからドライバーズランキング首位の座を奪還することに成功した。

一方、コンストラクターズランキングではメルセデスの2台が手堅く2・3位に入ったため、ここでの順位変動は起こらず、依然としてメルセデスがトップに君臨する。しかし、この差もわずか12ポイントと十分に挽回できる範囲だろう。

俄然面白みを増してきたタイトルレースの次の舞台は、高速で知られるモンツァ・サーキットだ。4本のストレートをコーナーでつなぐレイアウトでは、トップスピードをかせぐためダウンフォースを抑えたモンツァ仕様のセッティングが持ち込まれる。F1屈指の高速サーキットで繰り広げられるバトルは必見だ。

また、モンツァはフェラーリのお膝元のサーキットでもある。オランダGPではチャールズ・ルクレールが5位、カルロス・サインツJr.が7位と健闘しただけに、フェラーリの熱狂的なファン、“ティフォシ”の応援にも力が入るだろう。

そして、ここモンツァで連覇を狙うのはアルファタウリのピエール・ガスリーだ。昨季のイタリアGPでガスリーは波乱のレースを制し、自身初の優勝を飾った。前戦でもレッドブル、メルセデスに次ぐ4位と結果を残しており、思い出の地で再び主役に躍り出るか注目したい。

さらに今年のイタリアGPでは、第10戦イギリスGPに続いてスプリント予選が実施される。イギリスGPではフェルスタッペンがスプリント予選を制したものの、その後のレースでハミルトンとフェルスタッペンが接触し、そこから風向きが変わった。同じフォーマットが採用されるイタリアGPでは、どんな展開が待ち受けているのだろうか。

今週は注目のレースを前に、各チームの来季に向けた動きが活発化した。近年のメルセデスの栄光を支えたバルテリ・ボッタスがチームを去り、新たにジョージ・ラッセル(現ウィリアムズ)を迎えることを明らかにした。また、アルファタウリでも来季のラインナップが発表され、角田裕毅の続投が決まっている。すでに来シーズンに向けた動きも見られるF1だが、今季の戦いはまだ終わっていない。今は未来のことは考えず、モンツァでのレースを楽しもう。フェルスタッペンの3連勝か、再びハミルトンが立ちはだかるのか。あるいはニューヒーローが誕生するのか。ヨーロッパ3連戦を締めくくるイタリアGPから目が離せない。

 

レース開催日程・DAZN配信予定

第14戦:イタリアGP

配信予定 配信内容 実況・解説
9月10日(金)
21:30
フリー走行
1回目
解:柴田久仁夫
実:笹川裕昭
9月11日(土)
1:00
予選
F1ゾーン:予選
解:中野信治
実:笹川裕昭
9月11日(土)
19:00
フリー走行
2回目
解:小倉茂徳
解:田中健一
9月11日(土)
23:30
スプリント予選
F1ゾーン:スプリント予選
解:小倉茂徳
実:中島秀之
9月12日(日)
22:00
決勝
F1ゾーン:決勝
解:中野信治
実:中島秀之

サーキット(モンツァ・サーキット)

2020-07-27 Italia Formula 1 F1 Course

正式名称はアウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァといい、4本のロングストレートを繋いだレイアウトのモンツァ・サーキット。これまでに複数回のレイアウト変更を行いながら、イタリアGPの舞台として、1950年から使用されている。

一番の見どころは、「パラボリカ」と呼ばれる最終コーナーから1コーナーまでのロングストレート。F1グランプリの中で最も速度が出るストレートで、2005年の予選ではファン・パブロ・モントーヤが時速372.6kmを記録した。

またタイトな1コーナーへの侵入が最大のオーバーテイクポイント。時速350kmから時速70km近くまで急減速してシケインに侵入するため、ドライバーはブレーキを遅らせる度胸と、タイヤをロックさせない繊細なブレーキングスキルが求められる。

1周の全開率が80%を超えるため、ダウンフォースを削って最高速を重視するマシンセッティングが主流であり、F1マシンのスピードが画面越しでも伝わってくる名物サーキットだ。

コースの成り立ち

イギリスのブルックランズ、アメリカのインディアナポリスに次ぐ、世界で3番目の専用レーストラックとして、1920年に開業。当時はロードコースとオーバルコースを組み合わせた全長10kmのコースだったが、安全性などを考慮して改修を繰り返し、現在のレイアウトに至った。また、使用されなくなったオーバルコースだが、今もサーキットに残されており、当時の雰囲気を残している。

2020年イタリアGP結果

2020-09-10 Formula 1 F1 Gasly ALPHATAURI

予選ではルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得。2番グリッドはバルテリ・ボッタスと、メルセデスがフロントローを占めた。

