DAZN News

【2021】第20戦は初開催となるカタールGP…終盤の中東3連戦、第1ラウンド|開催日程・放送予定

読了時間 7分
2021-11-18 Qatar Losail International Circuit F1 Formula 1 Getty Images


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2021シーズンのF1は新型コロナウイルスの影響もあり、日本やシンガポール、カナダ、オーストラリアなどでの開催が断念する運びに。それでも全世界を転戦し、全22レースを消化した。

迎えた2022年もF1は世界じゅうを転戦する見通し。もちろん昨今の感染症事情によりスケジュールについては変動の可能性もあるが、現状では1シーズンあたり過去最多グランプリ数となる、全23戦で行われる予定となっている。

F1第20戦カタールGP 概要

両者がっぷり四つのレッドブル vs メルセデス、そしてマックス・フェルスタッペン vs ルイス・ハミルトンのタイトル争いはいよいよ最終章へ。中東三連戦の初戦を飾るのは、F1第20戦カタールGP。2022年にはサッカーワールドカップが行われるなど、俄然注目を集めているカタールでF1が開催されるのは、これが初めてのこと。F1未踏の地で、果たしてどんなドラマが生まれるのか。

フェルスタッペンとハミルトンの差が19ポイントに広がり、首位を走っていたメルセデスにレッドブルが1ポイント差に迫った状態で迎えた前戦のサンパウロGP。

予選ではハミルトンがトップタイムを記録するも、マシンの規定違反が見つかりスプリント予選を最後尾からスタート。そのスプリント予選では5位まで順位を上げたが、PU交換により5グリッド降格し、決勝は10位からのスタートとなった。一方のフェルスタッペンはバルテリ・ボッタスとともにフロントロウからのスタートとなり、流れは大きくフェルスタッペン、およびレッドブルに傾いたかと思われた。

しかし、週末を通して速さを見せていたハミルトンは猛烈な追い上げで先頭集団をとらえると、レース終盤にはフェルスタッペンをかわしてF1キャリア101勝目を挙げた。これによってフェルスタッペンとハミルトンの差は14ポイントに縮まった。F1のレースでは頂点に立った者に25ポイントが与えられ、2位は18ポイントを獲得できる。その差は7ポイントなので、仮に続く2戦をハミルトンが優勝し、フェルスタッペンが2位だった場合は、両者が完全に並んだ状態で最終戦を迎えることになる。

ファステストラップポイントもあるためもう少し事は複雑だが、14ポイントのリードは必ずしも安泰ではないということが言えるだろう。コンストラクターズランキングに目を向けると、メルセデスとレッドブルの差は再び11ポイントに広がってしまった。こちらも同様に挽回可能な差であるため、まだまだ目が離せない展開は続く。

レッドブルがリードを広げるかと思いきや、メルセデスが完勝劇を見せて再び差を詰めるなど、終盤に入っても熾烈なタイトル争いが繰り広げられている今シーズン。どちらが勝つのか、もはや展開を読むことは難しいが、次戦の舞台はF1初開催のカタールだ。砂漠の中に位置するロサイル・インターナショナル・サーキットはMoto GPなど二輪のレースは数多く行われているが、F1は初開催となるため未知な部分は多い。多くの中・高速コーナーがあり、メインストレートは1kmを超える。また日没前後にスタートするトワイライトレースになるため、通常とは違うコンディションや雰囲気での一戦となるだろう。

今季のF1も残すところあと3戦。ファステストラップポイントに象徴されるように、わずかなポイントが両者の運命を分かつ可能性は十分だ。1戦1戦の重みが増すシーズン終盤戦。しびれるような戦いを見届けよう。

カタールGPの成り立ち

F1初開催となるロサイル・インターナショナル・サーキットは、カタールの首都ドーハから約30km北に位置する、2004年に建設された比較的新しいサーキットだ。Moto GPなど2輪のレースではおなじみのサーキットだが、F1開催に必要な「グレード1」を保有しており、「カタールGP」初開催の地に選ばれた。

F1に近いカテゴリーでは、2008年から09年にかけて開催されたGP2アジアシリーズの第4ラウンドが行われており、現役F1ドライバーでは唯一、セルジオ・ペレス(レッドブル)が出走し、レース2で優勝を果たしている。またこのレースでは、現在メルセデスとアストンマーティンでリザーブドライバーを務めるニコ・ヒュルケンベルグがレース1で優勝しており、その年のシリーズチャンピオンに輝いた小林可夢偉や、衆議院議員に選出された山本左近など、日本人ドライバーも出走していた。