決勝レースはハミルトンが先行して進行するも、19周目ピットレーン入口近くにケビン・マグヌッセンがマシンをストップさせたことで戦局が大きく変わる。

ハミルトンはマグヌッセンのストップに伴いピットインからタイヤ交換をするも、ピットはクローズドの状態となっていた。その警告を見落としてピットに入ったハミルトンとアントニオ・ジョビナッツィには、10秒のストップ&ゴーペナルティが科されることに。

24周目からレース再開となるも、その周のパラボリカでシャルル・ルクレールがクラッシュ。レースはセーフティーカー導入から赤旗中断となった。

スタンディングスタートからのレース再開後、ハミルトンはペナルティ消化のためにトップ争いから脱落。ピエール・ガスリー、キミ・ライコネン、ジョビナッツィ、カルロス・サインツの順番で進む形に。ガスリーはアルファロメオの2台が2&3番手にいるうちにペースを上げる。

サインツは34周目ようやく2番手に浮上し、そこからトップのガスリーを猛追。終盤にはサインツがガスリーの後方につけるも、ガスリーがそのまま逃げ切ってトップチェッカーを受けた。ガスリーはこれがF1キャリア初優勝。また、ホンダが旧トロ・ロッソと組んでから50戦目という、節目でのメモリアルウィンでもあった。2位サインツ、3位ランス・ストロールと、表彰台はベテラン勢不在の顔ぶれとなった。

関連記事

チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月26日(金) ~27日(土) 3月28日(日)
第2戦 エミリア・ロマーニャGP 4月16日(金) ~17日(土) 4月18日(日)
第3戦 ポルトガルGP 4月30日(金) ~5月1日(土) 5月2日(日)
第4戦 スペインGP 5月7日(金) ~ 8日(土) 5月9日(日)
第5戦 モナコGP 5月20日(木) ~22日(土) 5月23日(日)
第6戦 アゼルバイジャンGP 6月4日(金) ~5日(土) 6月6日(日)
第7戦 フランスGP 6月18日(金) ~ 19日(土) 6月20日(日)
第8戦 シュタイアーマルクGP 6月25日(金) ~26日(土) 6月27日(日)
第9戦 オーストリアGP 7月2日(金) ~ 3日(土) 7月4日(日)
第10戦 イギリスGP 7月16日(金) ~ 17日(土) 7月18日(日)
第11戦 ハンガリーGP 7月30日(金) ~31日(土) 8月1日(日)
第12戦 ベルギーGP 8月27日(金) ~28日(土) 8月29日(日)
第13戦 オランダGP 9月3日(金) ~ 4日(土) 9月5日(日)
第14戦 イタリアGP 9月10日(金) ~ 11日(土) 9月12日(日)
第15戦 ロシアGP 9月24日(金) ~25日(土) 9月26日(日)
第16戦 トルコGP 10月8日(金) ~ 9日(土) 10月10日(日)
第17戦 アメリカGP 10月22日(金) ~ 23日(土) 10月24日(日)
第18戦 メキシコGP 11月5日(金) ~ 6日(土) 11月7日(日)
第19戦 サンパウロGP 11月12日(金) ~ 13日(土) 11月14日(日)
第20戦 未定 11月19日(金) ~ 20日(土) 11月21日(日)
第21戦 サウジアラビアGP 12月3日(金) ~ 4日(土) 12月5日(日)
第22戦 アブダビGP 12月10日(金) ~ 11日(土) 12月12日(日)

F1の視聴方法

DAZNでは2021年もF1™に加えて、F2、F3の全レースが配信予定。さらにF1™各グランプリの予選、決勝時にはオリジナル番組『F1 ZONE』が配信される。メインフィード、オンボードカメラ、タイムフィード、ドライバートラッカーの4つのフィードを一つの画面で見ることができる画期的な番組だ。

毎週水曜日には、新コンテンツ「WEDNESDAY F1 TIME」が配信される。コース紹介や各コーナーの攻略法を交えたレースプレビュー、レース後に注目のF1ドライバー、角田裕毅選手がレースを振り返る。

また、各グランプリ後の金曜日には、未公開映像を交えながら、F1™中継の解説を務める小倉茂徳氏と田中健一氏が、ビハインド・ザ・シーンで各レースを振り返る『F1 LAB(ラボ)』が配信され、レース以外の日でもF1™に触れることができる。

DAZNの月額料金は1,925円 (税込)。加入後は1ヶ月の無料体験期間がある。登録方法は以下の通り:

  1. DAZN  にアクセスし、登録ページへ
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力すれば登録完了、1ヶ月無料体験がスタート
  3. DAZNアプリをテレビ、タブレット、スマホにダウンロードすれば視聴開始できる

関連記事

最新ニュース