コースは照明設備を完備しており、2008年にはMoto GP史上初のナイトレースが開催された。今年のカタールGPでも、決勝は現地時間17時のスタートが予定されているため、トワイライトから夜空に移り変わるなか、照明に煌々と照らされるコースで、激しいバトルが繰り広げられることだろう。

レース開催日程・DAZN配信予定

第20戦 カタールGP / ロサイル・インターナショナル・サーキット

配信予定 配信内容 実況・解説

2021年11月19日(金)19:30

フリー走行1回目 解説:小倉茂徳 実況:サッシャ
2021年11月19日(金)23:00 フリー走行2回目

解説:柴田久仁夫 実況:笹川裕昭

2021年11月20日(土)20:00 フリー走行3回目 解説:小倉茂徳 田中健一
2021年11月20日(土)23:00 予選
F1ゾーン:予選
解説:中野信治 実況:笹川裕昭
2021年11月21日(日)23:00(22:20配信開始) 決勝
F1ゾーン:決勝

解説:中野信治 実況:サッシャ

サーキットの特徴(ロサイル・インターナショナル・サーキット)

2021-10-27 Qatar Losail International Circuit, Lusail Circuit F1 Formula 1

約1kmのメインストレートが特徴的なロサイル・インターナショナル・サーキット。右コーナーが10、左コーナーが6つで構成された時計回りのレイアウトで、決勝は1周5.38kmのコースを57周で行われる。

中高速コーナーが連続する区間は、マシンには高いコーナリング性能が求められる。また路面が粗くグリップレベルが高いことも相まって、ドライバーには激しい横Gが連続して襲いかかり、身体への負荷が大きいことが予想される。

このコース最大のオーバーテイクポイントは、DRS区間が設置されるメインストレートの先にある1コーナーだろう。サイドバイサイドのまま、4コーナーまでもつれるような接戦も見られるかもしれない。

初開催のサーキットのため、データが少ないなかでマシンのセットアップを準備する必要があり、チームの総合力も問われることだろう。

関連記事

●  直近のDAZN番組表(全体)
●  直近のDAZN番組表(F1)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?


チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月26日(金) ~27日(土) 3月28日(日)
第2戦 エミリア・ロマーニャGP 4月16日(金) ~17日(土) 4月18日(日)
第3戦 ポルトガルGP 4月30日(金) ~5月1日(土) 5月2日(日)
第4戦 スペインGP 5月7日(金) ~ 8日(土) 5月9日(日)
第5戦 モナコGP 5月20日(木) ~22日(土) 5月23日(日)
第6戦 アゼルバイジャンGP 6月4日(金) ~5日(土) 6月6日(日)
第7戦 フランスGP 6月18日(金) ~ 19日(土) 6月20日(日)
第8戦 シュタイアーマルクGP 6月25日(金) ~26日(土) 6月27日(日)
第9戦 オーストリアGP 7月2日(金) ~ 3日(土) 7月4日(日)
第10戦 イギリスGP 7月16日(金) ~ 17日(土) 7月18日(日)
第11戦 ハンガリーGP 7月30日(金) ~31日(土) 8月1日(日)
第12戦 ベルギーGP 8月27日(金) ~28日(土) 8月29日(日)
第13戦 オランダGP 9月3日(金) ~ 4日(土) 9月5日(日)
第14戦 イタリアGP 9月10日(金) ~ 11日(土) 9月12日(日)
第15戦 ロシアGP 9月24日(金) ~25日(土) 9月26日(日)
第16戦 トルコGP 10月8日(金) ~ 9日(土) 10月10日(日)
第17戦 アメリカGP 10月22日(金) ~ 23日(土) 10月24日(日)
第18戦 メキシコGP 11月5日(金) ~ 6日(土) 11月7日(日)
第19戦 サンパウロGP 11月12日(金) ~ 13日(土) 11月14日(日)
第20戦 カタールGP 11月19日(金) ~ 20日(土) 11月21日(日)
第21戦 サウジアラビアGP 12月3日(金) ~ 4日(土) 12月5日(日)
第22戦 アブダビGP 12月10日(金) ~ 11日(土) 12月12日(日)

最新ニュース